【朝日杯フューチュリティステークス2021】出走予定馬・結果・騎手/二歳マイル王に君臨するのは

朝日杯フューチュリティステークス2020 グレナディアガーズ

朝日杯フューチュリティステークスは2021年12月19日に阪神競馬場で行われる二歳マイル王者を決める一戦。朝日杯FSは2021年で第73回を迎え、昨年はグレナディアガーズが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

二歳マイル王に君臨するのは
スポンサーリンク

2021年・朝日杯フューチュリティステークスの結果は!?

朝日杯フューチュリティステークス2021 ドウデュース

2021年の朝日杯フューチュリティステークスを制したのは『ドウデュース(Do Deuce)』。直線外からライバルたちを差し切り無傷の3連勝で2歳マイル王の座を射止めた。鞍上の武豊騎手は22度目の挑戦で朝日杯フューチュリティステークス初制覇となった!

朝日杯フューチュリティステークス(G1)

1着:ドウデュース
2着:セリフォス(1/2馬身)
3着:ダノンスコーピオン(1/2馬身)
4着:アルナシーム(1-3/4馬身)
5着:ジオグリフ(ハナ)

勝ちタイム:1.33.5
優勝騎手:武 豊
馬場:良

2021年・朝日杯フューチュリティステークスの全着順、動画、コメントもチェック!
朝日杯フューチュリティステークス2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の朝日杯FSの着順は1着:ドウデュース、2着:セリフォス、3着:ダノンスコーピオンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年・朝日杯フューチュリティステークスの出走予定馬たち

スポンサーリンク
朝日杯フューチュリティステークスの枠順決定!(12月17日)

朝日杯フューチュリティステークス2021 枠順

2021年・朝日杯フューチュリティステークスの枠順が発表されました。

人気が予想されるところではセリフォスが3枠4番、ジオグリフは7枠13番、ダノンスコーピオンは4枠7番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

朝日杯フューチュリティステークスの前日最終オッズは?!(12月18日)

朝日杯フューチュリティステークス2021 前日最終オッズ

12月18日にJRAから発表された朝日杯フューチュリティステークスの前日最終オッズです。
1番人気はセリフォスで2.8倍、2番人気はジオグリフが3.4倍、3番人気にはドウデュースが7.2倍で続いています。
馬券に絡むのは人気馬か、穴馬か。
あなたの決断は?

朝日杯フューチュリティステークス2021・出走馬の調教後の馬体重(12月16日)

朝日杯フューチュリティステークス2021 調教後の馬体重

2021年12月16日にJRAより発表された朝日杯フューチュリティステークスに出走する馬の調教後に計測された馬体重一覧です。

輸送などでこの馬体重からさらに増減があることが予想されます。
当日の馬体重もしっかりチェックしてください。

2021年・朝日杯フューチュリティステークスの追い切り・コメントをチェック!
朝日杯フューチュリティステークス2021の追い切り・コメントの記事です。朝日杯FSの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
出走予定馬(12月5日)

2021年の朝日杯フューチュリティステークスの出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは18頭となっています。

賞金上位馬
  • ヴィアドロローサ(鮫島克駿)
  • オタルエバー(幸英明)
  • カジュフェイス(秋山真一郎)
  • ジオグリフ(C.ルメール
  • セリフォス(C.デムーロ)
  • ダノンスコーピオン(松山弘平)
  • デュガ(未定)
  • トウシンマカオ(戸崎圭太)
  • ドウデュース(武豊
  • ドーブネ(吉田隼人)
  • プルパレイ(M.デムーロ)
  • ベルウッドブラボー(丸山元気)
抽選対象馬(7頭中6頭が出走可能)
  • アネゴハダ(未定)
  • アルナシーム(池添謙一)
  • エーティーマクフィ(松田大作)
  • シンリミテス(未定)
  • スプリットザシー(未定)
  • セッカチケーン(未定)
  • トゥードジボン(藤岡佑介)
朝日杯フューチュリティステークスの注目馬をピックアップ!

2021年・朝日杯フューチュリティステークスの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

セリフォス(Serifos)

セリフォス・2歳牡馬
父:ダイワメジャー
母:シーフロント
母父:Le Havre
主な勝鞍:2021年・デイリー杯2歳ステークス
馬名の由来:エーゲ海にある島名。母名より連想

新馬、新潟2歳ステークス、デイリー杯2歳ステークスを制し無傷の3連勝。
鞍上には新コンビとなるC.デムーロ騎手を迎えることが発表された。
4連勝で世代の頂点へ。

ジオグリフ(Geoglyph)

ジオグリフ・2歳牡馬
父:ドレフォン
母:アロマティコ
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2021年・札幌2歳ステークス
馬名の由来:地上絵

2戦2勝で札幌2歳ステークスを制した。
距離短縮が吉と出るか。

ダノンスコーピオン(Danon Scorpion)

ダノンスコーピオン・2歳牡馬
父:ロードカナロア
母:レキシールー
母父:Sligo Bay
主な勝鞍:2021年・萩ステークス
馬名の由来:冠名+サソリ

新馬戦、萩ステークスともに上がり最速の脚を繰り出し連勝。
連勝記録はどこまで伸びる?

ドーブネ(Dobune)

ドーブネ・2歳牡馬
父:ディープインパクト
母:プレミアステップス
母父:Footstepsinthesand
主な勝鞍:2021年・ききょうステークス
馬名の由来:どぶね(古代の舟)より

超高額馬ドーブネがついにG1の舞台に登場する。
無敗の勢いで頂点へと駆け上がるか。

プルパレイ(Purpur Ray)

プルパレイ・2歳牡馬
父:イスラボニータ
母:マイジェン
母父:Fusaichi Pegasus
主な勝鞍:2021年・アスター賞
馬名の由来:紫の閃光(独)

未勝利、アスター賞を連勝。
マイペースに持ち込めれば。

ドウデュース(Do Deuce)

ドウデュース・2歳牡馬
父:ハーツクライ
母:ダストアンドダイヤモンズ
母父:Vindication
主な勝鞍:2021年・アイビーステークス
馬名の由来:する+テニス用語(勝利目前の意味)

新馬、アイビーステークスを連勝。
これまで1800m戦しか経験がないだけにマイル戦に対応できれば。

オタルエバー(Otaru Ever)

オタルエバー・2歳牡馬
父:リオンディーズ
母:ルージュクール
母父:Redoute’s Choice
主な勝鞍:2021年・秋明菊賞
馬名の由来:北海道の地名+いつまでも

秋明菊賞ではかかりながらの走りだったが力で押し切って見せた。
もう少しリラックスして走れるようになればいいのだが。

カジュフェイス(Kaju Faith)

カジュフェイス・2歳牡馬
父:エイシンヒカリ
母:タイキアプローズ
母父:Devil’s Bag
主な勝鞍:2021年・もみじステークス
馬名の由来:人名愛称+冠名

父を彷彿させる逃げで連勝。
秋山真一郎騎手とのコンビでG1制覇を狙う。

スポンサーリンク

朝日杯フューチュリティステークス2021の予想オッズ

予想オッズ

予想オッズ

2021年・朝日杯フューチュリティステークスの予想オッズはこのように予想しています。
C.デムーロ騎手と新コンビを組む重賞連勝中のセリフォスが1番人気に支持されると予想します。
上位4頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. セリフォス(2.0)
  2. ジオグリフ(3.0)
  3. ダノンスコーピオン(6.0)
  4. ドウデュース(8.5)
  5. ドーブネ(11.0)
  6. オタルエバー(26.5)
  7. アルナシーム(35.0)
  8. プルパレイ(40.0)
  9. カジュフェイス(46.0)
  10. トウシンマカオ(☆)
  11. トゥードジボン(☆)
  12. セッカチケーン(☆)
  13. エーティーマクフィ(☆)
  14. シンリミテス(☆)
  15. ベルウッドブラボー(☆)
  16. ヴィアドロローサ(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

朝日杯フューチュリティステークスの日程・賞金

第73回 朝日杯フューチュリティステークス(Asahi Hai Futurity Stakes)

朝日杯フューチュリティステークス2019 サリオス

2021年12月19日(日)阪神競馬場
格:G1 1着本賞金:7,000万円
年齢:2歳牡・牝 距離:1,600m(芝・右)

2017年にホープフルステークスがG1に昇格した影響で近年はマイラー色が特に強くなった。

ホープフルステークス
ホープフルステークスは2021年12月28日に中山競馬場で行われる二歳の中距離G1戦。ホープフルステークスは2021年で38回目を迎え、昨年はダノンザキッドが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

朝日杯フューチュリティステークス・プレイバック

朝日杯フューチュリティステークス2020 グレナディアガーズ

2020年の朝日杯フューチュリティステークスを制したのは『グレナディアガーズ(Grenadier Guards)』。残り1ハロンで先頭に立つとそのまま後続を完封し優勝。レコードタイムで二歳マイル王の座に輝いた。
2着には3/4馬身差でステラヴェローチェ、さらに1-1/2馬身差の3着にはレッドベルオーブが入った。

朝日杯フューチュリティステークス(G1)

1着:グレナディアガーズ
2着:ステラヴェローチェ(3/4馬身)
3着:レッドベルオーブ(1-1/2馬身)
4着:バスラットレオン(1/2馬身)
5着:ブルースピリット(クビ)

勝ちタイム:1.32.3(レコード
優勝騎手:川田将雅
馬場:良

2020年・朝日杯フューチュリティステークスの全着順、動画、コメントもチェック!
朝日杯フューチュリティステークス2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の朝日杯フューチュリティステークスの着順は1着:グレナディアガーズ、2着:ステラヴェローチェ、3着:レッドベルオーブとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする