【朝日杯フューチュリティステークス2019】出走予定馬・日程・賞金/2歳マイル王に君臨するのは

朝日杯フューチュリティステークス2018 アドマイヤマーズ

朝日杯フューチュリティステークスは2019年12月15日に阪神競馬場で行われる2歳マイル王者を決める一戦。朝日杯フューチュリティステークスは2019年で第71回を迎え、昨年はアドマイヤマーズが制した。出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

2歳マイル王に君臨するのは
スポンサーリンク

2019年・朝日杯フューチュリティステークスの出走予定馬たち

出走予定馬(12月2日)

2019年の朝日杯フューチュリティステークスの出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは18頭となっています。

  • ウイングレイテスト(松岡正海)
  • エグレムニ(未定)
  • カリニート(未定)
  • グランレイ(池添謙一)
  • クリノプレミアム(未定)
  • サリオス(R.ムーア)
  • ジュンライトボルト(未定)
  • タイセイビジョン(武豊
  • タガノビューティー(未定)
  • トリプルエース(W.ビュイック)
  • ビアンフェ(藤岡佑介)
  • プリンスリターン(原田和真)
  • ペールエール(O.マーフィー)
  • マイネルグリット(国分優作)
  • メイショウチタン(松山弘平)
  • ラウダシオン(C.ルメール
  • レッドベルジュール(C.スミヨン)
朝日杯フューチュリティステークスの注目馬をピックアップ!

2019年・朝日杯フューチュリティステークスの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

サリオス(Salios)

サリオス・2歳牡馬
父:ハーツクライ
母:サロミナ
母父:Lomitas
主な勝鞍:2019年・サウジアラビアロイヤルカップ
馬名の由来:ローマ神話に登場する戦闘の踊りの発明者。母名より連想

サウジアラビアロイヤルカップを好タイムで快勝。
マイル適性の高さはかなりのもの。

ラウダシオン(Lauda Sion)

ラウダシオン・2歳牡馬
父:リアルインパクト
母:アンティフォナ
母父:Songandaprayer
主な勝鞍:2019年・もみじステークス
馬名の由来:グレゴリオ聖歌の続唱の一つ。母名より連想

不良馬場で行われたもみじステークスを快勝。
騎乗したルメール騎手は距離が伸びても大丈夫とコメントしていた。

レッドベルジュール(Red Bel Jour)

レッドベルジュール・2歳牡馬
父:ディープインパクト
母:レッドファンタジア
母父:Unbridled’s Song
主な勝鞍:2019年・デイリー杯2歳ステークス
馬名の由来:冠名+美しい日(仏)

無傷の2連勝でデイリー杯2歳ステークスを制した。
鞍上にスミヨン騎手を迎え2歳マイル王へと突き進む。

トリプルエース(Triple Ace)

トリプルエース・2歳牡馬
父:Shamardal
母:トリプルピルエット
母父:サンデーサイレンス
主な勝鞍:2019年・2歳新馬
馬名の由来:母名の一部+エース

小倉2歳ステークスで2着の実績。

マイネルグリット(Meiner Grit)

マイネルグリット・2歳牡馬
父:スクリーンヒーロー
母:マイネショコラーデ
母父:ロージズインメイ
主な勝鞍:2019年・小倉2歳ステークス
馬名の由来:冠名+闘志

デビューから無傷の三連勝で小倉2歳ステークスを制し、重賞初制覇を果たしている。

プリンスリターン(Prince Return)

プリンスリターン・2歳牡馬
父:ストロングリターン
母:プリンセスプライド
母父:マンハッタンカフェ
主な勝鞍:2019年・ききょうステークス
馬名の由来:王子+戻る

ききょうステークスで2勝目を挙げた。

エグレムニ(Egremni)

エグレムニ・2歳牡馬
父:キズナ
母:ビーチアイドル
母父:ファルブラヴ
主な勝鞍:2019年・秋明菊賞
馬名の由来:地中海のリゾート地のビーチ名

1200m~1400mで2勝を挙げた。
マイルに対応できるか。

朝日杯フューチュリティステークスの日程・賞金

朝日杯フューチュリティステークス 2017 ダノンプレミアム

第71回 朝日杯フューチュリティステークス(Asahi Hai Futurity Stakes)

2019年12月15日(日)阪神競馬場
格:G1 1着本賞金:7,000万円
年齢:2歳牡・牝 距離:1,600m(芝・右)

朝日杯フューチュリティステークス・プレイバック

朝日杯フューチュリティステークス2018 アドマイヤマーズ

2018年の朝日杯フューチュリティステークスを制したのは「アドマイヤマーズ(Admire Mars)」。デビューから無傷の四連勝で二歳マイル王の座を射止めた。

2018年・朝日杯フューチュリティステークス(GI)

1着:アドマイヤマーズ
2着:クリノガウディー(2馬身)
3着:グランアレグリア(1/2馬身)
4着:ファンタジスト(1-1/2馬身)
5着:ディープダイバー(1 1/4馬身)

勝ちタイム:1.33.9
優勝騎手:M.デムーロ
馬場:良

2018年・朝日杯フューチュリティステークス
朝日杯フューチュリティステークス2018の結果・動画をまとめた記事です。今年の着順は1着:アドマイヤマーズ、2着:クリノガウディー、3着:グランアレグリアとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする