【オークス2020】出走予定馬・予想オッズ・結果/樫の女王の座をかけて

オークス2019 ラヴズオンリーユー

オークスは2020年5月24日に東京競馬場で行われる3歳牝馬には過酷な2400m戦。オークスは2020年で第81回を迎え、昨年はラヴズオンリーユーが制した。オークスの出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

樫の女王の座をかけて
スポンサーリンク

2020年・オークスの結果は!?

オークス2020 デアリングタクト

2020年のオークスを制したのは『デアリングタクト(Daring Tact)』。松山弘平騎手が手綱を執った1番人気のデアリングタクトが直線で鋭く伸びて差し切り勝ち。63年ぶりとなる無敗の二冠の偉業を達成した。
2着には1/2馬身差でウインマリリン、さらにクビ差の3着にはウインマイティーが入った。

オークス(G1)

1着:デアリングタクト
2着:ウインマリリン(1/2馬身)
3着:ウインマイティー(クビ)
4着:リアアメリア(3/4馬身)
5着:マジックキャッスル(3/4馬身)

勝ちタイム:2.24.4
優勝騎手:松山 弘平
馬場:良

2020年・オークスの全着順、コメントもチェック!
オークス2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のオークスの着順は1着:デアリングタクト、2着:ウインマリリン、3着:ウインマイティーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年・オークスの出走予定馬をチェック

スポンサーリンク
オークスの枠順決定!(5月21日)

2020年・オークスの枠順が発表されました。

人気が予想されるところではデアリングタクトが2枠4番、デゼルは1枠1番、クラヴァシュドールは1枠2番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

オークスの前日最終オッズは?!(5月23日)

オークス2020 前日最終オッズ

5月23日にJRAから発表されたオークスの前日最終オッズです。
1番人気はデアリングタクトで1.8倍、2番人気はデゼルが5.8倍、3番人気にはクラヴァシュドールが9.1倍で続いています。
馬券に絡むのは人気馬か、穴馬か。
あなたの決断は?

オークス2020・出走馬の調教後の馬体重(5月21日)

オークス2020 調教後の馬体重

2020年5月21日にJRAより発表されたオークスに出走する馬の調教後に計測された馬体重一覧です。

輸送などでこの馬体重からさらに増減があることが予想されます。
当日の馬体重もしっかりチェックしてください。

2020年・オークスの追い切り・コメントをチェック!
オークス2020の追い切り・コメントの記事です。オークスの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
出走予定馬(5月15日)

2020年・オークスの出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは18頭となっています。

優先出走馬&賞金上位馬
  • アブレイズ(藤井勘一郎)
  • インターミッション(石川裕紀人)
  • ウインマイティー(和田竜二)
  • ウインマリリン(横山典弘)
  • ウーマンズハート(藤岡康太)
  • クラヴァシュドール(M.デムーロ)
  • サンクテュエール(C.ルメール
  • スマイルカナ(柴田大知)
  • チェーンオブラブ(石橋脩)
  • デアリングタクト(松山弘平)
  • デゼル(D.レーン)
  • ホウオウピースフル(未定)
  • マジックキャッスル(浜中俊)
  • マルターズディオサ(田辺裕信)
  • ミヤマザクラ(武豊
  • リアアメリア(川田将雅)
抽選対象馬(8頭中2頭が出走可能)
  • エヴァーガーデン(丹内祐次)
  • クリスティ(未定)
  • ショウナンナデシコ(未定)
  • ショウナンハレルヤ(三浦皇成)
  • ソフトフルート(未定)
  • フィオリキアリ(田中勝春)
  • ミスニューヨーク(加藤祥太)
  • リリーピュアハート(福永祐一)
除外対象馬
  • ルトロヴァイユ(吉田豊)
オークス・注目馬ピックアップ

2020年・オークスの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

デアリングタクト(Daring Tact)

デアリングタクト・3歳牝馬
父:エピファネイア
母:デアリングバード
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2020年・桜花賞
馬名の由来:大胆な+Tactics(戦法)より。大胆な戦法。父、母名より連想

無敗で桜花賞を制した新女王。
鞍上曰く折り合いさえつけば距離も大丈夫とのこと。
二冠制覇なるか。

スマイルカナ(Smile Kana)

スマイルカナ・3歳牝馬
父:ディープインパクト
母:エーシンクールディ
母父:Distorted Humor
主な勝鞍:2020年・フェアリーステークス
馬名の由来:笑顔+人名

桜花賞では逃げてしぶとく粘りこみ3着。
ここでも逃げの手で上位を狙うことになりそうだ。

ミヤマザクラ(Miyamazakura)

ミヤマザクラ・3歳牝馬
父:ディープインパクト
母:ミスパスカリ
母父:Mr. Greeley
主な勝鞍:2020年・クイーンカップ
馬名の由来:深山桜(白い花が咲く草花)

牡馬相手に2000mの重賞2着の実績あり。
東京コースもへっちゃら。
鞍上には新たに武豊騎手を迎えるとのこと。

クラヴァシュドール(Cravache d’Or)

クラヴァシュドール・3歳牝馬
父:ハーツクライ
母:パスオブドリームズ
母父:Giant’s Causeway
主な勝鞍:2019年・2歳新馬
馬名の由来:金の鞭(仏)

桜花賞では馬場に苦戦しながらも4着まで上がってきていた。
切れ味を生かせる良馬場希望。

ウインマリリン(Win Marilyn)

ウインマリリン・3歳牝馬
父:スクリーンヒーロー
母:コスモチェーロ
母父:Fusaichi Pegasus
主な勝鞍:2020年・フローラステークス
馬名の由来:冠名+女性名

フローラステークスでは接戦を制し樫への切符を手にした。
横山武史騎手が騎乗停止になったため父の横山典弘騎手にバトンが託された。

デゼル(Des Ailes)

デゼル・3歳牝馬
父:ディープインパクト
母:アヴニールセルタン
母父:Le Havre
主な勝鞍:2020年・スイートピーステークス
馬名の由来:翼(仏)

2戦2勝で切符を手にした良血馬。
決め手はG1でも通用する破壊力。

マルターズディオサ(Maltese Diosa)

マルターズディオサ・3歳牝馬
父:キズナ
母:トップオブドーラ
母父:Grand Slam
主な勝鞍:2020年・チューリップ賞
馬名の由来:冠名+女神(西)

桜花賞で初めて連対を外す8着と大敗した。
巻き返しなるか。

アブレイズ(Ablaze)

アブレイズ・3歳牝馬
父:キズナ
母:エディン
母父:ジャングルポケット
主な勝鞍:2020年・フラワーカップ
馬名の由来:燃え立って、輝いて

桜花賞をパスしオークスへ直行。
距離を味方に。

ウインマイティー(Win Mighty)

ウインマイティー・3歳牝馬
父:ゴールドシップ
母:アオバコリン
母父:カコイーシーズ
主な勝鞍:2020年・忘れな草賞
馬名の由来:冠名+強大な

1800m、2000mと距離を伸ばし連勝。
長距離が得意だったゴールドシップ産駒なところも魅力的。

サンクテュエール(Sanctuaire)

サンクテュエール・3歳牝馬
父:ディープインパクト
母:ヒルダズパッション
母父:Canadian Frontier
主な勝鞍:2020年・シンザン記念
馬名の由来:聖域(仏)。他馬を凌駕し人を魅了する神聖な走りを見せてほしい

前哨戦

フラワーカップ

1着:アブレイズ
2着:レッドルレーヴ(3/4馬身)
3着:シーズンズギフト(1-1/2馬身)

勝ちタイム:1.48.2
優勝騎手:藤井 勘一郎
馬場:良

忘れな草賞

1着:ウインマイティー
2着:イズジョーノキセキ(1馬身)
3着:リリーピュアハート(クビ)

勝ちタイム:2.03.6
優勝騎手:M.デムーロ
馬場:稍重

桜花賞

1着:デアリングタクト
2着:レシステンシア(1-1/2馬身)
3着:スマイルカナ(1-3/4馬身)

勝ちタイム:1.36.1
優勝騎手:松山 弘平
馬場:重

フローラステークス

1着:ウインマリリン
2着:ホウオウピースフル(クビ)
3着:フアナ(クビ)

勝ちタイム:1.58.7
優勝騎手:横山 武史
馬場:良

スイートピーステークス

1着:デゼル
2着:スマートリアン(1-3/4馬身)
3着:アカノニジュウイチ(3/4馬身)

勝ちタイム:1.47.1
優勝騎手:D.レーン
馬場:良

オークス2020の予想オッズ

予想オッズ

2020年・オークスの予想オッズはこのように予想しています。
桜花賞を無敗で制したデアリングタクトが1番人気に支持されると予想します。
上位4頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

予想オッズ
  1. デアリングタクト(1.8)
  2. デゼル(5.0)
  3. クラヴァシュドール(7.0)
  4. ミヤマザクラ(9.0)
  5. サンクテュエール(15.0)
  6. リアアメリア(18.0)
  7. ウインマリリン(20.0)
  8. マルターズディオサ(24.0)
  9. ホウオウピースフル(26.0)
  10. スマイルカナ(40.0)
  11. リリーピュアハート(48.0)
  12. アブレイズ(☆)
  13. マジックキャッスル(☆)
  14. ウインマイティー(☆)
  15. エヴァーガーデン(☆)
  16. ウーマンズハート(☆)
  17. チェーンオブラブ(☆)
  18. インターミッション(☆)
  19. ソフトフルート(☆)
  20. フィオリキアリ(☆)
  21. ミスニューヨーク(☆)
  22. ショウナンハレルヤ(☆)
  23. ショウナンナデシコ(☆)
  24. クリスティ(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

オークスの日程・賞金

オークス 2018 アーモンドアイ

第81回 オークス・優駿牝馬(Japanese Oaks)
2020年5月24日(日)東京競馬場
格:G1 1着本賞金:1億1,000万円
年齢:3歳牝馬 距離:2,400m(芝・左)

オークスは牝馬クラシック・第二戦目。
他に桜花賞と秋華賞が牝馬クラシックとして開催されている。

桜花賞は2020年4月12日に阪神競馬場で行われる3歳牝馬クラシックの1戦目。2020年で第80回を迎え、今年も桜の女王の栄冠を求め乙女が熾烈なバトルを繰り広げる。昨年はグランアレグリアが制した。桜花賞の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・昨年の結果などをチェックしてみよう。
秋華賞は2020年10月18日に京都競馬場で行われる3歳牝馬の三冠レース最終戦。秋華賞は2020年で第25回を迎え、昨年はクロノジェネシスが制した。秋華賞の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

オークス・プレイバック

オークス2019 ラヴズオンリーユー

2019年のオークスを制したのは『ラヴズオンリーユー(Loves Only You)』。無傷の4連勝で樫の女王の座に輝いた。
2着にはクビ差でカレンブーケドール、さらに2-1/2馬身差の3着にはクロノジェネシスが入った。

2019年 オークス(GI)

1着:ラヴズオンリーユー
2着:カレンブーケドール(クビ)
3着:クロノジェネシス(2-1/2馬身)
4着:ウィクトーリア(クビ)
5着:ダノンファンタジー(アタマ)

勝ちタイム:2.22.8(レースレコード
優勝騎手:M.デムーロ
馬場:良

2019年・オークス
オークス2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のオークスの着順は1着:ラヴズオンリーユー、2着:カレンブーケドール、3着:クロノジェネシスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする