【オークス2018】出走予定馬・日程・賞金/樫の女王の座をかけて

オークス 2017 ソウルスターリング

オークスは2018年5月20日に東京競馬場で行われる3歳牝馬には過酷な2400m戦。オークスは2018年で第79回を迎える。昨年はソウルスターリングが制した。2018年はどの馬が樫の女王に輝くか。オークスの出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

樫の女王の座をかけて

動画・結果

2018年のオークスを制したのは「アーモンドアイ(Almond Eye)」。道中少しかかるそぶりも見せたものの、直線では鮮やかに差し切り優勝。見事2冠馬に輝いた。

動画・結果

オークス 2018 アーモンドアイ

【オークス2018】動画・結果/アーモンドアイが鮮やかに二冠達成

オークス 2018の動画・結果です。オークスの結果は1着:アーモンドアイ、2着:リリーノーブル、3着:ラッキーライラック。「アーモンドアイ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

データ・枠順

オークス 2018 枠順

オークス」の枠順が発表されました。
一冠目の桜花賞を制したアーモンドアイは7枠13番、昨年の2歳女王で桜花賞2着のリベンジを狙うラッキーライラックは1枠2番、前哨戦のフローラステークスで破壊力抜群の末脚を披露したM.デムーロ騎手騎乗のサトノワルキューレは6枠11番、惜敗続きにピリオドを打ちたい桜花賞3着馬リリーノーブルは1枠1番に入った。

※トーセンブレスは左前挫石のため出走を取り消した。

データ・枠順

2018年・オークスのデータ・枠順に関する記事を公開しました。記事には枠順別や脚質別データなどさまざまなレースデータを書いております。

桜花賞 2018 アーモンドアイ

【オークス2018】データ・枠順/データから勝利の方程式を解く

オークス 2018のデータ・枠順の情報です。2018年・オークスのデータは枠順別や脚質別、種牡馬別データなど多くの情報を掲載しています。さまざまな情報からオークスでの激走馬を導き出す。予想の参考にどうぞ!

出走予定馬

出走予定馬・予想オッズ

2018年・オークスの出走予定馬・予想オッズ・想定騎手に関する記事を公開しました。記事には出走予定馬の中からピックアップした注目馬も書いております。

オークス 2017 ソウルスターリング

【オークス2018】予想オッズ・出走予定馬/距離対応がカギ

オークス 2018の予想オッズ・出走予定馬・想定騎手の情報です。オークスの出走登録は20頭。出走予定馬にはアーモンドアイやラッキーライラックなどが名を連ねています。3歳牝馬には過酷な2400mの戦い。距離に対応できた馬に勝利の女神が微笑む。

2018年・オークスの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

・アーモンドアイ(Almond Eye)

桜花賞 2018 アーモンドアイ

アーモンドアイ・3歳牝馬(優先出走馬・桜花賞1着
父:ロードカナロア
母:フサイチパンドラ
母父:サンデーサイレンス
主な勝鞍:2018年・桜花賞
馬名の由来:美人とされる顔の目の形

デビューから4戦すべてで上り最速の脚を繰り出している桜花賞馬アーモンドアイ。
桜花賞ではノーステッキでの差し切りで皆をアッと驚かせた。
距離延長の壁を乗り越え2冠目を目指す。

関連記事
・ラッキーライラック(Lucky Lilac)

阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 ラッキーライラック

ラッキーライラック・3歳牝馬(優先出走馬・桜花賞2着
父:オルフェーヴル
母:ライラックスアンドレース
母父:Flower Alley
主な勝鞍:2017年・阪神ジュベナイルフィリーズ
馬名の由来:五弁のライラックの花(幸運のシンボル)

桜花賞では1.8倍と断然人気に支持されたもののアーモンドアイの決め手に屈し2着に敗れた。
凱旋門賞にも登録を済ませたラッキーライラック。
オークスで結果を残し、フランス遠征へと歩を進めることができるか。

関連記事
・リリーノーブル(Lily Noble)

リリーノーブル

リリーノーブル・3歳牝馬(優先出走馬・桜花賞3着
父:ルーラーシップ
母:ピュアチャプレット
母父:クロフネ
主な勝鞍:2017年・白菊賞
馬名の由来:百合+気品。百合の花言葉は純潔、威厳

またもやラッキーライラックの後塵を拝した桜花賞だった。
今度は2400mと距離が延びるオークス。
ルーラーシップ産駒には菊花賞を制したキセキやAJCCを制したダンビュライトなど中長距離を得意とする産駒が多い。
もう惜敗は御免だ。

・トーセンブレス(Tosen Bless)

トーセンブレス

トーセンブレス・3歳牝馬(優先出走馬・桜花賞4着
父:ディープインパクト
母:ブルーミンバー
母父:ファルブラヴ
主な勝鞍:2017年・2歳新馬
馬名の由来:冠名+神が祝福する

桜花賞ではアーモンドアイに次ぐ2番目の上りタイムを計測し4着に入った。
登録があったNHKマイルカップはパスしてオークス一本で勝負。

・マウレア(Mau Lea)

マウレア

マウレア・3歳牝馬(優先出走馬・桜花賞5着
父:ディープインパクト
母:バイザキャット
母父:Storm Cat
主な勝鞍:2017年・赤松賞
馬名の由来:永遠の喜び(ハワイ語)

桜花賞を走り、早くも今年3走したマウレア。
どこまでおつりがあるかがポイントとなる。

・サトノワルキューレ(Satono Walkure)

フローラステークス 2018 サトノワルキューレ

サトノワルキューレ・3歳牝馬(優先出走馬・フローラステークス1着
父:ディープインパクト
母:ヒアトゥウィン
母父:Roi Normand
主な勝鞍:2018年・フローラステークス
馬名の由来:冠名+北欧神話の半神

トライアル戦だったフローラステークスでは外から一頭別次元の末脚でライバルたちを蹴散らした。
2400mでの勝利経験もあり、大きな武器となる。
昨年フローラステークスを制したモズカッチャンがオークスでも2着に入ったように、今年もこの路線からオークスを賑わす馬が出そうだぞ。

関連記事
・パイオニアバイオ(Pioneer Bio)

パイオニアバイオ

パイオニアバイオ・3歳牝馬(優先出走馬・フローラステークス2着
父:ルーラーシップ
母:アニメイトバイオ
母父:ゼンノロブロイ
主な勝鞍:2018年・3歳未勝利
馬名の由来:開拓者、先駆者+冠名

フローラステークスでは13番人気ながらしぶとく2着に粘りこんだ。
母のアニメイトバイオはローズステークスを制し、G1でも2度2着に入ったアパパネ世代の重賞馬。
母が届かなかったG1のタイトルを娘が。

・ランドネ(Randonnee)

スイートピーステークス 2018 ランドネ

ランドネ・3歳牝馬(優先出走馬・スイートピーステークス1着
父:Blame
母:Loure
母父:A.P. Indy
主な勝鞍:2018年・スイートピーステークス
馬名の由来:遠足、山登り(仏)

クラシック登録を済ませていなかったがスイートピーステークスを制したことにより、追加登録料200万円を支払ってオークスに参戦する予定。

関連記事
・カンタービレ(Cantabile)

フラワーカップ 2018 カンタービレ

カンタービレ・3歳牝馬
父:ディープインパクト
母:シャンロッサ
母父:Galileo
主な勝鞍:2018年・フラワーカップ
馬名の由来:歌うように(音楽用語)

フラワーカップでコンビを組んだデムーロ騎手がサトノワルキューレを選択したため、田辺騎手とのコンビが決まった。

関連記事
・レッドサクヤ(Red Sakuya)

エルフィンステークス 2018 レッドサクヤ

レッドサクヤ・3歳牝馬
父:ディープインパクト
母:サクラサクII
母父:デインヒル
主な勝鞍:2018年・エルフィンステークス
馬名の由来:冠名+日本神話に登場する桜の女神の名より。母名より連想

福永騎手とのコンビでG1制覇を目指す。

関連記事
・オールフォーラヴ(All for Love)

オールフォーラヴ

オールフォーラヴ・3歳牝馬
父:ディープインパクト
母:レディアルバローザ
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2018年・忘れな草賞
馬名の由来:バラの品種名

追い切り・コメント

2018年・オークスの追い切り・コメントに関する記事を公開しました。記事には追い切りタイムや追い切り後の関係者のコメントを書いております。

オークス 2018 追い切り

【オークス2018】追い切り/抜群の動きを見せたのは

オークス 2018の追い切り・コメントの情報です。オークスに出走する有力馬中心に追い切りタイム・コメントをまとめてあります。状態の把握が馬券的中のカギとなる!

日程・賞金

【オークス 2016】動画・結果/シンハライトが馬群を捌いて差し切り樫の女王に輝く

第79回 オークス・優駿牝馬(Japanese Oaks)
2018年5月20日(日)東京競馬場
格:G1 1着本賞金:1億1,000万円
年齢:3歳牝馬 距離:2,400m(芝・左)

プレイバック

2017年5月21日(日)オークス(GI)

1着:ソウルスターリング
2着:モズカッチャン(1-3/4馬身)
3着:アドマイヤミヤビ(2-1/2馬身)
4着:ディアドラ(アタマ)
5着:リスグラシュー(3/4馬身)

レース後のコメント
1着 ソウルスターリング(ルメール騎手)
「本当に強かったです。お母さんと一緒にフランスのオークスを勝ち、今日、その娘と一緒に日本のオークスを、まったく同じような形で勝てました。素晴らしいですし、本当に嬉しく、特別な1日になりました。スタートが速く、楽にいい位置を取り、すぐにリラックスしました。4コーナーでスペースがあったので早めに外へ出し、ペースを上げ、長い脚を使ってゴールまで頑張りました。今日は自信がありました。馬場が重かった桜花賞は負けましたが、今日は一番強かったです。おそらくこの馬のベストの距離は2000mだと思います。来週もいい結果を出せるよう頑張ります」

2017年・オークス

オークス 2017 ソウルスターリング

【オークス 2017】動画・結果/ソウルスターリングが馬場の真ん中から突き抜け優勝

「オークス 2017」の動画・結果です。オークスの結果は1着:ソウルスターリング、2着:モズカッチャン、3着:アドマイヤミヤビ。「ソウルスターリング」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

シェアする