【オークス2021】出走予定馬・日程・賞金/樫の女王の座をかけて

オークス2020 デアリングタクト

オークスは2021年5月23日に東京競馬場で行われる三歳牝馬には過酷な2400m戦。オークスは2021年で第82回を迎え、昨年はデアリングタクトが制した。オークスの出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

樫の女王の座をかけて
スポンサーリンク

2021年・オークスの出走予定馬をチェック

オークス・注目馬ピックアップ

2021年・オークスの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

ソダシ(Sodashi)

ソダシ・3歳牝馬
父:クロフネ
母:ブチコ
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2021年・桜花賞
馬名の由来:純粋、輝き(サンスクリット)

白毛馬初のG1馬に輝いた新ヒロイン。
レコードタイムで制した桜花賞は圧巻だった。
樫の舞台でさらなる輝きを求め。

ファインルージュ(Fine Rouge)

ファインルージュ・3歳牝馬
父:キズナ
母:パシオンルージュ
母父:ボストンハーバー
主な勝鞍:2021年・フェアリーステークス
馬名の由来:元気+母名の一部

今年のフェアリーステークス勝ち馬で、桜花賞でも33秒7の決め手で3着に粘った。
母は1000m~1200mを中心に活躍しただけに距離への対応がカギを握りそうだ。

アカイトリノムスメ(Akaitorino Musume)

アカイトリノムスメ・3歳牝馬
父:ディープインパクト
母:アパパネ
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2021年・クイーンカップ
馬名の由来:赤い鳥(アパパネ)の娘

桜花賞は勝ち馬と0.4秒差の4着。
負けはしたものの終いまでよく伸びており悲観する内容ではなかった。
血統的に距離延長で逆転までありそう。
鞍上はルメール騎手が予定されている。

ウインアグライア(Win Aglaia)

ウインアグライア・3歳牝馬
父:マツリダゴッホ
母:ウインアルテミス
母父:Arch
主な勝鞍:2021年・若駒ステークス
馬名の由来:冠名+ギリシャ神話に登場する光の女神

2000m戦の若駒ステークスを制し距離にメドを立てた。
馬場が渋ってもOK。

パープルレディー(Purple Lady)

パープルレディー・3歳牝馬
父:ディープインパクト
母:メリッサ
母父:ホワイトマズル
主な勝鞍:2021年・ゆりかもめ賞
馬名の由来:馬主勝負服の紫星より+貴婦人

東京2400mで行われたゆりかもめ賞を勝利。
距離に不安がないのは大きなアドバンテージ。

主な回避馬

サトノレイナス(Satono Reinas)

サトノレイナス・3歳牝馬
父:ディープインパクト
母:バラダセール
母父:Not For Sale
主な勝鞍:2020年・サフラン賞
馬名の由来:冠名+女王達(西)

ルメール騎手とのコンビで日本ダービーへ向かうことが発表された。

前哨戦

スポンサーリンク
忘れな草賞

1着:ステラリア
2着:エイシンヒテン(3/4馬身)
3着:ビッグリボン(1/2馬身)

勝ちタイム:1.58.0
優勝騎手:福永 祐一
馬場:良

忘れな草賞2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の忘れな草賞の着順は1着:ステラリア、2着:エイシンヒテン、3着:ビッグリボンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
桜花賞

1着:ソダシ
2着:サトノレイナス(クビ)
3着:ファインルージュ(1/2馬身)

勝ちタイム:1.31.1(レコード)
優勝騎手:吉田 隼人
馬場:良

桜花賞2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の桜花賞の着順は1着:ソダシ、2着:サトノレイナス、3着:ファインルージュとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

オークスの日程・賞金

第82回 オークス・優駿牝馬(Japanese Oaks)

オークス 2018 アーモンドアイ

2021年5月23日(日)東京競馬場
格:G1 1着本賞金:1億1,000万円
年齢:3歳牝馬 距離:2,400m(芝・左)

オークスは牝馬クラシック・第二戦目。
他に桜花賞と秋華賞が牝馬クラシックとして開催されている。

桜花賞は2021年4月11日に阪神競馬場で行われる牝馬クラシックの1戦目。桜花賞は2021年で第81回を迎え、桜の女王の栄冠を求め乙女が熾烈なバトルを繰り広げる。昨年はデアリングタクトが制した。出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・昨年の結果などをチェックしてみよう。
秋華賞は2020年10月18日に京都競馬場で行われる3歳牝馬の三冠レース最終戦。秋華賞は2020年で第25回を迎え、昨年はクロノジェネシスが制した。秋華賞の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

オークス・プレイバック

オークス2020 デアリングタクト

2020年のオークスを制したのは『デアリングタクト(Daring Tact)』。松山弘平騎手が手綱を執った1番人気のデアリングタクトが直線で鋭く伸びて差し切り勝ち。63年ぶりとなる無敗の二冠の偉業を達成した。秋には秋華賞も制し史上初となる無敗での牝馬三冠を達成することになる。
2着には1/2馬身差でウインマリリン、さらにクビ差の3着にはウインマイティーが入った。

オークス(G1)

1着:デアリングタクト
2着:ウインマリリン(1/2馬身)
3着:ウインマイティー(クビ)
4着:リアアメリア(3/4馬身)
5着:マジックキャッスル(3/4馬身)

勝ちタイム:2.24.4
優勝騎手:松山 弘平
馬場:良

2020年・オークスの全着順、動画、コメントもチェック!
オークス2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のオークスの着順は1着:デアリングタクト、2着:ウインマリリン、3着:ウインマイティーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする