【チューリップ賞2022】追い切り/動きを見極め勝利に近づけ

チューリップ賞2022 追い切り

チューリップ賞2022の追い切り・コメントの記事です。チューリップ賞の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

動きを見極め勝利に近づけ

2022年3月5日(土) | 1回阪神7日 | 15:35 発走
第29回 チューリップ賞(GII)芝・右・外 1600m
Tulip Sho(Japanese 1000 Guineas Trial) (G2)

出走予定馬・予想オッズ
2022年・チューリップ賞の出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
チューリップ賞は2022年3月5日に阪神競馬場で行われる桜花賞への最重要ステップレース。チューリップ賞は2022年で第29回を迎え、昨年はメイケイエールとエリザベスタワーが同着で優勝した。チューリップ賞の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にも弥生賞などが開催される。
弥生賞は2022年3月6日に中山競馬場で行われ、皐月賞への最重要ステップレースとして位置づけられている。弥生賞は2022年で第59回を迎え、昨年はタイトルホルダーが勝利した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・賞金・日程・過去の結果などをチェックしてみよう。
オーシャンステークス2022の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2022年のオーシャンSの出走予定馬にはスマートクラージュやファストフォースなどが名を連ねています。注目レースの出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

チューリップ賞2022の追い切りをチェック!

チューリップ賞2022 追い切り

チューリップ賞に出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
弥生賞2022の追い切り・コメントの記事です。弥生賞ディープインパクト記念の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
オーシャンステークス2022の追い切り・コメントの記事です。オーシャンSの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
アンジェリーナ

最終追い切り
栗東・坂路・稍重
800m 52.9-37.2-24.1-12.3(馬なり)
オーソレミオ(馬なり)を0.6秒追走・同入

昆調教師
「順調にきています。時計も動きも良かったですね。あれだけ使ってもへこたれない」
ウォーターナビレラ

最終追い切り
栗東・CW・稍重
6F 87.1-70.9-55.8-40.3-13.3(馬なり)

武幸調教師
「前走後の休養で成長を促すことができて、馬体をよくみせるようになった。その分しっかり調整することができて、以前より稽古でもよく動けている」
オーソレミオ

最終追い切り
栗東・坂路・稍重
800m 53.5-37.8-24.3-12.3(馬なり)
アンジェリーナ(馬なり)に0.6秒先行・同入

昆調教師
「どんどん良くなってきています。前走はあっさり勝つと思って、その通りに走ってくれました」
「順調に調整できている。前走(1着)は休養効果があった。能力のある馬です」
サウンドビバーチェ

最終追い切り
栗東・坂路・稍重
800m 54.2-39.5-24.9-11.9(馬なり)

中野助手
「しまい重点でいい動きだった。落ち着きがあって、状態は良さそう。本番の権利を獲りたい」

平助手
「前走(菜の花賞)は除外の影響もあってテンションがかなり高かったけど、それでもレースでは我慢が利いてしっかりと勝ち切ってくれました。改めて走る馬だと感じたし、ここもうまく折り合って運べれば」

サークルオブライフ

最終追い切り
美浦・南W・良
5F 67.2-52.2-38.4-12.0(馬なり)
サリエラ(馬なり)の内0.9秒追走・同入

M.デムーロ騎手
「調教に乗るのは初めてで比較がつきませんが、状態は良さそう。いつも併せにいくと頑張ってくれる馬で、今朝も気持ちの強さを感じました。完成度が高くて賢いのがセールスポイント。いい結果を出して本番に向かいたいです」

国枝調教師
「先週までに十分仕上がっているので、今日は終いを確かめるという感じでやりました。動きは滑らかな感じで良かったのではないかなと思っています」

ジャマン

最終追い切り
栗東・坂路・稍重
6F 86.9-70.4-53.9-38.1-12.0(馬なり)
マジックミラー(一杯)の外0.8秒先行・0.6秒先着

高橋康調教師
「良かったですね。左トモ(後肢)のあたりが弱い感じがありましたが、左右のバランスが良くなりました」
シークルーズ

最終追い切り
栗東・坂路・稍重
800m 54.5-39.9-25.9-12.8(馬なり)

杉山晴調教師
「馬なりで予定通りでした。力むこともなく、いつも通りの追い切りができました」
ステルナティーア

最終追い切り
栗東・坂路・稍重
5F 68.4-53.1-38.8-11.8(馬なり)
セントオブゴールド(馬なり)の内0.3秒追走・同入

太田助手
「走りのバランスはまだ少し前に寄ってますが、コントロールに関しては問題ないです。今日も450キロありますし、阪神への輸送を考慮しても前走時(=阪神JF7着、432キロ)より10キロ増くらいで出走できそうです」
スプリットザシー

最終追い切り
栗東・坂路・稍重
800m 53.9-38.7-25.4-12.8(末強め)
パーサヴィアランス(強め)を1.2秒追走・同入

三藤助手
「動きは良かったですね。前回もレース間隔は詰まっていましたが、コンディションは悪くなかったです」
ツッチーフェイス

最終追い切り
栗東・坂路・稍重
800m 56.1-40.3-25.4-12.3(末強め)

今野調教師
「先週に強めにやって、体はできているのでしまい重点。使う前より、ちょっとずつしっかりしている感じです」
「しまい重点でいい動き。仕上がっている。広いコースに替わるのはプラスだと思います」
ナミュール

最終追い切り
栗東・坂路・稍重
800m 54.8-40.4-25.7-12.0(末強め)
アトリビュート(馬なり)を0.7秒追走・0.4秒先着

高野調教師
「テンはじわっと運んで長く馬体を合わせる形でラストの反応を確かめてもらいましたが、瞬時にギアチェンジして鞍上もいい感触を得てくれました。前走がゲートで後ろへモタれたので中間はそのあたりもしっかり矯正してきた。鞍上にもゲートを確認してもらったけど、大丈夫と言っていた。当日は雨予報だけど、能力があればこなせる」
ピンハイ

最終追い切り
栗東・CW・稍重
6F 85.1-69.4-54.3-38.3-11.8(馬なり)
クロニクル(馬なり)の外0.5秒先行・同入

田中克調教師
「いい動きだったと思います。だいぶ間隔もあいているので、時計は速くなくても3頭併せでしっかりやりました」
「先週よりも良くなっている。精神面が成長してきた。距離は延びても大丈夫です」
ラリュエル

最終追い切り
栗東・坂路・稍重
800m 54.5-39.4-25.3-12.3(馬なり)

小崎騎手
「先週、今週と乗せてもらっていて、今週も良かったですね。特に不安な要素がないです」

武村助手
「時計がかかっていたので、ほどよく負荷を掛けられた。カイバもほとんど食べているし、前回より減っていなければ」

ルピナスリード

最終追い切り
栗東・坂路・稍重
800m 54.9-40.1-26.0-12.9(馬なり)
メガキャット(馬なり)を0.6秒追走・同入

吉岡調教師
「前走より落ち着きがあって、状態もいいですね。最近はカイ食いも良く、メンタルも安定して余裕が出てきました」
ルージュスティリア

最終追い切り
栗東・CW・稍重
5F 68.8-52.4-36.7-11.0(一杯)
アスクドゥラメンテ(一杯)の内1.0秒追走・0.2秒遅れ

岩田望騎手
「追うごとに良くなってきています。状態は上向いています。時計的にもいい感じでした」

2022年・チューリップ賞の調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2022年 チューリップ賞|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2022年・チューリップ賞の調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手はウォーターナビレラに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(5/21・5/22)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
金鯱賞は2022年3月13日に中京競馬場で行われる春の大一番のステップレース。金鯱賞は2022年で第58回を迎え、昨年はギベオンが勝利した。金鯱賞の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
フィリーズレビューは2022年3月13日に阪神競馬場で行われ、桜の舞台を目指す牝馬たちのトライアル戦。フィリーズレビューは2022年で第56回を迎え、昨年はシゲルピンクルビーが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。