【七夕賞2019】結果・動画/ミッキースワローが早め先頭から押し切る

七夕賞2019 ミッキースワロー

七夕賞2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の七夕賞の着順は1着:ミッキースワロー、2着:クレッシェンドラヴ、3着:ロードヴァンドールとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2019年の七夕賞はミッキースワローが早め先頭から押し切る

2019年7月7日(日) | 2回福島4日 | 15:45 発走
第55回 七夕賞(GIII)芝・右 2000m
Tanabata Sho (G3)

2019年・七夕賞の動画

関連記事
昨年の七夕賞はメドウラークが制していた。

七夕賞 2018の動画・結果です。七夕賞の結果は1着:メドウラーク、2着:マイネルサージュ、3着:パワーポケット。「メドウラーク」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

2019年・七夕賞の結果

1着:ミッキースワロー
2着:クレッシェンドラヴ(3/4馬身)
3着:ロードヴァンドール(3馬身)
4着:ゴールドサーベラス(1/2馬身)
5着:アウトライアーズ(1馬身)
6着:タニノフランケル
7着:クリノヤマトノオー
8着:ソールインパクト
9着:ウインテンダネス
10着:エンジニア
11着:ロシュフォール
12着:カフェブリッツ
13着:マルターズアポジー
14着:ブラックスピネル
15着:ベルキャニオン
16着:ストロングタイタン

勝ちタイム:1.59.6
優勝騎手:菊沢 一樹
馬場:稍重

レース後のコメント

七夕賞2019 ミッキースワロー

1着 ミッキースワロー(菊沢一樹騎手)
「ゲートを切る前から、馬のリズムを大事にしようと思っていた。気分良く走っていたし、ポジションは前になったけど押し切れると思った。馬を信じて騎乗した結果で、馬に感謝です」

2着 クレッシェンドラヴ(内田博幸騎手)
「良くなっている。勝ちたかったけど、甘くはない。ただ、オープン3戦目で強いメンバー相手にこれだけできれば」

3着 ロードヴァンドール(横山典弘騎手)
「よく頑張った。いいころの状態にはまだまだだけど、よくここまで立ち直ってきている」

4着 ゴールドサーベラス(藤田菜七子騎手)
「前半は脚をためて、しまいを伸ばす競馬をしました。4角で外を回されてしまったところがもったいなかったですね。それでも前半でためた分、最後はよく伸びてくれました」

5着 アウトライアーズ(野中悠太郎騎手)
「内田さん(クレッシェンドラヴ)の後ろで、この馬の競馬はできた。3コーナーで苦しくなったけど、頑張った」

6着 タニノフランケル(福永祐一騎手)
「ペースが速かった。最後は脚が上がったけど、頑張った。理想は楽に行けること」

7着 クリノヤマトノオー(和田竜二騎手)
「うまく内に潜り込めたけど、全体的に流れていたから…。スローの瞬発力勝負の方がいい」

8着 ソールインパクト(大野拓弥騎手)
「久々の2000メートルで追走に苦労した。最後の最後に追い上げたけど…」

9着 ウインテンダネス(柴田大知騎手)
「2000メートルは忙しいし、コースも合わない。広いコースの方がいい。それに、のめっていた」

10着 エンジニア(津村明秀騎手)
「1、2コーナーでいい位置につけられたけど、3、4コーナーで渋くなった。ただ、力はあるので通用する」

11着 ロシュフォール(三浦皇成騎手)
「ゲートを出たし、リズム良く進めた。右回りも大丈夫だったけど、速くなった時に戸惑った。伸びかけたけど、道悪でもあったから」

13着 マルターズアポジー(武士沢友治騎手)
「自分の競馬はできたけど、楽に行かせてはくれない。ただ、どこかで頑張れる元気がある」

14着 ブラックスピネル(石橋脩騎手)
「ペースが速かったし、あれ以上行くとオーバーペースになる。もまれないように行ったけど、かわされてから力尽きた」

16着 ストロングタイタン(戸崎圭太騎手)
「脚をとられて、3、4コーナーで手応えがなかった」

勝ち馬プロフィール

七夕賞2019 ミッキースワロー

ミッキースワロー(Mikki Swallow)牡5/鹿毛 菊沢 隆徳(美浦)
父:トーセンホマレボシ 母:マドレボニータ 母父:ジャングルポケット
馬名の由来:冠名+ツバメ

関連記事
ミッキースワローは2017年・セントライト記念以来の重賞2勝目となった。

「セントライト記念 2017」の動画・結果です。セントライト記念の結果は1着:ミッキースワロー、2着:アルアイン、3着:サトノクロニクル。「ミッキースワロー」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。