【ファルコンステークス2018】動画・結果/ミスターメロディが初芝で重賞初制覇

ファルコンステークス 2018 ミスターメロディ

ファルコンステークス 2018の動画・結果です。ファルコンステークスの結果は1着:ミスターメロディ、2着:アサクサゲンキ、3着:フロンティア。「ミスターメロディ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

3番人気・福永騎手騎乗のミスターメロディが初芝で重賞初制覇

2018年3月17日(土) | 2回中京3日 | 15:25 発走
第32回 ファルコンステークス(GIII)芝・左 1400m
Falcon Stakes (G3)

動画

関連記事
昨年のファルコンステークスはコウソクストレートが制していた。
【ファルコンステークス 2017】動画・結果/コウソクストレートが得意距離で重賞初制覇

結果

1着:ミスターメロディ
2着:アサクサゲンキ(1-1/4馬身)
3着:フロンティア(クビ)
4着:アンブロジオ(ハナ)
5着:モズスーパーフレア(クビ)
6着:タイセイプライド
7着:ダノンスマッシュ
8着:テンクウ
9着:ドラグーンシチー
10着:タイセイアベニール
11着:カイザーメランジェ
12着:ヒシコスマー
13着:ダークリパルサー
14着:アシャカデッシュ
15着:ムスコローソ
16着:エールショー

勝ちタイム:1.22.1
優勝騎手:福永 祐一
馬場:良

レース後のコメント

1着 ミスターメロディ(福永祐一騎手)
「返し馬で芝でも問題ないと思いました。行きたがるようなところがあったけど、馬の後ろに入れたら落ち着いてくれました。初めての芝が重賞で強い勝ち方をしたので今後が楽しみです」

(藤原英調教師)
「芝は大丈夫と思っていたが、さすがに初めての芝が重賞では半信半疑だった。小細工しないで行こうと話していて、祐一(福永)が好位から押し切ってくれて強かった。ヨーロッパの芝か、日本の芝か、どちらかの方に適性があるのかは分からなかったけど、これで日本の芝に合うことが分かった。試している段階だが、いいスピードがある。NHKマイルC、葵Sなど今後は選択肢が広がってくる。いろいろな能力を感じるので、オーナーと相談して春はどこを目指すか決めたい」

2着 アサクサゲンキ(武豊騎手)
「いつもよりレース前に落ち着きがあって、うまく折り合ってくれた。1400メートルでも大丈夫だった」

3着 フロンティア(川田将雅騎手)
「1400mが合う体型になってきているとは思います。最後まで自分の力は出していますし、よく頑張っています」

5着 モズスーパーフレア(中谷雄太騎手)
「自分の形でしっかり走ってくれました。引きつけて良いタイプではないので、あまり落とさずどこまで、と思いましたが坂を上がってから苦しくなりました。ただ、能力はありますし、1200mに戻れば今日の経験が活きると思います」

6着 タイセイプライド(岩田康誠騎手)
「折り合いはついていて、スムーズに運べましたが、最後は同じ脚色になってしまいました。ただ、かからずに落ち着いてレースをすることはできました」

7着 ダノンスマッシュ(戸崎圭太騎手)
「出負けして後ろからになってしまいました。その後も伸びあぐねた感じでした」

関連記事

勝ち馬プロフィール

ミスターメロディ(Mr Melody)牡3/鹿毛 藤原 英昭(栗東)
父:Scat Daddy 母:Trusty Lady 母父:Deputy Minister
馬名の由来:曲名

関連記事

コメント

  1. 豊マニア より:

    1400mでこれだけ走れるとは思わんかった。今後も短距離のパートナーだね