【スプリングステークス2019】出走予定馬・予想オッズ/昨年はここから皐月賞馬が

スプリングステークス 2018 ステルヴィオ

スプリングステークス2019の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2019年のスプリングステークスの出走予定馬にはファンタジストやクリノガウディーなどが名を連ねています。昨年2着だったエポカドーロは皐月賞馬に、勝ち馬のステルヴィオもG1馬と出世。今年もここから出世を目指す。

昨年はここから皐月賞馬が

2019年3月17日(日) | 2回中山8日 | 15:45 発走
第68回 スプリングステークス(GII)芝・右 1800m
Spring Stakes(Japanese 2000 Guineas Trial) (G2)

スポンサーリンク

2019年・スプリングステークスの出走予定馬たち

小倉2歳ステークス 2018 ファンタジスト

2019年のスプリングステークスの出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは16頭となっています。
赤文字の馬・騎手は14日にJRAが発表した出走が確定した馬と騎手です。

出走予定馬
  • アンクルテイオウ(四位洋文)
  • エメラルファイト(石川裕紀人)
  • カラテ(黛弘人)
  • キュアン(藤田菜七子)
  • クリノガウディー(藤岡佑介)
  • ゲバラ(柴山雄一)
  • コスモカレンドゥラ(丹内祐次)
  • シークレットラン(内田博幸)
  • タガノディアマンテ(田辺裕信)
  • ディキシーナイト(石橋脩)
  • ニシノカツナリ(勝浦 正樹)
  • ヒシイグアス(F.ミナリク)
  • ファンタジスト(武豊)
  • フィデリオグリーン(野中悠太郎)
  • モズベッロ(未定)
  • ユニコーンライオン(松山弘平)
  • リバーシブルレーン(大野拓弥)
  • リーガルメイン(三浦皇成)
  • ロジャーバローズ(川田将雅)
関連記事
同週に行われる他の重賞もチェック!

阪神大賞典2019の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2019年の阪神大賞典の出走予定馬にはシャケトラやリッジマンなどが名を連ねています。天皇賞春につながる貴重な長距離重賞。自慢のスタミナで勝負に挑む。
ファルコンステークス2019の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2019年のファルコンステークスの出走予定馬にはハッピーアワーやヴァッシュモンなどが名を連ねています。短距離馬には待ちに待った重賞戦。持てるスピードを爆発させろ。
フラワーカップ2019の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2019年のフラワーカップの出走予定馬にはコントラチェックやエールヴォアなどが名を連ねています。ここ6年は3番人気以内の馬が優勝するなど比較的堅い決着が目立つ。今年も人気馬決着になる?

出走予定馬・ピックアップ

葉牡丹賞 2018 シークレットラン

中山競馬場で行われるG2「スプリングステークス」。
出走予定馬から注目したい馬をピックアップした。

ファンタジスト(Fantasist)

ファンタジスト・3歳牡馬
4戦3勝 [3-0-0-1]
父:ロードカナロア
母:ディープインアスク
母父:ディープインパクト
馬名の由来:夢想家
前走:朝日杯フューチュリティステークス・4着(3番人気)
(鞍上予定:武豊)

真価問われる距離延長「ファンタジスト」

ここまで京王杯2歳ステークスなど重賞2勝、G1でも4着とメンバー随一の実績馬のファンタジスト。
この馬にとって今回のポイントは距離にあるはずだ。
武豊騎手が前走後のコメントで「マイルまでは問題ない」と発言しており、初の1800m戦となるスプリングステークスでどんな競馬を見せるか。

1週前の追い切りでは坂路で休み明けを感じさせない素晴らしい動きを見せており、状態に不安なし。
今後の路線を占う重要な一戦となりそうだ。

ピックアップレース
京王杯2歳ステークス2018の結果・動画をまとめた記事です。今年の着順は1着:ファンタジスト、2着:アウィルアウェイ、3着:カルリーノとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
ヒシイグアス(Hishi Iguazu)

ヒシイグアス・3歳牡馬
3戦2勝 [2-1-0-0]
父:ハーツクライ
母:ラリズ
母父:Bernstein
馬名の由来:冠名+アルゼンチンにある最大の滝
前走:若竹賞・1着(1番人気)
(鞍上予定:F.ミナリク)

3連勝で本番へ「ヒシイグアス」

連勝の勢いで重賞に初挑戦するのはヒシイグアス。
新馬戦こそラストドラフト(G3・京成杯 1着)に敗れたものの、中山コースに変わったここ2戦は逃げて連勝中。
得意の中山で重賞ゲットだ。

クリノガウディー(Kurino Gaudi)

クリノガウディー・3歳牡馬
3戦1勝 [1-1-0-1]
父:スクリーンヒーロー
母:クリノビリオネア
母父:ディアブロ
馬名の由来:冠名+人名より
前走:朝日杯フューチュリティステークス・2着(9番人気)
(鞍上予定:藤岡佑介)

G1・2着の評価は如何に「クリノガウディー」

前走の朝日杯フューチュリティステークスでは9番人気と決して評価は高くなかったものの、うまく立ち回り2着と激走した。
4コーナーで他馬との接触するアクシデントがなければもっと接戦だっただろう。

この中間にはすこしアクシデントがあった。
シンザン記念に出走予定だったが追い切り時に軽傷を負い回避するなど、少し予定が狂っているだけにしっかり状態を見極めたい。

ピックアップレース
朝日杯フューチュリティステークス2018の結果・動画をまとめた記事です。今年の着順は1着:アドマイヤマーズ、2着:クリノガウディー、3着:グランアレグリアとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
ロジャーバローズ(Roger Barows)

ロジャーバローズ・3歳牡馬
3戦2勝 [2-1-0-0]
父:ディープインパクト
母:リトルブック
母父:Librettist
馬名の由来:人名より+冠名
前走:福寿草特別・1着(1番人気)
(鞍上予定:川田将雅)

優先出走権に手が届くか「ロジャーバローズ」

3戦2勝・2着1回と連対を外していない良血馬ロジャーバローズが初の重賞に挑む。
前走の福寿草特別では6頭立てと小頭数の戦いだったが、力強く抜け出し2勝目を挙げた。

賞金的にクラシック出走は厳しいところ。
3着までに与えられる皐月賞の優先出走権を是が非でも奪い取れ。

ピックアップレース
ロジャーバローズが制した2歳新馬戦の動画・結果です。2歳新馬戦の結果は1着:ロジャーバローズ、2着:ポイントオブオナー、3着:ミケランジェロ。「ロジャーバローズ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

他にもスプリングステークスにはクロッカスステークスを制したディキシーナイトやホープフルステークスで4着に入った経験があるコスモカレンドゥラ、京成杯では1番人気に支持されるも4着に敗れたシークレットランなども出走を予定しています。

スプリングステークスは2019年3月17日(日)の15時45分発走予定です。

スプリングステークス2019の予想オッズ

予想オッズ

2019年・スプリングステークスの予想オッズはこのように予想しています。
これまでに重賞を2勝し、G1でも4着に入ったファンタジストが1番人気に支持されると予想します。
上位5頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. ファンタジスト(3.0)
  2. クリノガウディー(3.5)
  3. ロジャーバローズ(4.5)
  4. ヒシイグアス(6.0)
  5. シークレットラン(7.5)
  6. ディキシーナイト(12.0)
  7. タガノディアマンテ(18.0)
  8. エメラルファイト(21.0)
  9. コスモカレンドゥラ(30.0)
  10. ユニコーンライオン(35.0)
  11. ニシノカツナリ(☆)
  12. ゲバラ(☆)
  13. リーガルメイン(☆)
  14. リバーシブルレーン(☆)
  15. アンクルテイオウ(☆)
  16. キュアン(☆)
  17. モズベッロ(☆)
  18. カラテ(☆)
  19. フィデリオグリーン(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

スプリングステークス2019の日程・賞金

スプリングステークス

スプリングステークス

日程・発走予定時刻
2019年3月17日(日)15時45分発走予定

場所・距離
中山競馬場・芝・1800m


G2

1着賞金
5,400万円

プレイバック

スプリングステークス 2018 ステルヴィオ

2018年3月18日(日)スプリングステークス(GII)

1着:ステルヴィオ
2着:エポカドーロ(ハナ)
3着:マイネルファンロン(3-1/2馬身)
4着:バールドバイ(ハナ)
5着:レノヴァール(アタマ)

勝ちタイム:1.48.1
優勝騎手:C.ルメール
馬場:良

スプリングステークス
スプリングステークス 2018の動画・結果です。スプリングステークスの結果は1着:ステルヴィオ、2着:エポカドーロ、3着:マイネルファンロン。「ステルヴィオ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。
レース後のコメント
1着 ステルヴィオ(C.ルメール騎手)
「負けたと思った。休み明けで重賞を勝ててうれしい。最後はいい脚を使う瞬発力がある。去年はスタートの後が緩かったが、今年はスタートもいい。いいポジションを取れて、よくなっている。(初コースの中山は)丁度良かった。バランスがよかったので問題はない。(皐月賞の2000メートルは)問題ない。去年からもっと距離が欲しいと思っていた。」