【札幌2歳ステークス2020】結果・動画/ソダシがレコードで重賞初V

【札幌2歳ステークス2020】結果・動画/ソダシがレコードで重賞初V

札幌2歳ステークス2020 ソダシ

札幌2歳ステークス2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の札幌2歳ステークスの着順は1着:ソダシ、2着:ユーバーレーベン、3着:バスラットレオンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

白い馬体が鮮やかに!2020年の札幌2歳ステークスはソダシがレコードで重賞初V

2020年9月5日(土) | 2回札幌7日 | 15:25 発走
第55回 札幌2歳ステークス(GIII)芝・右 1800m
Sapporo Nisai Stakes (G3)

スポンサーリンク

2020年・札幌2歳ステークスの動画

関連記事

昨年の札幌2歳ステークスはブラックホールが制していた。

札幌2歳ステークス2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の札幌2歳ステークスの着順は1着:ブラックホール、2着:サトノゴールド、3着:ダーリントンホールとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年・札幌2歳ステークスの結果

スポンサーリンク

1着:ソダシ
2着:ユーバーレーベン(クビ)
3着:バスラットレオン(1-3/4馬身)
4着:アオイゴールド(1/2馬身)
5着:ヴェローチェオロ(クビ)
6着:ヴィゴーレ
7着:コスモアシュラ
8着:ウイングリュック
9着:ウインルーア
10着:リキサントライ
11着:ジオルティ
12着:カガフラッシュ
13着:ピンクカメハメハ
14着:スライリー

勝ちタイム:1.48.2(レコード
優勝騎手:吉田 隼人
馬場:良

レース後のコメント

札幌2歳ステークス2020 ソダシ

1着 ソダシ(吉田隼人騎手)
「ホッとしています。早めに動く展開になりましたが、よく押し切ってくれました。1回レースを使ってハミ掛かりが良くなっていたので、そのあたりを注意していきたい。口向きに難しいところがあるので。連勝できる力があるし、これからも順調にいってほしいですね」

(須貝尚介調教師)
「外からこられて早いなと思ったが、その馬が2着に来ているし、戸崎騎手のペース判断はさすが。指示は4角先頭のつもりでいいぞ、と。積極的なレースを心がけてもらった。サッと切れる脚はないけど、長くいい脚を使うので。普段は落ち着いているが、牝馬で気がいいからハミを取るところがあった。そういう面も含めて今後どこを使うか考えていきたい。(阪神JFやクラシックなど今後について)賞金面では心配することがなくなった。オーナーと相談してじっくり考えたい。ダート血統でもあるからいろんなプランがある。(なぜ芝デビュー?)走りを見て芝でも対応できると確信した。固定しないで判断したということ。(吉田)隼人もトレセンから攻め馬を一生懸命やってくれて、それが生きたんだと思う。きれいな走りしていた。すごいね。人気が出そうだね。アイドルホースになりつつあるから大事に育ててまたお披露目できれば。厩務員、スタッフが大変だよ(笑い)。オーナーにもいい馬をいつも預けてもらって感謝しかない」

2着 ユーバーレーベン(戸崎圭太騎手)
「気性的に成長がほしい。オンとオフの切り替えができていなくてレースの流れに乗れていない。こんな大ざっぱな競馬でも2着に来るんだから能力はある」

3着 バスラットレオン(坂井瑠星騎手)
「返し馬でも落ち着いていてゲートも速かった。新馬戦と違って持久力勝負になった。負けたのは悔しいですが、いい馬だと思います。今後も期待できます」

4着 アオイゴールド(団野大成騎手)
「外枠が良かったです。スムーズに動けました。大人し過ぎるところがあり、もう少し反応すれば、もっと良いと思います」

5着 ヴェローチェオロ(大野拓弥騎手)
「枠も良くて、ロスなく運べていた。連闘でも力を出してくれた」

6着 ヴィゴーレ(池添謙一騎手)
「ゲートは出なかったけど上手に走れていた。ジリジリと脚は使っている。まだ緩いし、これからの馬」

8着 ウイングリュック(和田竜二騎手)
「いい馬だけど、手応えに余裕がなかった。使い込んだら良くなってきそう」

9着 ウインルーア(横山武史騎手)
「時計も速かったし、掘れた馬場も良くなかった。3、4コーナーでスムーズさを欠いた」

11着 ジオルティ(C.ルメール騎手)
「最初はリラックスしていなかった。3コーナーから忙しくなった。まだ緩い」

13着 ピンクカメハメハ(武豊騎手)
「止まったね。向こう正面で息を入れたい時に苦しくなった。まだ成長途上」

勝ち馬プロフィール

札幌2歳ステークス2020 ソダシ

ソダシ(Sodashi)牝2/白毛 須貝 尚介(栗東)
父:クロフネ 母:ブチコ 母父:キングカメハメハ
馬名の由来:純粋、輝き(サンスクリット)

関連記事
ソダシは函館で行われた新馬戦を快勝していた。
ソダシが勝利した2歳新馬戦の動画・結果をまとめた記事です。今回の着順は1着:ソダシ、2着:ギャラントウォリア、3着:ロジモーリスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。