【ローズステークス2020】結果・動画/リアアメリアが抜け出し快勝

ローズステークス2020 リアアメリア

ローズステークス2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のローズステークスの着順は1着:リアアメリア、2着:ムジカ、3着:オーマイダーリンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年のローズステークスはリアアメリアが抜け出し快勝

2020年9月20日(日) | 2回中京4日 | 15:35 発走
第38回 ローズステークス(GII)芝・左 2000m
Rose Stakes(Shuka Sho Trial) (G2)

スポンサーリンク

2020年・ローズステークスの動画

関連記事

昨年のローズステークスはダノンファンタジーが制していた。

ローズステークス2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のローズステークスの着順は1着:ダノンファンタジー、2着:ビーチサンバ、3着:ウィクトーリアとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年・ローズステークスの結果

スポンサーリンク

1着:リアアメリア
2着:ムジカ(2馬身)
3着:オーマイダーリン(1-1/4馬身)
4着:デゼル(クビ)
5着:クラヴァシュドール(クビ)
6着:リリーピュアハート
7着:アカイイト
8着:フィオリキアリ
9着:ラインオブダンス
10着:シャレード
11着:フアナ
12着:アブレイズ
13着:ヤマニンプティパ
14着:シャムロックヒル
15着:セウラサーリ
16着:チャイカ
17着:エレナアヴァンティ
18着:ウーマンズハート

勝ちタイム:1.59.9
優勝騎手:川田 将雅
馬場:良

関連記事
G1・秋華賞をにぎわす馬は?
秋華賞は2020年10月18日に京都競馬場で行われる3歳牝馬の三冠レース最終戦。秋華賞は2020年で第25回を迎え、昨年はクロノジェネシスが制した。秋華賞の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

レース後のコメント

ローズステークス2020 リアアメリア

1着 リアアメリア(川田将雅騎手)
「やっと本来の走りを見せることができました。中間はとてもいい状態で丁寧に調教をして、能力を出せるようになっていました。中間もこういう競馬をしようと考えて調教してきましたし、その通りにできました。もともとポテンシャルがあまりに高すぎて、うまく引き出せず、いい内容の走りができていませんでしたが、いい状態で競馬に臨めたのが何よりです」

(中内田充正調教師)
「事前の打ち合わせ通りの競馬ができたと思う。1番枠を生かすように正攻法の競馬でした。近走は歯がゆい結果でしたが、ようやくリアアメリアの走りをレースで見せることができました。ひと夏越して体も精神的にも大人になったと思う」

2着 ムジカ(秋山真一郎騎手)
「よく頑張りました。イメージ通りの競馬ができました。一回使って良くなっています。権利を取れて良かったです。いい状態をキープして本番を迎えられたらと思います」

3着 オーマイダーリン(和田竜二騎手)
「ゲートを出ず後ろからになり、内を通って進めましたが、直線ではうまく前が開いてくれました。連闘で少し硬さがあったけど、レースでは問題なかったです。権利を取れて良かったです」

4着 デゼル(武豊騎手)
「外枠でスタートが悪く、つらいレースになりました。直線では脚を使っていたけど、あそこまで。乗ったのはデビュー戦以来だけど、良くなっています。まだ良くなるし、能力のある馬です」

5着 クラヴァシュドール(M.デムーロ騎手)
「遅いペースでしたが、いいポジションで進められました。2、3着はあるかと思ったけど、最後に止まりました。久しぶりのぶんでしょうか。少し太かったのは先のことを考えたら、いいと思います。次が楽しみです」

6着 リリーピュアハート(福永祐一騎手)
「いい感じで直線に入り、どれだけ伸びるかと思ったのだが…。流れが落ち着いたこともあり、脚いろが一緒になった。ギアが入り切らなかった」

7着 アカイイト(藤岡佑介騎手)
「もう少しポジションを取りたかったけど、ゲートで隣の馬がつまずいたこともあり、スピードに乗り切ることができませんでした。それでも内からしぶとく伸びて、良くなっていきそうな馬です」

8着 フィオリキアリ(北村友一騎手)
「もう少し4コーナーでうまくさばけていたら、差は詰まっていたと思います。テンションが高いけど、競馬では上手に走り、センスのいい馬です」

9着 ラインオブダンス(坂井瑠星騎手)
「外枠(18番)で厳しかったけど、リズム良く運べて、差のないところまで来ています。自己条件ならと思います」

10着 シャレード(戸崎圭太騎手)
「ずっとテンションが高く、道中でムキになって走っていました。ワンターンの競馬の方がいいと思います」

11着 フアナ(C.ルメール騎手)
「スタートから進んでいきませんでした。ずっと忙しかったです。ちょっとだけ伸びたけど、坂で止まりました」

12着 アブレイズ(藤井勘一郎騎手)
「楽にいい位置で、勝ち馬の外から進められました。でも、直線を向いて、あれっ? という感じで…。分かりません」

13着 ヤマニンプティパ(竹之下智昭騎手)
「札幌からの中1週で、体が減っていました(マイナス20キロ)。内枠でロスなく進めることはできたのですが…。自己条件なら頑張れると思います」

14着 シャムロックヒル(団野大成騎手)
「外を回る形になったけど、手応え良く進めることができました。自己条件ならと思います」

15着 セウラサーリ(池添謙一騎手)
「道中で力んで走っていました。もう少し距離は短い方がいいのでは。それでも体がぶれなくなって、体幹がしっかりしてきました。適距離に戻れば、いい走りができると思います」

16着 チャイカ(松山弘平騎手)
「スタートでつまずいて、この馬の競馬ができませんでした」

17着 エレナアヴァンティ(幸英明騎手)
「自分の競馬をして距離をこなしてくれたらと思っていたのですが、止まってしまいました」

18着 ウーマンズハート(藤岡康太騎手)
「リズム良く進められたけど、3コーナーを過ぎて手応えが怪しくなりました。距離的なものがあるのかもしれません」

勝ち馬プロフィール

ローズステークス2020 リアアメリア

リアアメリア(Ria Amelia)牝3/黒鹿毛 中内田 充正(栗東)
父:ディープインパクト 母:リアアントニア 母父:Rockport Harbor
馬名の由来:母名の一部+「愛されるもの」を意味する女性名

関連記事
リアアメリアは昨年のアルテミスステークスで重賞初制覇を果たしていた。
アルテミスステークス2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のアルテミスステークスの着順は1着:リアアメリア、2着:サンクテュエール、3着:ビッククインバイオとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。