【クイーンカップ2023】結果・動画/ハーパーが接戦を制する

クイーンカップ2023 ハーパー

クイーンカップ2023の結果・動画をまとめた記事です。2023年のクイーンCの着順は1着:ハーパー、2着:ドゥアイズ、3着:モリアーナとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2023年のクイーンカップはハーパーが接戦を制する

2023年2月11日(土) | 1回東京5日 | 15:45 発走
第58回 クイーンカップ(GIII)芝・左 1600m
Queen Cup (G3)

スポンサーリンク

2023年・クイーンカップの動画

関連記事
昨年のクイーンカップはプレサージュリフトが制していた。
クイーンカップ2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年のクイーンCの着順は1着:プレサージュリフト、2着:スターズオンアース、3着:ベルクレスタとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2023年・クイーンカップの結果

スポンサーリンク

1着:ハーパー
2着:ドゥアイズ(クビ)
3着:モリアーナ(ハナ)
4着:イングランドアイズ(1/2馬身)
5着:グランベルナデット(1馬身)
6着:ウンブライル
7着:アスパルディーコ
8着:ミカッテヨンデイイ
9着:リックスター
10着:ウヴァロヴァイト
11着:メイドイットマム
12着:ブラウンウェーブ
13着:ニシノカシミヤ
14着:オンザブロッサム
15着:ミシシッピテソーロ
16着:ゴールドレコーダー

勝ちタイム:1:33.1
優勝騎手:川田 将雅
馬場:稍重

関連記事
G1・桜花賞をにぎわす馬は?
桜花賞は2023年4月9日に阪神競馬場で行われる牝馬クラシックの1戦目。桜花賞は2023年で第83回を迎え、桜の女王の栄冠を求め乙女が熾烈なバトルを繰り広げる。昨年はスターズオンアースが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

クイーンカップ2023 ハーパー

1着 ハーパー(川田将雅騎手)
「前半からいい形にならず、苦しい形の道中だったので、馬にはストレスが大きいレースだったと思います。素質は高いけど、まだ身体も精神的にも幼く、最後も動かし切って何とか動いてもらっている現状。だけど1600をしっかり勝つことができたので、桜花賞へ向かえます。その中で、身体の成長、精神の成長が伴えば、もうひとついい走りができると思います」

(友道康夫調教師)
「輸送も道中でぶつかったのも初めてのことだったけど、それでも頑張ってくれた。体重は若干絞ったのと、初の輸送で減ったけど、見た感じは細くないしちょうどいいかな。距離は2000から2400くらいがいいと思う。血統的にもハーツクライだし、じわじわくるタイプだからね。このまま桜花賞、オークスといきたい。川田騎手には『オークスをお願いします』と言っておくよ(笑い)。新馬の前から調教では動いていたので期待はしていたし、1勝馬だけど重賞に挑戦しようということになった」

2着 ドゥアイズ(吉田隼人騎手)
「今日はキレ負けしないように前めにつけて運びました。もうちょっと距離があった方がいいかもしれません。スタミナ勝負になれば、また違うと思います」

3着 モリアーナ(武藤雅騎手)
「前走はかかってしまいに脚を使えませんでしたが、今日は折り合いがスムーズで反省は生かせました。直線はふたをされる前に早めに踏んでいったぶん、最後は伸びきれませんでしたが、能力は再確認できたので、また頑張りたいです」

4着 イングランドアイズ(横山和生騎手)
「1600メートルにも上手に対応して、いい感じで運べました。少しうわずるような走りで、芯が入ってほしい現状ですが、これから良くなってくると思います」

5着 グランベルナデット(松山弘平騎手)
「ゲートに癖のある馬で、今日はスタートが悪い方に出てしまいました。好位で競馬をしたかったのですが、思っていたような競馬ができず申し訳ありません」

6着 ウンブライル(C.ルメール騎手)
「道中忙しかった。ずぶいところがある。ブリンカーを着けてもよいかも」

7着 アスパルディーコ(田辺裕信騎手)
「1600メートルが若干忙しい感じで脚をためきれませんでした。でも、まだまだ上積みがある馬だと思います」

8着 ミカッテヨンデイイ(松岡正海騎手)
「レースまでの落ち着きがカギでしたが、ある程度落ち着いていて、進歩はありました。だてにオープンを勝っているわけじゃない。能力はある馬です。距離は1600メートルくらいがいいと思います」

9着 リックスター(三浦皇成騎手)
「ゲートで接触したり、3コーナーで他馬を気にする面もあって、修正しながらの競馬になりました。まだ現状はプレッシャーがかからないような競馬が合っていると思います」

10着 ウヴァロヴァイト(横山武史騎手)
「前走以上の状態で、いい手応えで回ってこられましたが、直線でぶつけられて戦意を喪失してしまいました」

11着 メイドイットマム(本橋孝太騎手)
「テンのスピードが違いましたね。しまいはいい脚を使ってくれました。慣れてくれば芝でもやれそうです」

12着 ブラウンウェーブ(大野拓弥騎手)
「競馬はスムーズでしたが、まだめりはりが利く競馬場より小回りの方が合っていそうです」

13着 ニシノカシミヤ(永野猛蔵騎手)
「いつも落ち着いて臨めていますし、今日もいいダッシュ力をみせてくれましたが、結果的に芝は合いませんでした」

14着 オンザブロッサム(津村明秀騎手)
「この馬のレースをしつつ、いいスピードも見せてくれました。これから体が大きくなってくれば、もう少しやれるようになると思います」

15着 ミシシッピテソーロ(戸崎圭太騎手)
「外枠が厳しかったですね。距離も、もう少し短い方がこの馬のセンスが生きると思います」

16着 ゴールドレコーダー(田中勝春騎手)
「道中気負っていた」

勝ち馬プロフィール

クイーンカップ2023 ハーパー

ハーパー(Harper)牝3/鹿毛 友道 康夫(栗東)
父:ハーツクライ 母:セレスタ 母父:Jump Start
馬名の由来:ハープを弾く人