【プラチナジュビリーステークス2022】結果・動画/ネイヴァルクラウンが差し切る

プラチナジュビリーステークス2022 ネイヴァルクラウン

プラチナジュビリーステークス2022の結果・動画です。イギリスで行われたプラチナジュビリーSの着順は1着:Naval Crown(ネイヴァルクラウン)、2着:Creative Force、3着同着:Artorius、3着同着:Campanelleとなりました。レースの詳しい結果、動画をご覧ください。

2022年のプラチナジュビリーステークスはネイヴァルクラウンが差し切る

プラチナジュビリーステークス(Platinum Jubilee Stakes)
2022年6月19日、イギリス・アスコット競馬場
芝1200m、G1、24頭

スポンサーリンク

2022年・プラチナジュビリーステークスの動画

関連記事
昨年のダイアモンドジュビリーステークスはドリームオブドリームスが優勝していた。
ダイアモンドジュビリーステークス2021の結果・動画です。イギリスで行われたダイヤモンドジュビリーステークスの着順は1着:Dream Of Dreams(ドリームオブドリームス)、2着:Glen Shiel、3着:Art Powerとなりました。レースの詳しい結果、動画をご覧ください。

2022年・プラチナジュビリーステークスの結果

スポンサーリンク

1着:Naval Crown・ネイヴァルクラウン
2着:Creative Force(クビ)
3着同着:Artorius(1/2馬身)
3着同着:Campanelle(同着)
5着:Sacred(クビ)
6着:Highfield Princess
7着:Happy Romance
8着:Kinross
9着:Alcohol Free
10着:Run To Freedom
11着:Double Or Bubble
12着:Diligent Harry
13着:Minzaal
14着:King’s Lynn
15着:Emaraaty Ana
16着:Gustavus Weston
17着:A Case Of You
18着:Umm Kulthum
19着:Grenadier Guards・グレナディアガーズ
20着:Home Affairs
21着:Garrus
22着:Vadream
23着:Dragon Symbol
24着:Great Ambassador

勝ちタイム:1.12.17
勝利騎手:James Doyle
馬場:Good To Firm

スポンサーリンク

レース後のコメント

19着 グレナディアガーズ(C.デムーロ騎手)
「馬場が柔らかく、向きませんでした。結果的に外側の方が走りやすかったかもしれません」

(中内田充正調教師)
「グッドファーム(良)ということでしたが、こっちが思っていたような馬場ではなく、日本でいう稍重ぐらいだった。クリスチャン(デムーロ)も第一声で『6ハロンは少し忙しすぎると思う』と言っていた。適性の問題だったかもしれない」

勝ち馬プロフィール

プラチナジュビリーステークス2022 ネイヴァルクラウン

勝ち馬:ネイヴァルクラウン(Naval Crown)
父:Dubawi 母:Come Alive 母父:Dansili