【ペガサスジャンプステークス2018】動画・結果/マイネルクロップが一騎打ちを制す

ペガサスジャンプステークス 2018 マイネルクロップ

ペガサスジャンプステークス 2018の動画・結果です。ペガサスジャンプステークスの結果は1着:マイネルクロップ、2着:ニホンピロバロン、3着:タマモプラネット。「マイネルクロップ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

5番人気・山本騎手騎乗のマイネルクロップが一騎打ちを制す

2018年3月24日(土) | 3回中山1日 | 14:01発走
ペガサスジャンプステークス 障害・芝・外 3350m
PEGASUS JUMP STAKES

動画

関連記事
昨年のペガサスジャンプステークスはメイショウヒデタダが制していた。
【ペガサスジャンプステークス 2017】動画・結果/メイショウヒデタダが8馬身差の圧勝

結果

1着:マイネルクロップ
2着:ニホンピロバロン(クビ)
3着:タマモプラネット(5馬身)
4着:マイネルプロンプト(8馬身)
5着:クラウンフレイム(8馬身)
6着:テイエムオペラドン
7着:クランモンタナ
8着:ヨカグラ

勝ちタイム:3.43.5
優勝騎手:山本 康志
馬場:良

レース後のコメント

1着 マイネルクロップ(山本康志騎手)
「人気馬の後ろでレースをしようと思っていたので、その通りのレースが出来ました。どれだけこのメンバーを相手に通用するか量ろうと思っていました。中山が合うのは前走で分かっていたので、距離延長に合わせた調教をしてきたつもりです。今日は馬に感謝です」

2着 ニホンピロバロン(高田潤騎手)
「長期休み明けに加えて斤量を背負っていて、最後に苦しくなりましたが、それ以外はさすがの走りでした。無事なら強い馬です。あとは何事も無く行ってくれれば……」

5着 クラウンフレイム(北沢伸也騎手)
「芝の外回りコースへ出て行った1つ目の障害で勢いがついたので、これならと思いましたが、最後から2つ前の障害でエンジンを使い切ったような感じになりました。谷の下りで気を置いているような感じで、その辺りで消耗していたのかもしれません」

関連記事
春の障害G1・中山グランドジャンプは4月14日に行われる。
【中山グランドジャンプ2018】出走予定馬・日程・賞金/絶対王者が偉業に挑む

勝ち馬プロフィール

ペガサスジャンプステークス 2018 マイネルクロップ

マイネルクロップ(Meiner Crop)牡8/芦毛 畠山 吉宏(美浦)
父:クロフネ 母:グレートハーベスト 母父:サンデーサイレンス
馬名の由来:冠名+収穫

関連記事