【中山グランドジャンプ2021】出走予定馬・予想オッズ・賞金/新たに紡ぐジャンプの歴史

中山グランドジャンプ 2017 オジュウチョウサン

中山グランドジャンプは2021年4月17日に中山競馬場で行われる春の障害ビッグレース。中山グランドジャンプは2021年で第23回を迎え、昨年はオジュウチョウサンが勝利し五連覇を達成した。中山GJの出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・昨年の結果などをチェックしてみよう。

新たに紡ぐジャンプの歴史
スポンサーリンク

2021年・中山グランドジャンプの出走予定馬をチェック

中山グランドジャンプの枠順決定!(4月16日)

中山グランドジャンプ2021 枠順

2021年・中山グランドジャンプの枠順が発表されました。

人気が予想されるところではオジュウチョウサンが4枠4番、メイショウダッサイは6枠6番、タガノエスプレッソは3枠3番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

出走予定馬(4月11日)

2021年の中山グランドジャンプの出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは16頭となっています。

  • オジュウチョウサン(石神深一)
  • ケンホファヴァルト(熊沢重文)
  • シンキングダンサー(五十嵐雄祐)
  • スマートアペックス(中村将之)
  • タガノエスプレッソ(平沢健治)
  • ヒロシゲセブン(高田潤)
  • マイネルプロンプト(北沢伸也)
  • メイショウダッサイ(森一馬)
中山グランドジャンプ・注目馬ピックアップ

2021年・中山グランドジャンプの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

オジュウチョウサン(Oju Chosan)

オジュウチョウサン・10歳牡馬
父:ステイゴールド
母:シャドウシルエット
母父:シンボリクリスエス
主な勝鞍:2019年・中山グランドジャンプ
馬名の由来:家族名より+冠名

2020年の優勝で史上初の五連覇を達成した歴史的名馬。
六連覇を達成し新たな競馬の歴史に名を刻むか。

メイショウダッサイ(Meisho Dassai)

メイショウダッサイ・8歳牡馬
父:スズカマンボ
母:スズカブルーム
母父:スキャターザゴールド
主な勝鞍:2020年・中山大障害
馬名の由来:冠名+獺祭

昨年の中山大障害を制し悲願のJ・G1制覇を果たした。
今度はオジュウチョウサンを下してのJ・G1制覇を狙う。

タガノエスプレッソ(Tagano Espresso)

タガノエスプレッソ・9歳牡馬
父:ブラックタイド
母:タガノレヴェントン
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2020年・京都ジャンプステークス
馬名の由来:冠名+急行(伊)

京都ジャンプステークスでオジュウチョウサンを倒した実績あり。
中山大障害3着の悔しさを糧に。

シンキングダンサー(Thinking Dancer)

シンキングダンサー・8歳せん馬
父:コンデュイット
母:スプリングボード
母父:アサティス
主な勝鞍:2017年・東京ジャンプステークス
馬名の由来:冠名+踊り手

2021年も参戦すれば4年連続での挑戦となる。
2019年に2着があるようにスタミナは十分。

ケンホファヴァルト(Ken Hovawart)

ケンホファヴァルト・8歳牡馬
父:マーベラスサンデー
母:エイシンパンジー
母父:トニービン
主な勝鞍:2020年・障害3歳以上未勝利
馬名の由来:冠名+犬種の一つ

昨年の中山大障害では0.3秒差の2着。
ぶっつけ本番でどこまでやれるか。

マイネルプロンプト(Meiner Prompt)

マイネルプロンプト・9歳せん馬
父:マツリダゴッホ
母:コスモクラッベ
母父:マイネルラヴ
主な勝鞍:2019年・ペガサスジャンプステークス
馬名の由来:冠名+速やかな

1年半の休養から2走使われて本番へ向かう。

スマートアペックス(Smart Apex)

スマートアペックス・4歳牡馬
父:ハーツクライ
母:スマートムービー
母父:サクラバクシンオー
主な勝鞍:2021年・中山新春ジャンプステークス
馬名の由来:冠名+絶頂、極致

重賞初挑戦となった前走の阪神スプリングジャンプではメイショウダッサイに突き放されたもののしぶとく2着に入った。
若さを武器にベテランたちに挑戦だ。

ヒロシゲセブン(Hiro Shige Seven)

ヒロシゲセブン・6歳牡馬
父:ディープブリランテ
母:ダイイチボタン
母父:ティンバーカントリー
主な勝鞍:2021年・牛若丸ジャンプステークス
馬名の由来:人名より+7

中山グランドジャンプ2021の予想オッズ

スポンサーリンク
予想オッズ

予想オッズ

2021年・中山グランドジャンプの予想オッズはこのように予想しています。
前代未聞の6連覇を狙う絶対王者・オジュウチョウサンが1番人気に支持されると予想します。
上位2頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. オジュウチョウサン(1.5)
  2. メイショウダッサイ(1.8)
  3. タガノエスプレッソ(12.0)
  4. ケンホファヴァルト(35.0)
  5. シンキングダンサー(44.0)
  6. ヒロシゲセブン(☆)
  7. スマートアペックス(☆)
  8. マイネルプロンプト(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

中山グランドジャンプの日程・賞金

第23回 中山グランドジャンプ(Nakayama Grand Jump)

中山グランドジャンプ2019 オジュウチョウサン

2021年4月17日(土)中山競馬場
格:J・G1 1着本賞金:6,600万円
年齢:4歳以上 距離:4,250m(芝・右)

秋には中山コースでJ・G1の中山大障害が開催されている。

中山大障害
中山大障害は2020年12月26日に中山競馬場で行われる秋の障害ビッグレース。中山大障害は2020年で第143回を迎え、昨年はシングンマイケルが制した。中山大障害の出走予定馬・予想オッズ・賞金・日程・昨年の結果などをチェックしてみよう。

中山グランドジャンプ・プレイバック

中山グランドジャンプ2020 オジュウチョウサン

2020年の中山グランドジャンプを制したのは『オジュウチョウサン(Oju Chosan)』。石神深一騎手が手綱を執った1番人気のオジュウチョウサンが不良馬場をものともせずライバルを返り討ちにし、前人未到の同一重賞5連覇&障害重賞13連勝を達成した。
2着には3馬身差でメイショウダッサイ、さらに大差の3着にはブライトクォーツが入った。

中山グランドジャンプ(J・GI)

1着:オジュウチョウサン
2着:メイショウダッサイ(3馬身)
3着:ブライトクォーツ(大差)
4着:シンキングダンサー(大差)
5着:アズマタックン(8馬身)

勝ちタイム:5.02.9
優勝騎手:石神 深一
馬場:不良

2020年・中山グランドジャンプの全着順、コメントもチェック!
中山グランドジャンプ2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の中山グランドジャンプの着順は1着:オジュウチョウサン、2着:メイショウダッサイ、3着:ブライトクォーツとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする