【中山グランドジャンプ2020】出走予定馬・日程・賞金/新たに紡ぐジャンプの歴史

中山グランドジャンプ 2017 オジュウチョウサン

中山グランドジャンプは2020年4月18日に中山競馬場で行われる春の障害ビッグレース。中山グランドジャンプは2020年で第22回を迎え、昨年はオジュウチョウサンが勝利し四連覇を達成した。中山GJの出走予定馬・賞金・日程・昨年の結果などをチェックしてみよう。

新たに紡ぐジャンプの歴史
スポンサーリンク

2020年・中山グランドジャンプの出走予定馬をチェック

2020年・中山グランドジャンプの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

オジュウチョウサン(Oju Chosan)

オジュウチョウサン・9歳牡馬
父:ステイゴールド
母:シャドウシルエット
母父:シンボリクリスエス
主な勝鞍:2019年・中山グランドジャンプ
馬名の由来:家族名より+冠名

2019年の優勝で史上初の四連覇を達成した最強障害王。
五連覇を達成し新たな競馬の歴史に名を刻むか。

シングンマイケル(Shingun Michael)

シングンマイケル・6歳せん馬
父:シングンオペラ
母:ジェヴォーナ
母父:トウカイテイオー
主な勝鞍:2019年・中山大障害
馬名の由来:冠名+人名より

昨年末の中山大障害では悲願のJ・G1初制覇を果たした。
オジュウチョウサンを倒して真の障害王を目指す。

シンキングダンサー(Thinking Dancer)

シンキングダンサー・7歳牡馬
父:コンデュイット
母:スプリングボード
母父:アサティス
主な勝鞍:2017年・東京ジャンプステークス
馬名の由来:冠名+踊り手

昨年は中山グランドジャンプで2着、中山大障害で4着とビッグレースで上位争いを演じた。
そろそろ惜敗にピリオドを。

ブライトクォーツ(Bright Quartz)

ブライトクォーツ・6歳牡馬
父:ワークフォース
母:レースドール
母父:クロフネ
主な勝鞍:2019年・障害3歳以上未勝利
馬名の由来:石英の輝き

昨年の中山大障害では6番人気ながら2着と善戦した。
平地で勝利を上げられなかった落ちこぼれが障害で頂点を目指す。

トラスト(Trust)

トラスト・6歳牡馬
父:スクリーンヒーロー
母:グローリサンディ
母父:エイシンサンディ
主な勝鞍:2020年・牛若丸ジャンプステークス
馬名の由来:信頼

脚元と戦いながらも順調に勝利を重ねてきた。
平地で果たせなかったG1制覇をジャンプレースで叶えることが出来るか。

メイショウダッサイ(Meisho Dassai)

メイショウダッサイ・7歳牡馬
父:スズカマンボ
母:スズカブルーム
母父:スキャターザゴールド
主な勝鞍:2019年・小倉サマージャンプ
馬名の由来:冠名+獺祭

昨年の中山大障害で3着に入りG1でも通用する力を見せた。
前走のペガサスジャンプステークスでも7馬身差で圧勝しており充実一途。

中山グランドジャンプの日程・賞金

中山グランドジャンプ 2016

第22回 中山グランドジャンプ(Nakayama Grand Jump)

2020年4月18日(土)中山競馬場
格:J・G1 1着本賞金:6,600万円
年齢:4歳以上 距離:4,250m(芝・右)

中山グランドジャンプ・プレイバック

中山グランドジャンプ2019 オジュウチョウサン

2019年の中山グランドジャンプを制したのは「オジュウチョウサン(Oju Chosan)」。1.1倍の断然人気を背負い、各馬の厳しいマークにあうもすべてを乗り越え見事同一重賞四連覇の偉業を達成した。

中山グランドジャンプ(J・GI)

1着:オジュウチョウサン
2着:シンキングダンサー(2-1/2馬身)
3着:マイネルプロンプト(7馬身)
4着:ラピッドシップ(クビ)
5着:タイセイドリーム(クビ)

勝ちタイム:4.47.6
優勝騎手:石神 深一
馬場:良

2019年・中山グランドジャンプ
中山グランドジャンプ2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の中山GJの着順は1着:オジュウチョウサン、2着:シンキングダンサー、3着:マイネルプロンプトとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする