【新潟記念2021】結果・動画/マイネルファンロンが外からまとめて差し切る

新潟記念2021 マイネルファンロン

新潟記念2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の新潟記念の着順は1着:マイネルファンロン、2着:トーセンスーリヤ、3着:クラヴェルとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年の新潟記念はマイネルファンロンが外からまとめて差し切る

2021年9月5日(日) | 4回新潟8日 | 15:45 発走
第57回 新潟記念(GIII)芝・左 2000m
Niigata Kinen (G3)

スポンサーリンク

2021年・新潟記念の動画

関連記事
昨年の新潟記念はブラヴァスが制していた。
新潟記念2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の新潟記念の着順は1着:ブラヴァス、2着:ジナンボー、3着:サンレイポケットとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年・新潟記念の結果

スポンサーリンク

1着:マイネルファンロン
2着:トーセンスーリヤ(1/2馬身)
3着:クラヴェル(ハナ)
4着:ヤシャマル(1/2馬身)
5着:ラインベック(1-1/4馬身)
6着:プレシャスブルー
7着:サトノアーサー
8着:エフェクトオン
9着:リアアメリア
10着:レッドサイオン
11着:パルティアーモ
12着:ラーゴム
13着:ザダル
14着:ショウナンバルディ
15着:アドマイヤポラリス
16着:マイネルサーパス
17着:ギベオン

勝ちタイム:1.58.4
優勝騎手:M.デムーロ
馬場:良

関連記事
G1・天皇賞秋をにぎわす馬は?
天皇賞秋は2021年10月31日に東京競馬場で行われる秋の中距離王決定戦。天皇賞秋は2021年で第164回を迎え、昨年はアーモンドアイが制した。天皇賞秋の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

1着 マイネルファンロン(M.デムーロ騎手)
「先生からは気持ちが難しく、掛かる馬だと聞いていたが、調教はいい動きだと思って見た。スタートで躓いて後ろになったが、離れたのでリズム良くいけた。直線良いところに行って最後も頑張ってくれた。この勝負服で重賞を勝てていなかったので嬉しい。感謝」

(手塚貴久調教師)
「勝因はジョッキー。難しい馬なのによく乗ってくれた。折り合いがつき辛いが、向正面で折り合っていた。リラックスして走っていると能力はある馬。次走は未定」

2着 トーセンスーリヤ(横山和生騎手)
「こういう競馬を試してみたかった。リズム良く走って、馬との呼吸を確かめて。このクラスでできたので、この先につながる競馬になった。(57.5キロの)トップハンデで頑張ってくれました」

(小野次郎調教師)
「しょうがない。展開のアヤだね。ハンデを背負ってもしっかり走れていた。(サマー2000シリーズ王者は)権利があったから、これは外したくないと思っていた。勝てなかったけど、秋が楽しみになった」

3着 クラヴェル(横山典弘騎手)
「よく伸びてきたし、頑張っているよ」

4着 ヤシャマル(菅原明良騎手)
「リズム良く大切に行こうと思っていました。よく折り合って走ってくれました。リズム良く行けば長く脚を使ってくれますし、今日もじわじわと伸びてくれました。これからさらに力をつけて頑張って欲しいです」

5着 ラインベック(津村明秀騎手)
「この馬の競馬は出来たと思います。直線半ばまで手応えに余裕がありました。休み明けでしたしこれでまた良くなってくれればと思います」

6着 プレシャスブルー(柴田善臣騎手)
「体重は減っていたが、体調に変化はなかった。この馬なりに頑張っている」

7着 サトノアーサー(石川裕紀人騎手)
「スムーズな競馬が出来てイメージ通り運べました。ただ最近は1600mを使っていたからかラスト200mぐらいで止まってしまいました。良い馬なのでどこかでやれると思います」

8着 エフェクトオン(木幡巧也騎手)
「自分のリズムで運び、最後はどこまで脚を使えるかだと思っていた。直線で手応えはあったが、追ってしぶくなった。それでも差のない競馬をしているし、小回りだけでなく、こういう舞台でも力を出せたのは良かった。5歳でも、まだ上積みが期待できる」

9着 リアアメリア(川田将雅騎手)
「前半は良い内容でしたし、最後も頑張って走ろうとしていました。今できる事を精一杯出せていたと思います」

10着 レッドサイオン(杉原誠人騎手)
「道中はじっと脚をため、前に壁を作って運べた。最後もひと踏ん張りしたし、しぶとく頑張ってくれた」

11着 パルティアーモ(横山武史騎手)
「癖なのか分からないですが、少し左へモタれていました。強いメンバーで走った経験が先につながればでしょう」

12着 ラーゴム(池添謙一騎手)
「ここ2戦は力んで走ってレースにならなかったので、陣営から最後方になったとしても控える競馬をとの指示があったが、勝ち馬と接触してしまった。直線は内しかなかったし、ゆっくり競馬を覚えていかないとですね」

13着 ザダル(石橋脩騎手)
「前走と状態は変わらなかったと思います。(馬場の荒れた)内回りとの合流点の所も無難にこなしてくれたし、あとは間を割る形で闘争心を出してくれると思ったけど…。反応してくれませんでした」

15着 アドマイヤポラリス(三浦皇成騎手)
「ゲートはスムーズだったし動ける位置につけられたが、早めに脚を使わされて、しんどい競馬になった」

16着 マイネルサーパス(柴田大知騎手)
「条件さえあえば、まだやれると思う。ブリンカーをつけて前向きなのは、いい傾向」 

勝ち馬プロフィール

新潟記念2021 マイネルファンロン

マイネルファンロン(Meiner Fanrong)牡6/青鹿毛 手塚 貴久(美浦)
父:ステイゴールド 母:マイネテレジア 母父:ロージズインメイ
馬名の由来:冠名+繁栄(中国語)

関連記事
マイネルファンロンは前走の函館記念で14着に敗れていた。
函館記念2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の函館記念の着順は1着:トーセンスーリヤ、2着:アイスバブル、3着:バイオスパークとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。