【新潟記念2020】結果・動画/ブラヴァスが接戦を制する

【新潟記念2020】結果・動画/ブラヴァスが接戦を制する

新潟記念2020 ブラヴァス

新潟記念2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の新潟記念の着順は1着:ブラヴァス、2着:ジナンボー、3着:サンレイポケットとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

ついに掴んだ重賞タイトル!2020年の新潟記念はブラヴァスが接戦を制する

2020年9月6日(日) | 3回新潟8日 | 15:45 発走
第56回 新潟記念(GIII)芝・左 2000m
Niigata Kinen (G3)

スポンサーリンク

2020年・新潟記念の動画

関連記事

昨年の新潟記念はユーキャンスマイルが制していた。

新潟記念2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の新潟記念の着順は1着:ユーキャンスマイル、2着:ジナンボー、3着:カデナとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年・新潟記念の結果

スポンサーリンク

1着:ブラヴァス
2着:ジナンボー(アタマ)
3着:サンレイポケット(クビ)
4着:サトノガーネット(1/2馬身)
5着:サトノダムゼル(1馬身)
6着:カデナ
7着:ピースワンパラディ
8着:ウインガナドル
9着:ゴールドギア
10着:ワーケア
11着:リープフラウミルヒ
12着:アイスストーム
13着:サトノクロニクル
14着:アールスター
15着:インビジブルレイズ
16着:アイスバブル
17着:メートルダール
18着:プレシャスブルー

勝ちタイム:1.59.9
優勝騎手:福永 祐一
馬場:良

関連記事
G1・天皇賞秋をにぎわす馬は?
天皇賞秋は2020年11月1日に東京競馬場で行われる秋の中距離王決定戦。天皇賞秋は2020年で第162回を迎え、昨年はアーモンドアイが制した。天皇賞秋の出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

レース後のコメント

新潟記念2020 ブラヴァス

1着 ブラヴァス(福永祐一騎手)
「馬の後ろで競馬をしたかったので、思ったより主張する馬がいて良かった。いい形で3コーナーに入れました。手応えは良かったけど、体がまだかみ合っていない。前と後ろがバラバラ。気持ちがいい感じではないけど、しっかり伸びてくれた。最後は何とかかわしてほしいと思って追いました。道中の走り、追ってからもかみあっていないけど、その中で重賞を勝てた。これから解消されると思うし、伸びしろがあるから今後が楽しみです」

(友道康夫調教師)
「今後はオーナーと相談してだが、一歩ずつ階段を上っていけたらい良いし、まだGⅠは荷が重いかな。折り合いはつくようになっているし、距離はもう少しあっても良い。2000mより短いよりも、長い方が良いと思う」

2着 ジナンボー(M.デムーロ騎手)
「最後は馬場のいい真ん中へ。(直線半ばで)サトノダムゼルと併せた時は一生懸命に走ったが、1頭になった時にフワッとする面があって。(外の)勝ち馬と馬体が合っていれば、また違ったかも。残念です」

3着 サンレイポケット(荻野極騎手)
「外枠で被されずに行けました。直線が長いのも良かったです。最後もしぶとく脚を使ってくれました」

4着 サトノガーネット(坂井瑠星騎手)
「この馬のリズムで、良い手応えでした。最後も伸びています。しかし、内の馬が外に出てくる不利がありました。そのプレッシャーがなければもっと伸びていたと思います」

5着 サトノダムゼル(岩田康誠騎手)
「素直で、走る気がすごくある馬です。どこからでも競馬ができて、反応が良かったです。一気に動ける器用さがあります。先々、大きなところを取れると思います」

6着 カデナ(鮫島克駿騎手)
「まずは直線からゴールまでこの馬の競馬ができました。前走の宝塚記念の結果を度外視する意味でも良かったです。しかし、結果が全てだと思うので、6着という結果には満足していません。トップハンデで差のない競馬ができましたが、斤量の差でしょうか。暑い日々が続いて、1キロの差が大きくなりますね」

7着 ピースワンパラディ(池添謙一騎手)
「流れに乗っていました。勝ち馬の後ろで進められました。しかし、この上がりだと、もう少し切れ味に磨きをかけないといけません。まだこれから良くなってくると思います。今後に期待したいです」

8着 ウインガナドル(三浦皇成騎手)
「リズム重視で運ぼうと思っていた。最後までバテずに頑張っている」

9着 ゴールドギア(武藤雅騎手)
「外に出したかったが、みんなも外。内に行くしかなかったので伸びてくれなかった」

10着 ワーケア(C.ルメール騎手)
「道中はすごくいい感じ。リラックスして手応えも良かった。ただ、直線で加速することなくペースアップができなかった。能力があるから、もっといい結果を残せると思ったけど…」

11着 リープフラウミルヒ(津村明秀騎手)
「折り合いよく運べたが、メンバーも強かった」

14着 アールスター(長岡禎仁騎手)
「ゲートを出てくれて、馬のリズム重視で行きました。上手く運べました。淡々と流れて瞬発力勝負になってしまった分、厳しくなりました。それでも最後は伸びて、頑張ってくれました。状態は良かったのですが、結果を出せませんでした」

16着 アイスバブル(戸崎圭太騎手)
「新潟のよーいドンの競馬では、分が悪いです」

勝ち馬プロフィール

ブラヴァス(Bravas)牡4/鹿毛 友道 康夫(栗東)
父:キングカメハメハ 母:ヴィルシーナ 母父:ディープインパクト
馬名の由来:すばらしい(ポルトガル語)

関連記事
ブラヴァスは前走の七夕賞で2着に敗れていた。
七夕賞2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の七夕賞の着順は1着:クレッシェンドラヴ、2着:ブラヴァス、3着:ヴァンケドミンゴとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。