【マーキュリーカップ2018】予想オッズ・枠順/盛岡が熱く盛り上がる

マーキュリーカップ 2017 ミツバ

マーキュリーカップ 2018の予想オッズ・枠順・出走予定馬の情報です。2018年・マーキュリーCの出走予定馬にはフェニックスマークやミツバなどが名を連ねています。暑い夏の休日に熱い一戦が待っている。

盛岡が熱く盛り上がる

2018年7月16日(祝・月)盛岡 第9競走
ダート2000m(左)16:10発走

農林水産大臣賞典
第22回 マーキュリーカップ・Mercury Cup(JpnⅢ)
(サラブレッド系 3歳以上 別定)
賞金:1着 23,000,000円

枠順

マーキュリーカップ 2018 枠順

2018年・マーキュリーカップの枠順が発表されました。

4連勝中と勢いがあるフェニックスマークは8枠14番、昨年のマーキュリーカップ覇者のミツバは6枠10番、マリーンステークスから連闘で挑むヨシオは5枠8番、岩手競馬を代表する地元の雄・エンパイアペガサスは4枠5番に入った。
マーキュリーカップは2018年7月5日(木)16時10分発走予定です。

出走予定馬

盛岡競馬場で行われるダートJpn3「マーキュリーカップ」。
今年は14頭が出走する。出走馬から注目したい馬をピックアップした。

・フェニックスマーク(Phoenix Mark)

フェニックスマーク

フェニックスマーク・4歳牡馬
7戦5勝 [5-2-0-0]
父:シニスターミニスター
母:エターナルロマンス
母父:シンボリクリスエス
馬名の由来:母母名の一部+目標
前走:ブリリアントステークス・1着(3番人気)
(鞍上:横山典弘)

交流重賞初挑戦となる「フェニックスマーク」。
これまで7戦5勝、2着2回と連対を外していない堅実な走りを見せている。

条件戦3連勝の勢いで挑んだ前走のブリリアントステークスではしぶとい脚を見せた。
昇級初戦&初の2100m戦など課題が多かったものの一発でクリア。
直線では一度交わされながらも食いしばって差し返し、後続に1-1/4馬身の差をつけるパフォーマンスを見せた。

底知れぬ強さを秘める4歳馬。
さらなる活躍を期待したくなる一頭だ。

・ミツバ(Mitsuba)

【オークランドレーシングクラブトロフィー 2016】動画・結果/ミツバが差し切る

ミツバ・6歳牡馬
37戦9勝 [9-6-5-17]
父:カネヒキリ
母:セントクリスマス
母父:コマンダーインチーフ
馬名の由来:植物名。本馬誕生日より連想
前走:平安ステークス・4着(6番人気)
(鞍上:松山弘平)

昨年の勝ち馬の「ミツバ」が今年もマーキュリーカップに参戦する。
マーキュリーカップで重賞初制覇を果たしその後もJBCクラシックで3着に入り、今年もG3で2度2着に入るなど重賞で活躍している。

今年の帝王賞に登録をしていたものの、賞金上位馬が回避しなかったため出走が叶わなかった。
除外の悔しさを思い出の舞台で果たすことができるか。

関連記事
・マイネルバサラ(Meiner Basara)

マイネルバサラ

マイネルバサラ・5歳牡馬
24戦6勝 [6-2-3-13]
父:シニスターミニスター
母:サザンレイスター
母父:サザンヘイロー
馬名の由来:冠名+婆沙羅。遠慮なく勝手に振る舞うという意味
前走:アンタレスステークス・16着(11番人気)
(鞍上:柴田大知)

昨年の浦和記念の覇者「マイネルバサラ」。
これまで交流重賞戦では【1-0-2-0】と崩れていない。
他馬より重い57kgの斤量がどのように響いてくるか。

関連記事
・ザイディックメア(Seidig Meer)

ザイディックメア

ザイディックメア・6歳牡馬
27戦5勝 [5-2-4-16]
父:ゼンノロブロイ
母:シルキーラグーン
母父:ブライアンズタイム
馬名の由来:絹のような海(独)。母名より連想
前走:ブリリアントステークス・2着(8番人気)
(鞍上予定:和田竜二)

こちらも交流重賞初挑戦となる「ザイディックメア」。
前走のブリリアントステークスでは上り最速タイムで2着に入った。
今年の充実ぶりなら重賞でも。

予想オッズ

2018年・マーキュリーカップの予想オッズです。カッコ内はオッズとなっています。

  1. フェニックスマーク(2.0)
  2. ミツバ(2.5)
  3. ザイディックメア(4.0)
  4. ヨシオ(6.0)
  5. マイネルバサラ(8.0)
  6. ドラゴンエアル(18.0)
  7. エンパイアペガサス(25.0)
  8. コミュニティ(☆)
  9. ポイントプラス(☆)
  10. ヒドゥンブレイド(☆)
  11. ミッキーヘネシー(☆)
  12. シンゲツ(☆)
  13. マイネルバローネ(☆)
  14. プリンスダム(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

日程・賞金

マーキュリーカップ

日程・発走時刻
2018年7月16日(祝・月)16時10分発走予定

場所・距離
盛岡競馬場・ダート・2000m


Jpn3

1着賞金
2,300万円

出走条件
3歳以上

プレイバック

2017年のマーキュリーカップを制したのは「ミツバ(Mitsuba)」。ゴール前の接戦をクビ差制しうれしい重賞初制覇を果たした。

2017年7月17日(月)マーキュリーカップ・Mercury Cup(JpnⅢ)

1着:ミツバ
2着:ピオネロ(クビ)
3着:クリノスターオー(1/2馬身)
4着:ドリームキラリ(2馬身)
5着:ドラゴンエアル(3馬身)

勝ちタイム:2:02:1
優勝騎手:松山弘平
馬場:稍重

2017年・マーキュリーカップ

マーキュリーカップ 2017 ミツバ

【マーキュリーカップ 2017】動画・結果/ミツバが接戦を制する

「マーキュリーカップ 2017」の動画・結果です。マーキュリーカップの結果は1着:ミツバ、2着:ピオネロ、3着:クリノスターオー。「ミツバ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

レース後のコメント
1着 ミツバ(松山弘平騎手)
「レース前は前残りの傾向だとかいろいろ考えましたが、盛岡はミツバに合うコース。馬のリズムを第一に考えて乗りました。自分が思っていたより先頭集団の直後につけることができたので、あとは馬の力を信じるのみ。3~4コーナーでもたつきましたが、直線はいつもの強いミツバを見せることができました。気持ちに左右されるところがありますが、力がある馬。今後も気分を損なわないよう、能力を信じて乗りたいと思います。」
関連記事
注目ジョッキーの予定をチェック!
武豊騎手の騎乗予定・想定をまとめた記事です。武豊騎手はこれまでに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果や今週(11/17・11/18)の想定・騎乗予定など、すべてをチェックしよう。
競馬内外で注目を集めている16年ぶりにJRAでデビューした女性ジョッキー・藤田菜七子騎手。これまでも様々な競馬場でファンを沸かせている。藤田菜七子騎手の先週の騎乗結果、今週の想定・騎乗予定などをチェックしよう。

シェアする