【マリーンカップ2019】結果・動画/ラーゴブルーがJRA勢を返り討ちにする

マリーンカップ2019 ラーゴブルー

マリーンカップ2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のマリーンCの着順は1着:ラーゴブルー、2着:アイアンテーラー、3着:リエノテソーロとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2019年のマリーンカップはラーゴブルーがJRA勢を返り討ちにする

2019年4月17日(水)船橋 第11競走
ダート1600m(左)20:10発走 天候:曇

第23回 マリーンカップ・Marine Cup(JpnIII)
(サラブレッド系 3歳以上 別定)賞金:1着 25,000,000円

2019年・マリーンカップの動画

関連記事
昨年のマリーンカップはアンジュデジールが制していた。

マリーンカップ 2018の動画・結果です。マリーンカップの結果は1着:アンジュデジール、2着:クイーンマンボ、3着:ヤマニンアンプリメ。「アンジュデジール」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

2019年・マリーンカップの結果

1着:ラーゴブルー
2着:アイアンテーラー(1-1/2馬身)
3着:リエノテソーロ(2-1/2馬身)
4着:ベニアカリ(大差)
5着:ナムラアヴィ(1-1/2馬身)
6着:チークス
7着:エミノマユアク
除外:オウケンビリーヴ

勝ちタイム:1.40.6
優勝騎手:御神本 訓史
馬場:稍重

レース後のコメント

1着 ラーゴブルー(御神本訓史騎手)
「レース前に(オウケンビリーヴが競走除外になる)アクシデントがありましたが、無事にレースに出て、結果を出すことができて良かったです。もともと戦法に注文がつくタイプではないので、ゲートを出て前を見ながらレースを進めました。道中は内のポケットに入れて折り合いもついて、4コーナーは抜群の手ごたえでした。ダートグレードレースは地方馬にチャンスは少ないですが、その数少ないチャンスをものにできて良かったです。こちらに転厩してから馬体重が増えて力をつけてきて、期待以上の走りをしてくれています。もっともっと強くなるので応援よろしくお願いします」

(内田勝義調教師)
「勝つことができて非常に嬉しいです。前走12月のレースが終わってからは、ここに照準を絞ってじっくり調整してきました。レースが上手くて、掛からないタイプなので、うまく運べればなんとかなるかと思っていましたが、勝ってくれました。馬はかなりパワーアップしてきて、交流重賞では戦っていけるぐらい力をつけています。次走は様子をみてオーナーと相談します。JRAにいた頃は長い距離では結果が出ませんでしたが今ならもう少し長い距離もこなせそうな気がするので、1800メートルのレースも視野に入れた上で考えていきたいです。段々と力をつけてきて、これからもラーゴブルーと頑張りますので、応援よろしくお願いします」

2着 アイアンテーラー(浜中俊騎手)
「前走は連戦の疲れで元気がなかったが、いい雰囲気。スタートは出て、それなりのペースを作れたが、勝った馬にあっさりかわされた。状態が戻っているから、この路線なら」

3着 リエノテソーロ(大野拓弥騎手)
「逃げ馬の後ろにつけたかったが、正攻法の競馬。脚を使わされたから、タメられれば」

5着 ナムラアヴィ(吉留孝司騎手)
「初騎乗でしたが、スタートがあそこまで出ないとは思いませんでした。それでも最後伸びていますので、自己条件なら十分やれると思います」

勝ち馬プロフィール

ラーゴブルー(Lago Blu)牝5/栗毛 内田 勝義(川崎)
父:ハーツクライ 母:ベネンシアドール 母父:キングカメハメハ
馬名の由来:青い湖(伊)