【京都金杯2020】追い切り/各馬の状態を見極めろ

京都金杯2020 追い切り

京都金杯2020の追い切り・コメントの記事です。京都金杯の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

各馬の状態を見極めろ

2020年1月5日(日) | 1回京都1日 | 15:45 発走
第58回 京都金杯(GIII)芝・右・外 1600m
Kyoto Kimpai (G3)

出走予定馬・予想オッズ

2020年・京都金杯の出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。

京都金杯は2020年1月5日に京都競馬場で行われる関西新年一発目のマイル重賞。京都金杯は2020年で第58回を迎え、昨年はパクスアメリカーナが優勝した。京都金杯の出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。
関連記事

今週は他にも中山金杯が開催される。

中山金杯は2020年1月5日に中山競馬場で行われる年初めの注目の一戦。中山金杯は2020年で第69回を迎え、ハンデ戦で行われる。昨年はウインブライトが優勝した。中山金杯の出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

京都金杯2020の追い切りをチェック!

京都金杯2020 追い切り

京都金杯に出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り

今週行われる他のレースの追い切り記事です。

中山金杯2020の追い切り・コメントの記事です。中山金杯の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
エメラルファイト

最終追い切り
美浦・南W・良
5F 69.1-54.5-40.4-12.6(馬也)

石川騎手
「いい感じで動いていたし、今回は攻める形の競馬をしたい」
エントシャイデン

最終追い切り
栗東・CW・稍重
6F 85.0-68.7-53.9-38.9-12.7(馬也)

オールフォーラヴ

最終追い切り
栗東・坂路・稍重
800m 53.1-38.7-25.1-12.4(馬也)

猿橋助手
「調子自体は良さそうですし、変わらず順調にきています」
カテドラル

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 54.3-39.0-24.8-12.2(馬也)

池添学調教師
「折り合いをつけてシャープに伸ばす感じ。イメージ通りの追い切りができました。前走後も特にダメージはなく、放牧先でもすぐに乗り出して、ここを目標に順調にきました」
サウンドキアラ
ストーミーシー
ストロングタイタン

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 55.7-40.6-25.6-12.0(馬也)

兼武助手
「先週にしっかりやっているので調整程度。キビキビした動きで、状態はいいですね。前めに行くと途中で気持ちが切れてしまう。気持ちを切らさずに走れば、あれくらいはやれる」
ソーグリッタリング

最終追い切り
栗東・CW・良
4F 52.3-38.6-12.1(強め)

兼武助手
「先週に6ハロンからしっかりやっているので、調整程度で。元気もいいし、前走と遜色ないですね。ソラを使うところはあるけど、川田騎手が乗ったとき(5走前)は一番いいパフォーマンスを見せた。癖も知っているし楽しみ」
タイムトリップ

最終追い切り
美浦・南W・稍重
5F 71.9-55.6-40.8-12.6(馬也)

菊川調教師
「調整は順調。前走は相手が強く、流れも向かなかった。マイルは問題ないし、ハンデ差を生かしたい」
ダイアトニック

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 52.5-37.8-24.3-12.0(馬也)

北村友騎手
「変わらずいい動きでした」

安田隆調教師
「本追い切りは先週やっている。態勢は整っている」

テリトーリアル

最終追い切り
栗東・坂路・稍重
800m 53.0-38.4-25.1-12.5(馬也)

ドーヴァー

最終追い切り
美浦・南W・稍重
5F 65.6-50.4-36.8-12.5(強め)
内・スズカゴーディー(馬也)を5Fで1秒2追走・1F併せで併入

伊藤圭調教師
「外から併せていい負荷がかかった。最近は折り合いがつくし、どんな馬場でも伸びてくれる」
ボンセルヴィーソ

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 53.3-38.7-25.0-12.3(馬也)

池添学調教師
「動きは良かった。短期放牧をはさんで状態は上々。ハンデも想定より1キロ軽かったし、阪神より京都の方が相性もいい」
ブレステイキング

最終追い切り
美浦・南W・稍重
5F 67.7-53.5-39.5-12.9(馬也)
外・ヒシエレガンス(G強)と5F併せで併入

森助手
「動きは良かった。前走で重賞でもやれる能力を見せてくれた。(補欠1番手の)中山が本線だが、除外の場合は京都に向かう」
マルターズアポジー

最終追い切り
美浦・南W・稍重
5F 66.0-51.0-37.5-12.1(強め)

米良助手
「しっかりやれて、土曜の輸送に向けてちょうどいい日程。状態は変わりない。距離延長もベター」
メイケイダイハード

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 52.3-38.1-24.7-12.4(馬也)

中竹調教師
「この馬らしいパワフルな動き。マイルは若干長いかもしれないけど、ソロッと行かせれば上手に走れると思う」
メイショウショウブ
モズダディー

最終追い切り
栗東・CW・稍重
5F 70.7-54.4-38.0-11.6(一杯)
外・アメリカンシード(馬也)を5Fで0秒7追走・3F併せで併入

藤岡調教師
「最後の反応が少し重かったので、重たい馬場が合わなかったのかな。ただ、状態自体は悪くないし、今は安定して走れている」
ロジクライ

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 53.8-38.6-24.9-12.2(馬也)

関連記事
武豊騎手はカテドラルに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(10/24・10/25)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
アメリカジョッキークラブカップは2020年1月26日に中山競馬場で行われる冬の中距離G2戦。AJCCは2020年で第61回を迎え、昨年はシャケトラが優勝した。AJCCの出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。
フェブラリーステークスは2020年2月23日に東京競馬場で行われるダートマイルG1。フェブラリーステークスは2020年で第37回を迎え、昨年はインティが制した。フェブラリーステークスの出走予定馬・予想オッズ・賞金・日程などをチェックしてみよう。