【菊花賞2018】予想オッズ/エタリオウ&デムーロ騎手が人気の中心

菊花賞 2017 キセキ

今回は菊花賞2018予想オッズをまとめた記事です。上位人気予想はエタリオウ、ブラストワンピース、エポカドーロの3頭と考えています。3歳馬には過酷な長距離戦の予想オッズはこれだ!

エタリオウ&デムーロ騎手が人気の中心

2018年10月21日(日) | 4回京都7日 | 15:40 発走
第79回 菊花賞(GI)芝・右・外 3000m
Kikuka Sho(Japanese St. Leger) (G1)

予想オッズ

出走予定馬

2018年・菊花賞の出走予定馬・想定騎手に関する記事を公開しました。記事には出走予定馬の中からピックアップした注目馬も書いております。

菊花賞 2017 キセキ

【菊花賞2018】出走予定馬・騎手/未知なる距離の先に

菊花賞2018の出走予定馬・想定騎手の情報です。20頭が出走登録を済ませています。出走予定馬にはエポカドーロやブラストワンピースなどが名を連ねています。牡馬クラシック三冠の最終戦。長き3000m先のゴールを目指し!

2018年・菊花賞予想オッズはこのように予想しています。
昨年の菊花賞を制しているデムーロ騎手とコンビを組むエタリオウがわずかに1番人気と予想。
上位4頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. エタリオウ(3.0)
  2. ブラストワンピース(3.5)
  3. エポカドーロ(4.0)
  4. ジェネラーレウーノ(7.0)
  5. メイショウテッコン(10.0)
  6. グレイル(15.0)
  7. フィエールマン(20.0)
  8. グロンディオーズ(25.0)
  9. ユーキャンスマイル(30.0)
  10. アフリカンゴールド(35.0)
  11. ステイフーリッシュ(45.0)
  12. グローリーヴェイズ(☆)
  13. オウケンムーン(☆)
  14. コズミックフォース(☆)
  15. タイムフライヤー(☆)
  16. シャルドネゴールド(☆)
  17. カフジバンガード(☆)
  18. アイトーン(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

予想オッズ上位人気馬

4コーナー

菊花賞で上位人気が予想される馬はこちら!

エタリオウ(Etario)

エタリオウ

エタリオウ・3歳牡馬
8戦1勝 [1-5-0-2]
父:ステイゴールド
母:ホットチャチャ
母父:Cactus Ridge
馬名の由来:得たりおう。うまくしとめたとき、応戦するときに発する言葉
前走:神戸新聞杯・2着(3番人気)
(鞍上予定:M.デムーロ)

これまで8戦し1勝、2着5回となかなか勝ちきれないタイプ。
ちなみに1勝馬で菊花賞を制せば史上初の快挙となる。
気性に幼さを残すものの、スタミナは十分。
昨年菊花賞を制しているデムーロ騎手とのコンビも心強い。

ブラストワンピース(Blast Onepiece)

新潟記念 2018 ブラストワンピース

ブラストワンピース・3歳牡馬
5戦4勝 [4-0-0-1]
父:ハービンジャー
母:ツルマルワンピース
母父:キングカメハメハ
馬名の由来:突風+母名の一部
前走:新潟記念・1着(1番人気)
(鞍上予定:池添謙一)

異例のローテーションで本番に挑むがすべては計算通り。
ハービンジャー産駒はこれまでG1・3勝しているがいずれも京都コース。
相性の良さを生かして。

エポカドーロ(Epoca d’Oro)

皐月賞 2018 エポカドーロ

エポカドーロ・3歳牡馬
7戦3勝 [3-2-1-1]
父:オルフェーヴル
母:ダイワパッション
母父:フォーティナイナー
馬名の由来:黄金の時代(伊)。父名、母父名より連想
前走:神戸新聞杯・4着(1番人気)
(鞍上予定:戸崎圭太)

春の実績を考えれば3番人気でも評価は低いくらい。
やはり前哨戦の4着が印象を悪くしている。
母系が短距離向きなだけに距離も心配なところ。

10年間の人気別データ

菊花賞 2018 オッズデータ

過去10年、1番人気は【6-1-1-2】とかなりいい成績を残しており、半数以上が勝ちきっている。
ただ2~4番人気は【1-3-2-24】と上位人気ながら結果が残せていない。
ガチガチで決まるケースは少ない。
1番人気以外は偏りなく来ており、なかなか人気別からはレースが読みにくい。

オッズデータ

ここでは菊花賞の過去のデータを振り返ってみます。
過去の歴史から思わぬ穴馬の傾向が見つかるかも!?

10年間、1番人気薄で勝った馬

2009年・スリーロールス(単勝1,920円:8番人気)
弥彦特別(新潟・芝2000m)5着 ⇒ 野分特別(阪神・芝1800m)1着からの参戦

10年間、3着以内に来た馬の中で人気順で1番人気薄だった馬

2008年・フローテーション(単勝3,770円:15番人気・2着)
日本ダービー(東京・芝2400m)8着 ⇒ 神戸新聞杯(阪神・芝2400m)12着からの参戦

10年間、最低配当だった3連単

2011年(良馬場)・2,190円(1番人気)
1着:オルフェーヴル(1番人気 1.4倍)
2着:ウインバリアシオン(2番人気 7.8倍)
3着:トーセンラー(3番人気 12.2倍)

10年間、最高配当だった3連単

2017年(不良馬場)・559,700円(1385番人気)
1着:キセキ(1番人気 4.5倍)
2着:クリンチャー(10番人気 30.9倍)
3着:ポポカテペトル(13番人気 44.2倍)

2番人気だったアルアインは7着、3番人気だったミッキースワローは6着に敗れた。

日程・賞金

菊花賞

日程・発走予定時刻
2018年10月21日(日)15時40分発走予定

場所・距離
京都競馬場・芝・3000m


G1

1着賞金
1億2,000万円

注目ジョッキーの予定をチェック!
武豊騎手の騎乗予定・想定をまとめた記事です。武豊騎手はこれまでに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果や今週(11/17・11/18)の想定・騎乗予定など、すべてをチェックしよう。
競馬内外で注目を集めている16年ぶりにJRAでデビューした女性ジョッキー・藤田菜七子騎手。これまでも様々な競馬場でファンを沸かせている。藤田菜七子騎手の先週の騎乗結果、今週の想定・騎乗予定などをチェックしよう。

シェアする