【金鯱賞2021】出走予定馬・日程・賞金/尾張の地に注目馬集結

金鯱賞2020 サートゥルナーリア

金鯱賞は2021年3月14日に中京競馬場で行われる春の大一番のステップレース。金鯱賞は2021年で第57回を迎え、昨年はサートゥルナーリアが勝利した。金鯱賞の出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

尾張の地に注目馬集結
スポンサーリンク

2021年・金鯱賞の出走予定馬をチェック

金鯱賞・注目馬ピックアップ

2021年・金鯱賞の出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

デアリングタクト(Daring Tact)

デアリングタクト・4歳牝馬
父:エピファネイア
母:デアリングバード
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2020年・オークス
馬名の由来:大胆な+Tactics(戦法)より。大胆な戦法。父、母名より連想

三冠牝馬・デアリングタクトは金鯱賞から始動する。
初黒星が付いたジャパンカップの敗戦を糧にさらなる高みへ。
今後はレース間隔が狭い大阪杯をパスし春のG1路線に向かう予定。

グローリーヴェイズ(Glory Vase)

グローリーヴェイズ・6歳牡馬
父:ディープインパクト
母:メジロツボネ
母父:スウェプトオーヴァーボード
主な勝鞍:2019年・香港ヴァーズ
馬名の由来:栄光のつぼ。母名より連想

昨年はドバイ遠征の影響で3レースしか使えず不完全燃焼のシーズンとなってしまった。
まずは無事に初戦を。

サトノフラッグ(Satono Flag)

サトノフラッグ・4歳牡馬
父:ディープインパクト
母:バラダセール
母父:Not For Sale
主な勝鞍:2020年・弥生賞
馬名の由来:冠名+旗

前走のAJCCでは休み明けの影響もあってか11着と大敗。
レースを使った上積みに期待。

キセキ(Kiseki)

キセキ・7歳牡馬
父:ルーラーシップ
母:ブリッツフィナーレ
母父:ディープインパクト
主な勝鞍:2017年・菊花賞
馬名の由来:奇跡

7歳になった2021年シーズンも現役続行。
角居厩舎解散に伴い辻野厩舎転厩初戦となる。

ポタジェ(Potager)

ポタジェ・4歳牡馬
父:ディープインパクト
母:ジンジャーパンチ
母父:Awesome Again
主な勝鞍:2021年・白富士ステークス
馬名の由来:家庭菜園(仏)

4連勝中と勢いに乗る若武者。
初の重賞挑戦でどこまでやれるか。
鞍上には新コンビとなる北村友一騎手が騎乗。

ブラヴァス(Bravas)

ブラヴァス・5歳牡馬
父:キングカメハメハ
母:ヴィルシーナ
母父:ディープインパクト
主な勝鞍:2020年・新潟記念
馬名の由来:すばらしい(ポルトガル語)

2020年は重賞初制覇を果たすなど充実した1年を過ごした。
今年はさらなるタイトル取りを狙う。

サンレイポケット(Sanrei Pocket)

サンレイポケット・5歳牡馬
父:ジャングルポケット
母:アドマイヤパンチ
母父:ワイルドラッシュ
主な勝鞍:2020年・ジューンステークス
馬名の由来:冠名+父名の一部

これまで重賞では毎日王冠、新潟記念での3着が最高着順。
どこかのポケットに入っている勝利のピースを探し出せ。

金鯱賞の日程・賞金

スポンサーリンク
第57回 金鯱賞(Kinko Sho)

金鯱賞2019 ダノンプレミアム

2020年3月15日(日)中京競馬場
格:G2 1着本賞金:6,200万円
年齢:4歳以上 距離:2,000m(芝・左)

金鯱賞は2012年から12月ごろに開催されていて有馬記念を目指す馬のステップレースとして開催されていたが、2017年からは3月開催となり、大阪杯など中距離戦線を狙う馬が集うレースに変貌した。

過去にはサイレンススズカが大差で逃げ切り一気にトップホースへと駆け上がった。他にはタップダンスシチーが金鯱賞3連覇を達成したり、アーネストリーやエイシンデピュティがここをステップに宝塚記念を制したりしている。

大阪杯
大阪杯は2021年4月4日に阪神競馬場で行われる春の中距離王を決める一戦。2021年で第65回を迎え、豪華メンバーが集結。昨年はラッキーライラックが制した。大阪杯の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金などをチェックしてみよう。

金鯱賞・プレイバック

金鯱賞2020 サートゥルナーリア

2020年の金鯱賞を制したのは『サートゥルナーリア(Saturnalia)』。断然人気に答えるように直線では圧倒的な速さで抜け出し優勝した。
2着には2馬身差でサトノソルタス、さらに3/4馬身差の3着にはダイワキャグニーが入った。

金鯱賞(GII)

1着:サートゥルナーリア
2着:サトノソルタス(2馬身)
3着:ダイワキャグニー(3/4馬身)
4着:ギベオン(ハナ)
5着:ラストドラフト(クビ)

勝ちタイム:2.01.6
優勝騎手:C.ルメール
馬場:良

2020年・金鯱賞の全着順、コメントもチェック!
金鯱賞2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の金鯱賞の着順は1着:サートゥルナーリア、2着:サトノソルタス、3着:ダイワキャグニーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする