【AJCC 2020】出走予定馬・日程・賞金/寒さ吹き飛ぶアツい一戦

AJCC 2019 シャケトラ

アメリカジョッキークラブカップは2020年1月26日に中山競馬場で行われる冬の中距離G2戦。AJCCは2020年で第61回を迎え、昨年はシャケトラが優勝した。AJCCの出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

寒さ吹き飛ぶアツい一戦
スポンサーリンク

2020年・アメリカジョッキークラブカップの出走予定馬をチェック

出走予定馬(1月17日)

新潟記念 2018 ブラストワンピース

2020年のアメリカジョッキークラブカップの出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは17頭となっています。

  • ウラヌスチャーム(F.ミナリク)
  • グローブシアター(石橋脩)
  • ゴーフォザサミット(未定)
  • サトノクロニクル(大野拓弥)
  • ステイフーリッシュ(C.ルメール
  • スティッフェリオ(丸山元気)
  • ニシノデイジー(田辺裕信)
  • ブラストワンピース(川田将雅)
  • マイネルフロスト(未定)
  • ミッキースワロー(横山典弘)
  • ラストドラフト(O.マーフィー)
  • ルミナスウォリアー(柴山雄一)
アメリカジョッキークラブカップ・注目馬ピックアップ

2020年・アメリカジョッキークラブカップの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

ブラストワンピース(Blast Onepiece)

ブラストワンピース・5歳牡馬
父:ハービンジャー
母:ツルマルワンピース
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2018年・有馬記念
馬名の由来:突風+母名の一部

連覇がかかった有馬記念は凱旋門賞の疲れが抜けきらないため回避。
思い出の中山コースで復活を目指す。
鞍上は引き続き川田騎手が予定されている。

ニシノデイジー(Nishino Daisy)

ニシノデイジー・4歳牡馬
父:ハービンジャー
母:ニシノヒナギク
母父:アグネスタキオン
主な勝鞍:2018年・東京スポーツ杯2歳ステークス
馬名の由来:冠名+すてきなもの

菊花賞では2番人気に支持されるも距離に苦戦し7着。
鞍上に初コンビとなる田辺騎手を迎え中距離で再始動する。

スティッフェリオ(Stiffelio)

スティッフェリオ・6歳牡馬
父:ステイゴールド
母:シリアスアティテュード
母父:Mtoto
主な勝鞍:2019年・オールカマー
馬名の由来:オペラ作品名。近年発見され蘇った名作でシリアスな内容

昨年秋のG1戦線では歯が立たなかったが、G2舞台に戻れば主役候補。
得意の中山で4つ目の重賞タイトルを。

ミッキースワロー(Mikki Swallow)

ミッキースワロー・6歳牡馬
父:トーセンホマレボシ
母:マドレボニータ
母父:ジャングルポケット
主な勝鞍:2017年・セントライト記念
馬名の由来:冠名+ツバメ

中山2200mは4戦2勝・2着2回と連対パーフェクト。
絶好の舞台設定だ。

ステイフーリッシュ(Stay Foolish)

ステイフーリッシュ・5歳牡馬
父:ステイゴールド
母:カウアイレーン
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2018年・京都新聞杯
馬名の由来:常識に囚われるな。有名なスピーチから。父名より連想

前走のチャレンジカップでは直線で不利を受け10着と大敗。
スムーズに運べれば。

グローブシアター(Globe Theatre)

グローブシアター・6歳牡馬
父:キングカメハメハ
母:シーザリオ
母父:スペシャルウィーク
主な勝鞍:2018年・比叡ステークス
馬名の由来:シェークスピアの作品の多くを初演した劇場

昨年のダイヤモンドステークス(6着)以来の実戦となる予定。

マイネルフロスト(Meiner Frost)

マイネルフロスト・9歳牡馬
父:ブラックタイド
母:スリースノーグラス
母父:グラスワンダー
主な勝鞍:2014年・毎日杯
馬名の由来:冠名+氷結、霜

今年参戦すれば4度目のAJCC挑戦となる。

ウラヌスチャーム(Uranus Charm)

ウラヌスチャーム・5歳牝馬
父:ルーラーシップ
母:アメジストリング
母父:フジキセキ
主な勝鞍:2019年・迎春ステークス
馬名の由来:天王星を守護星としたお守り

中山コースは迎春ステークスを制し、中山牝馬ステークスでも2着と得意。

サトノクロニクル(Satono Chronicle)

サトノクロニクル・6歳牡馬
父:ハーツクライ
母:トゥーピー
母父:Intikhab
主な勝鞍:2017年・チャレンジカップ
馬名の由来:冠名+年代記

昨年8月の小倉記念(2着)以来の実戦へ。

ラストドラフト(Last Draft)

ラストドラフト・4歳牡馬
父:ノヴェリスト
母:マルセリーナ
母父:ディープインパクト
主な勝鞍:2019年・京成杯
馬名の由来:小説の最終草稿。完成版

重賞初制覇を果たした思い出の地で完全復活を誓う。

ダンビュライト(Danburite)

ダンビュライト・6歳牡馬
父:ルーラーシップ
母:タンザナイト
母父:サンデーサイレンス
主な勝鞍:2019年・京都記念
馬名の由来:無色透明、淡いピンク、黄色、紫などの色彩をもつパワーストーン

ジャパンカップでは馬場入れ時に暴走するなどレースに集中できなかった。
せん馬になっての初戦となるだけに状態は?

アメリカジョッキークラブカップの日程・賞金

ダンビュライト

第61回 アメリカジョッキークラブカップ(American Jockey Club Cup)

2020年1月26日(日)中山競馬場
格:G2 1着本賞金:6,200万円
年齢:4歳以上 距離:2,200m(芝・右)

アメリカジョッキークラブカップは中山競馬場で行われる中距離G2戦。

過去にはメジロブライトやスペシャルウィークといった世代トップクラスの馬が制したりしていた。
近年ではマツリダゴッホやエアシェイディ、ネヴァブション、ヴェルデグリーンなどといった中山巧者が勝利することが多い。

アメリカジョッキークラブカップ・プレイバック

AJCC 2019 シャケトラ

2019年のアメリカジョッキークラブカップを制したのは「シャケトラ(Sciacchetra)」。長期休養明けのハンデをものともせず見事に復活勝利を飾ってみせた。

アメリカジョッキークラブカップ(AJCC) (GII)

1着:シャケトラ
2着:フィエールマン(アタマ)
3着:メートルダール(3/4馬身)
4着:ジェネラーレウーノ(1-1/2馬身)
5着:サクラアンプルール(1-1/4馬身)

勝ちタイム:2.13.7
優勝騎手:石橋 脩
馬場:良

2019年・AJCC
AJCC 2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のアメリカジョッキークラブカップの着順は1着:シャケトラ、2着:フィエールマン、3着:メートルダールとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする