【香港カップ2018】結果・動画/グロリアスフォーエバーが優勝・ディアドラは2着

香港カップ 2018 グロリアスフォーエバー

香港で行われた香港カップ2018の結果・動画です。香港カップの着順は1着:Glorious Forever(グロリアスフォーエバー)、2着:Deirdre、3着:Time Warpとなりました。レースの詳しい結果、動画をご覧ください。

日本馬届かず…2018年の香港カップはグロリアスフォーエバーが優勝・ディアドラは2着

香港カップ(Hong Kong Cup)
2018年12月9日、香港・シャティン競馬場
芝2000m、G1、9頭

スポンサーリンク

動画

関連記事
昨年の香港カップはタイムワープが優勝していた。
【香港カップ 2017】動画・結果/タイムワープが直線で後続を突き放し完勝

結果

1着:Glorious Forever・グロリアスフォーエバー
2着:Deirdre・ディアドラ(1馬身)
3着:Time Warp(クビ)
4着:Sungrazer・サングレーザー(1-1/4馬身)
5着:Northern Superstar(クビ)
6着:Gold Mount
7着:Seasons Bloom
8着:Stormy Antarctic
9着:Staphanos・ステファノス

勝ちタイム:2.01.71
勝利騎手:Silvestre De Sousa
馬場:Good

レース後のコメント

2着 ディアドラ(C.ルメール騎手)
「サングレーザーのうしろにつけて、よく走ってくれました。スピードを出して、全力で走りました」

(橋田満調教師)
「体調はドバイのときより今回の方がよかったくらいです。過度に入れ込むこともなく順調に来ていました。ゲートもちゃんと出ましたし、少頭数でもありスムーズに流れていたと思います。ペースが落ち着いたぶん、差し切れませんでした。あの位置から、よく差を詰めてくれたと思います。彼女の持ち味は発揮してくれたと思います。外国で、3着、2着と来て、次は1着をとりたいと思います」

4着 サングレーザー(J.モレイラ騎手)
「いい競馬をしたけれども、香港の馬が強かった。よく走ってくれました」

(浅見秀一調教師)
「馬の仕上がりはよかったですし、ジョッキーもよく乗ってくれました。着順だけが不満です(笑)。ちょっと力が足りなかった。またチャレンジしましょう」

9着 ステファノス(藤原英昭調教師)
「香港は5回も来て、慣れているのですごくいい状態でした。内枠を引いたのでもう少し前に行きたかったですけど、ちょっと出負けして、それでもビュイックはうまく乗ってくれました。年齢的なところは否めないですね。これまで香港では2着、3着、4着ときて、期待はしていたんですけど、これだけ走ってくれれば十分です」

勝ち馬プロフィール

香港カップ 2018 グロリアスフォーエバー

勝ち馬:グロリアスフォーエバー(Glorious Forever)
父:Archipenko 母:Here To Eternity 母父:Stormy Atlantic