ホウオウサーベルが断然人気に応え快勝/動画・結果【2歳新馬戦】

ホウオウサーベル

ホウオウサーベルが制した2歳新馬戦の動画・結果です。2歳新馬戦の結果は1着:ホウオウサーベル、2着:マイネルエキサイト、3着:サクラザチェンジ。「ホウオウサーベル」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

M.デムーロ騎手騎乗の1番人気・ホウオウサーベルが断然人気に応え快勝

2018年8月11日(土) | 2回新潟5日 | 12:30発走
2歳新馬戦 芝・左・外 1800m

動画

関連記事

結果

1着:ホウオウサーベル
2着:マイネルエキサイト(3-1/2馬身)
3着:サクラザチェンジ(3/4馬身)
4着:レオンドーロ(2-1/2馬身)
5着:ヤップヤップヤップ(1-1/4馬身)
6着:ハートハーツ
7着:ローガンテソーロ
8着:ヴェイパライズ
9着:コスモセレッソ
10着:トゥルボー
11着:ラティーンセイル
12着:インスタントカーマ
13着:カラテ
14着:ラストクリーガー
取消:グレイスアン

勝ちタイム:1.48.4
優勝騎手:M.デムーロ
馬場:良

レース後のコメント

1着 ホウオウサーベル(M.デムーロ騎手)
「余裕だったね。道中も余力十分。追い出してからも手応えが良くて、最後までしっかり走ってくれた。今後が楽しみな馬だね」

(奥村武調教師)
「まだまだ良くなっていく段階だけど、競馬を教えることを意識しながら内で我慢をして、ひと息入れてから追い出すという内容のある競馬をしてくれた。ゆくゆくは切れそうなタイプ」

3着 サクラザチェンジ(宮崎北斗騎手)
「今回は初めてのレースで気持ちが入りきっていませんでした。良い馬ですし、1回使ってもっと良くなると思います」

4着 レオンドーロ(柴田大知騎手)
「周りにものすごく気を使っていて、周りに馬がいなくなるとハミを取って一生懸命走りました。とても良い馬なのですが、周りを気にし過ぎます」

関連記事
半姉のビッシュは2016年にG3・紫苑ステークスを制している。
【紫苑ステークス 2016】動画・結果/ビッシュが楽な手ごたえで差し切る

この世代最初の新馬戦はジャミールフエルテが制していた。
ジャミールフエルテが世代最初の勝ち星を挙げる/動画・結果【2歳新馬戦】

勝ち馬プロフィール

ホウオウサーベル(Ho O Sabel)牡2/鹿毛 奥村 武(美浦)
父:ハーツクライ 母:バランセラ 母父:Acatenango
馬名の由来:冠名+刀(オランダ語)

関連記事

シェアする

フォローする