【フィリーズレビュー2021】結果・動画/シゲルピンクルビーが差し切り重賞初V

フィリーズレビュー2021 シゲルピンクルビー

フィリーズレビュー2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のフィリーズレビューの着順は1着:シゲルピンクルビー、2着:ヨカヨカ、3着:ミニーアイルとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年のフィリーズレビューはシゲルピンクルビーが差し切り重賞初V

2021年3月14日(日) | 1回阪神10日 | 15:35発走
第55回 フィリーズレビュー(GII)芝・右 1400m
Fillies’ Revue(Japanese 1000 Guineas Trial) (G2)

スポンサーリンク

2021年・フィリーズレビューの動画

関連記事
昨年のフィリーズレビューはエーポスが制していた。
フィリーズレビュー2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のフィリーズレビューの着順は1着:エーポス、2着:ヤマカツマーメイド、3着:ナイントゥファイブとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年・フィリーズレビューの結果

スポンサーリンク

1着:シゲルピンクルビー
2着:ヨカヨカ(クビ)
3着:ミニーアイル(1馬身)
4着:アンブレラデート(1/2馬身)
5着:エルカスティージョ(クビ)
6着:クープドクール
7着:スティクス
8着:テリーヌ
9着:オパールムーン
10着:ラヴケリー
11着:エイシンヒテン
12着:ゴールドチャリス
13着:ヴァーチャリティ
14着:ララクリスティーヌ
15着:ブルーバード
16着:ラストリージョ
17着:フリード
18着:ポールネイロン

勝ちタイム:1.20.7
優勝騎手:和田 竜二
馬場:良

関連記事
G1・桜花賞をにぎわす馬は?
桜花賞は2021年4月11日に阪神競馬場で行われる牝馬クラシックの1戦目。桜花賞は2021年で第81回を迎え、桜の女王の栄冠を求め乙女が熾烈なバトルを繰り広げる。昨年はデアリングタクトが制した。出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・昨年の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

フィリーズレビュー2021 シゲルピンクルビー

1着 シゲルピンクルビー(和田竜二騎手)
「新馬戦の勝ち方が良かったので、いいなあと思っていたんです。少しノドの不安があると聞いていたので、新馬戦の時のイメージで競馬ができればと思っていました。枠も良かったですし、スタートも良くて、割とイメージ通りに行けましたね。(桜花賞については)1ハロン距離が延びるのでそこをどう考慮するか。馬の状態は上がっていますし、勝って臨めますから」

(渡辺薫彦調教師)
「競馬が上手で、お姉さんに比べて、操縦性の良い馬です。馬はしっかり休ませてもらい、良くなっていました。本番は距離が延びる事がポイントでしょうが、いけると思います。まだまだ緩く、前のめりなので、もう少しトモがしっかりしてくれたらと思います」

2着 ヨカヨカ(幸英明騎手)
「惜しかったですね。この馬なりによく頑張ってくれましたが、勝ち馬の切れ味がすごかったです」

3着 ミニーアイル(藤岡康太騎手)
「テンションも使うごとに落ち着いてきて、今日も良い雰囲気でした。その分ゲートも前走より出てくれました。この馬のリズムで行かせて、直線も一瞬突き抜けそうな感じはありました。このメンバーの中でよく頑張ってくれています」

5着 エルカスティージョ(斉藤崇史調教師)
「後ろからの競馬になりましたが、直線は間を割って伸びてくれました。まだ2戦目ですし、これから良くなってくれると思います」

6着 クープドクール(斎藤新騎手)
「1400メートルでも折り合いは全く問題ありませんでした。レースのバリエーションが増えたし、センスを感じる走りをしてくれました」

7着 スティクス(吉田隼人騎手)
「1200mで勝ってきて、条件がガラッと変わりましたが、上手な競馬をしてくれました。まだトップギアに一気に入りやすいところがあるので、徐々にギアを上げられるようになれば、さらに良いと思います。18番というのはきつい枠でしたが、外を回りすぎず、上手く立ち回って、頑張ってくれています」

8着 テリーヌ(富田暁騎手)
「初めての重賞で一気に相手が強くなりましたが、最後に脚を使えたのは収穫でしたし、成長を感じることができました」

9着 オパールムーン(横山典弘騎手)
「後ろから来るにしても負けすぎ。俺の中では頑張ったと思う」

10着 ラヴケリー(松若風馬騎手)
「良い位置が取れて、折り合いもスムーズでしたが、直線に向いて、思っていたほどあまり反応がありませんでした。良い背中をしていますし、能力はあると思うのですが...」

11着 エイシンヒテン(団野大成騎手)
「ゲートの中で上手く立たせられず、前で競馬をしたかったのですが、結果的に後ろからになってしまいました。外を回ってよく脚を使ってくれましたが、申し訳ない競馬になってしまいました」

12着 ゴールドチャリス(浜中俊騎手)
「今日は相手が強かったですね。馬は良くなってきているので、今後に期待します」

13着 ヴァーチャリティ(松田大作騎手)
「この馬なりに頑張っている。もう少し経験を積んでいけば」

14着 ララクリスティーヌ(中井裕二騎手)
「馬体は減らずに出走できましたが、4コーナーで苦しくなりました。小柄な馬なので、時間をかけて次に向かえれば」

15着 ブルーバード(柴田大知騎手)
「進みも反応も悪かった。間隔が長かったぶんだと思います。こんな馬ではありませんから」

16着 ラストリージョ(藤井勘一郎騎手)
「距離ですね。直線でおっ、と思うところはあったのですが...」

18着 ポールネイロン(藤岡佑介騎手)
「注文をつけて、ハナを主張しました。終始、外へ張っている走りでしたが、もう少し集中力が出れば良いと思います」

勝ち馬プロフィール

フィリーズレビュー2021 シゲルピンクルビー

シゲルピンクルビー(Shigeru Pink Ruby)牝3/栗毛 渡辺 薫彦(栗東)
父:モーリス 母:ムーンライトベイ 母父:High Chaparral
馬名の由来:冠名+色+宝石名

関連記事
シゲルピンクルビーの半姉・シゲルピンクダイヤは桜花賞やチューリップ賞で2着の実績がある。
桜花賞2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の桜花賞の着順は1着:グランアレグリア、2着:シゲルピンクダイヤ、3着:クロノジェネシスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。