【フェアリーステークス2023】結果・動画/キタウイングが内から差し切る

フェアリーステークス2023 キタウイング

フェアリーステークス2023の結果・動画をまとめた記事です。2023年のフェアリーSの着順は1着:キタウイング、2着:メイクアスナッチ、3着:スピードオブライトとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2023年のフェアリーステークスはキタウイングが内から差し切る

2023年1月9日(月) | 1回中山4日 | 15:35発走
第39回 フェアリーステークス(GIII)芝・右・外 1600m
Fairy Stakes (G3)

スポンサーリンク

2023年・フェアリーステークスの動画

関連記事
昨年のフェアリーステークスはライラックが制していた。
フェアリーステークス2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年のフェアリーSの着順は1着:ライラック、2着:スターズオンアース、3着:ビジュノワールとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2023年・フェアリーステークスの結果

スポンサーリンク

1着:キタウイング
2着:メイクアスナッチ(アタマ)
3着:スピードオブライト(1-3/4馬身)
4着:ブラウンウェーブ(アタマ)
5着:リックスター(1/2馬身)
6着:アンタノバラード
7着:ミシシッピテソーロ
8着:イコノスタシス
9着:マイレーヌ
10着:ディナトセレーネ
11着:ヒップホップソウル
12着:ミタマ
13着:チハヤ
14着:エナジーチャイム
15着:ディヴァージオン
16着:ブルーイングリーン

勝ちタイム:1:34.3
優勝騎手:杉原 誠人
馬場:良

関連記事
G1・桜花賞をにぎわす馬は?
桜花賞は2023年4月9日に阪神競馬場で行われる牝馬クラシックの1戦目。桜花賞は2023年で第83回を迎え、桜の女王の栄冠を求め乙女が熾烈なバトルを繰り広げる。昨年はスターズオンアースが制した。出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

フェアリーステークス2023 キタウイング

1着 キタウイング(杉原誠人騎手)
「今日はしまいを生かす競馬をしてくれとの指示でした。すごい後ろでしたけど、狭いところを行くしかなかったですし、馬には感謝の気持ちでいっぱいです。乗る度に良くなっている。久々にまたがりましたが、一段と気持ちが強くなっていて、パワーアップしていました」

(小島茂之調教師)
「前走で前に行くと良くないのは分かっていたので、後ろから、慌てないように丁寧にバランスを取って走ってもらいました。それが奏功したのだと思います。後ろからでは届かない今の状況ですから、少しでも良い所に来てくれればと思っていましたが、少しどころではなかったですね。また、背中の疲れを取るのに、楽をさせたのも良かったのかもしれません。今の時代、本番に直行することが普通になっていますが、トライアルを使って、本番に向かいたいと思っています。この馬は運もありますが、力もあります。本番へ向けてうまく調整していきたいと思います」

2着 メイクアスナッチ(戸崎圭太騎手)
「距離の心配があって、スタートもうまくいかなかったけど、違う形の競馬ができた。リズムよく走れて返し馬からも雰囲気が良かった」

3着 スピードオブライト(石川裕紀人騎手)
「枠(1番枠)が味方してくれたのは大きい。1600メートルの距離がもつなら、中山のここだと思っていた。もう1列後ろで脚をためられていれば」

4着 ブラウンウェーブ(菅原明良騎手)
「1200メートルより1600メートルの方がスムーズに追走できたし、その分しっかり脚がたまった。馬は頑張ってくれていました」

5着 リックスター(三浦皇成騎手)
「初めての右回り、馬群の中での競馬。追い出した時に右に張るところがあってもたついた。そこがスムーズだったら」

6着 アンタノバラード(田辺裕信騎手)
「結構引っ掛かっていたが、馬場傾向的にも下げたくなかった。手応えはわりと残っていたので、同じところで折り合いがついていけていたらもう少し踏ん張れたかも。きゃしゃだけどガッツがあって持っているものはいいものがある」

7着 ミシシッピテソーロ(鮫島克駿騎手)
「いつもなら1、2列後ろだけどゲートを出てからのリズムが良かった。道中のリズムも良く、脚も残っていたけど、どこも空くスペースがなかった」

8着 イコノスタシス(北村宏司騎手)
「スタートよく行くことができた。前に壁を作りたかったけど、前の馬がインコースに入って壁がなくなった。それで力むところがあったし、思ったより脚が使えなくて、伸びきれなかった」

9着 マイレーヌ(横山琉人騎手)
「自分が(ハナに)行くと決めていたので、迷わず行ってどこまで粘れるかだった。最後は坂できつくなったけど、頑張ってくれた。自己条件なら」

10着 ディナトセレーネ(横山武史騎手)
「パワーがいる馬場になってあまり得意ではなかった。メンバーのレベルも上がって、この馬の本来の力が出せなかった。きれいな馬場で見直したい」

11着 ヒップホップソウル(松山弘平騎手)
「スタートでつまずいて出たが、二の脚がついてしっかり流れには乗ってくれた。他馬と接触があったけど、最後まで頑張ってくれた」

12着 ミタマ(岩田望来騎手)
「1600メートルは若干忙しかった。外枠でもあったし、下り坂でペースが速くなったところで置いて行かれてバラバラになってしまった。小さい馬でこれからの成長に期待したい」

14着 エナジーチャイム(C.ルメール騎手)
「今日はメンバーが強かった。1勝クラスの自己条件ならもう少しやれると思う」

15着 ディヴァージオン(M.デムーロ騎手)
「初戦は馬がピリピリしていて心配になるくらいだった。今日は道中から物見をして集中していなかった」

16着 ブルーイングリーン(山田敬士騎手)
「道中ぶつけられるところがあった。スタートは良かったけどすぐに隊列も決まった。前に壁が作れれば。重賞で外枠は厳しかった。いい馬なので、枠と展開次第ではもっとやれていい」

勝ち馬プロフィール

フェアリーステークス2023 キタウイング

キタウイング(Kita Wing)牝3/黒鹿毛 小島 茂之(美浦)
父:ダノンバラード 母:キタノリツメイ 母父:アイルハヴアナザー
馬名の由来:北+翼

関連記事
キタウイングは2022年の新潟2歳ステークスの覇者
新潟2歳ステークス2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年の新潟2歳Sの着順は1着:キタウイング、2着:ウインオーディン、3着:シーウィザードとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。