【アルゼンチン共和国杯2019】追い切り/抜群の動きを見せたのは

アルゼンチン共和国杯2019 追い切り

アルゼンチン共和国杯2019の追い切り・コメントの記事です。アルゼンチン共和国杯の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

抜群の動きを見せたのは

2019年11月3日(日) | 5回東京2日 | 15:35 発走
第57回 アルゼンチン共和国杯(GII)芝・左 2500m
Copa Republica Argentina (G2)

出走予定馬・予想オッズ

2019年・アルゼンチン共和国杯の出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。

アルゼンチン共和国杯2019の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2019年のアルゼンチン共和国杯の出走予定馬にはルックトゥワイスやオジュウチョウサンなどが名を連ねています。ハンデ差がレースを面白くする。
関連記事

今週は他にもみやこステークスなどが開催される。

みやこステークス2019の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2019年のみやこステークスの出走予定馬にはインティやウェスタールンドなどが名を連ねています。この秋のダート戦線を占う重要な一戦となる。
スポンサーリンク

アルゼンチン共和国杯2019の追い切りをチェック!

アルゼンチン共和国杯2019 追い切り

アルゼンチン共和国杯に出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

アイスバブル

最終追い切り
栗東・CW・稍重
6F 85.6-68.7-53.5-39.2-11.9(一杯)

池江調教師「最近、調教で遅れ気味だったし、先着したことは良かった。2500メートルも大丈夫」
アドマイヤジャスタ
アフリカンゴールド

最終追い切り
栗東・CW・稍重
6F 84.4-68.5-54.0-39.9-11.9(一杯)

西園調教師「上がりで負荷をかける追い切りで予定通り。距離はいいし、最後にどれだけ伸びてくれるかでしょう」
ウインテンダネス

最終追い切り
栗東・CW・稍重
5F 70.5-55.1-40.8-11.8(一杯)

山本助手「先週、ビシッと乗っているので、当週は上がり重点。落馬後になるがダメージはないし、雰囲気はいい」
オジュウチョウサン

最終追い切り
美浦・南W・重
5F 67.7-52.4-38.5-12.3(一杯)
中・ウインアステロイド(強め)を5Fで0.4秒追走・1F併せで0.4秒先着
外・ユキノエルドール(一杯)を5Fで0.8秒追走・1F併せで0.8秒先着

石神騎手「年齢的にズブさを見せるようになってきたので、気持ちをピリッとさせるためにも当該週としては強めに追いました。馬はびっくりしていましたけど、追ってモタモタしていたこの間(前走時)よりいいですね」
和田郎調教師「(前走は)どこかが悪かったわけではないが、よく考えてみると(仕上げが)甘かったのかもしれない。本来は間隔があいた方が走るが、今回は使った上積みを期待したい」
サンシロウ

最終追い切り
美浦・坂路・重
800m 54.9-39.8-26.0-13.3(強め)
内・ドルフィンマーク(一杯)と併せで0.5秒先着

タイセイトレイル

最終追い切り
栗東・坂路・稍重
800m 52.1-38.1-24.8-12.5(一杯)
外・ナイトバナレット(馬也)と併せで0.3秒遅れ

久保助手「ここ2週、強い調教ができています。コースを問わず走るタイプで期待しています」
トラストケンシン

最終追い切り
美浦・坂路・重
800m 56.2-40.3-26.2-13.0(強め)

高橋文調教師「馬場が悪かったのでしまいはしんどかった。上積みはあるはずだし、前走くらいリラックスしていれば100メートル延びても大丈夫」
ノーブルマーズ

最終追い切り
栗東・坂路・稍重
800m 53.0-38.4-25.3-12.7(G強)

宮本調教師「馬場の荒れた時間帯だったが、いい感じで動いていた。この馬なりにきっちりと力をつけてきている」
ハッピーグリン

最終追い切り
栗東・坂路・稍重
800m 52.5-37.9-24.8-12.4(一杯)

長谷川調教師「1週前は重い感じだったけど、反応がよかった。成長できる部分は多いと思います」
バリングラ
パリンジェネシス

最終追い切り
栗東・CW・稍重
6F 82.9-68.1-53.2-39.5-12.3(馬也)

清水久調教師「大型馬なので、ひと叩きしたことで良くなっています。しまいの伸びもよかったです」
ポポカテペトル

最終追い切り
栗東・ポリ・良
6F 81.7-66.7-52.3-38.0-11.9(馬也)
内・シュヴァルグラン(仕掛)に6Fで1.1秒先行・3F併せで0.1秒先着

友道調教師「1週前の動きはよく、当週も余裕のある動きだった」
マコトガラハッド

最終追い切り
栗東・CW・稍重
6F 83.6-67.2-52.2-38.7-12.8(一杯)

鮫島調教師「きっちりと乗ってきたが、1年ぶりという感じもする」
ムイトオブリガード

最終追い切り
栗東・CW・稍重
6F 78.6-63.3-48.9-35.6-11.7(一杯)

角田調教師「(結果的に)前に馬を置くような形になり、フワッとするところもなかった。ここを目標にしてきたし、いい感じでレースに臨めそう」
ルックトゥワイス

最終追い切り
栗東・坂路・稍重
800m 52.9-39.0-25.6-13.0(一杯)

藤原英調教師「もともと調教で時計は出ないが、体調面は悪くない」
関連記事

武豊騎手は今週アメリカで騎乗!

武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(12/14・12/15)の想定・騎乗予定など、すべてのスケジュールをチェックしよう。

今後も楽しみなレースが続く!

エリザベス女王杯は2019年11月10日に京都競馬場で行われる秋の最強牝馬決定戦。エリザベス女王杯は2019年で第44回を迎え、昨年はリスグラシューが制した。エリザベス女王杯の出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。
マイルチャンピオンシップは2019年11月17日に京都競馬場で行われる秋のマイル王決定戦。マイルCSは2019年で第36回を迎え、昨年はステルヴィオが勝利した。出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。