【アルゼンチン共和国杯2020】追い切り/抜群の動きを見せたのは

アルゼンチン共和国杯2020 追い切り

アルゼンチン共和国杯2020の追い切り・コメントの記事です。アルゼンチン共和国杯の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

抜群の動きを見せたのは

2020年11月8日(日) | 5回東京2日 | 15:35 発走
第58回 アルゼンチン共和国杯(GII)芝・左 2500m
Copa Republica Argentina (G2)

出走予定馬・予想オッズ
2020年・アルゼンチン共和国杯の出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
アルゼンチン共和国杯2020の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2020年のアルゼンチン共和国杯の出走予定馬にはユーキャンスマイルやオーソリティなどが名を連ねています。独特なレース設定の一戦に個性溢れる馬が集った。G1が休みの週でも目が離せない一戦となりそうだ。
関連記事
今週は他にもみやこステークスが開催される。
みやこステークス2020の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2020年のみやこステークスの出走予定馬にはワイドファラオやベストタッチダウンなどが名を連ねています。京都競馬場整備工事の影響で今年は阪神競馬場での開催となる。この変更を味方につけるのは?
スポンサーリンク

アルゼンチン共和国杯2020の追い切りをチェック!

アルゼンチン共和国杯2020 追い切り

アルゼンチン共和国杯に出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
みやこステークス2020の追い切り・コメントの記事です。みやこステークスの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
アールスター

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 54.7-39.8-25.6-12.4(馬なり)

長岡騎手
「変わらずにきています。折り合いがつくので距離は大丈夫だと思うし、左回りも問題ありません」
アイスバブル

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 83.8-67.2-52.3-39.1-12.2(一杯)
サトノルークス(直強め)の外0.6秒先行0.1秒遅れ

池江調教師
「この馬にしては動いてくれた。叩き良化型ですし、スピードに乗るのに時間がかかるので東京の長い直線はいい」
アドマイヤジャスタ

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 62.3-44.6-28.6-14.0(馬なり)

エアウィンザー

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 83.5-66.7-51.9-38.0-12.6(馬なり)
サターン(馬なり)の外を0.6秒先行0.5秒遅れ

小滝助手
「去勢した効果か、すごく体つきがいい。動きも良く、気持ちが前向きなのが何より」
オーソリティ

最終追い切り
美浦・南W・稍重
5F 69.1-54.6-39.8-12.5(一杯)
エクセランフィーユ(一杯)の内0.2秒追走・5F併せで0.3秒先着

木村調教師
「1週前はルメール騎手が騎乗してコントロールの難しい面を見せた。これで変われば。ひと夏越して成長を感じるし、能力さえ出し切れば」
オセアグレイト

最終追い切り
美浦・南W・稍重
5F 68.8-53.1-40.1-12.7(馬なり)

三浦騎手
「久々に乗りましたが、すごくフレッシュで走りたい気持ちも伝わってきた。この舞台も合いそう」
ゴールドギア

最終追い切り
美浦・南W・稍重
5F 70.2-54.0-39.7-13.0(一杯)
ブルーシンフォニー(馬なり)の内を0.8秒先行・3F併せで0.4秒遅れ

伊藤圭調教師
「動きはこの馬並みで心配ない。前走は馬場の悪いところを走らされた。長く脚を使えるし引っ掛からない。ハンデ戦(53キロ)だし楽しみにしている」
サトノルークス

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 83.1-66.7-51.7-38.5-12.1(直強め)
アイスバブル(一杯)の内0.6秒追走0.1秒先着

池江調教師
「悪くない動き。菊花賞で骨折したことがトラウマになっている気がするので、ポイントは気持ちの面」
サンアップルトン

最終追い切り
美浦・坂路・良
800m 52.8-38.3-25.0-12.6(強め)
コスモセイリュウ(馬なり)を2.0秒追走同入

中野助手
「前走より着実に良化。東京コースがどうか」
サンレイポケット

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 53.7-39.0-25.4-12.3(一杯)

荻野極騎手
「しまい重点で時計もちょうどいいし、動きもいい。前走は1800メートルで動かしていったが、ラストも脚を使ってくれた。2500メートルのほうがスローになる分、レースはやりやすい」
タイセイトレイル

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 53.0-38.9-25.6-12.9(馬なり)
ホウオウライジン(一杯)を0.5秒追走0.3秒先着

安藤助手
「内容は悪くなかった。気難しさを出さなければ、昨年(2着)くらい走っていいと思う」
トーセンカンビーナ

最終追い切り
美浦・南W・稍重
5F 67.8-53.4-40.0-13.7(一杯)
タケルペガサス(馬なり)の内を0.8秒追走・3F併せで0.1秒遅れ

M.デムーロ騎手
「最後までしっかり動いていた。気を抜かないで集中して走れれば…」
バレリオ

最終追い切り
美浦・南W・稍重
5F 66.0-52.0-39.1-13.2(強め)
サペラヴィ(馬なり)の内0.8秒追走0.3秒遅れ

相沢調教師
「先週ビッシリ追ったので、これで十分。体調はいいし、ためれば切れるよ」
プリンスオブペスカ

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 82.8-67.0-51.9-38.0-12.0(一杯)
ハクアイウィンザー(一杯)の外を0.6秒追走・3F併せで0.1秒遅れ

松永昌調教師
「状態が上がっていることを感じる。左回りは問題ない。長くいい脚を使えれば」
ベストアプローチ

最終追い切り
美浦・坂路・良
800m 52.2-38.3-25.2-12.4(一杯)

畠山助手
「久々でも稽古本数はしっかりこなした。距離延長はいい」
ミュゼエイリアン

最終追い切り
美浦・南W・稍重
5F 68.2-53.0-39.3-12.7(馬なり)
テトラクォーク(馬なり)の外0.8秒先行0.4秒先着

黒岩調教師
「肉体的に動ける仕上がり。目黒記念(14着)は不利で追えなかった。適性はある」
メイショウテンゲン

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 86.4-70.8-55.6-41.5-12.5(一杯)

池添兼調教師
「時計は遅いけど、体重の重い助手が乗っていた。先週併せ馬でビシッとやったしこれで十分。夏を越して体がしっかりしてきた。距離はあればあるほどいい」
ユーキャンスマイル

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 53.8-38.8-25.1-12.4(強め)

友道調教師
「先週にしっかりやっているので、息を整える程度。いつも通り。早めに栗東へ戻して2カ月近く順調に乗り込んだ。休み明けでも走れる」
ラストドラフト

最終追い切り
美浦・ポリ・良
5F 63.8-49.1-36.1-12.3(馬なり)
ミモザイエロー(末強め)の内0.7秒追走同入

斎藤助手
「前走はレース後に熱中症の症状が見られた。使って上向きで、動きも素軽くなった」
関連記事
武豊騎手はみやこステークスでベストタッチダウンに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(12/5・12/6)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
エリザベス女王杯は2020年11月15日に阪神競馬場で行われる秋の最強牝馬決定戦。エリザベス女王杯は2020年で第45回を迎え、昨年はラッキーライラックが制した。エリザベス女王杯の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
マイルチャンピオンシップは2020年11月22日に阪神競馬場で行われる秋のマイル王決定戦。マイルCSは2020年で第37回を迎え、昨年はインディチャンプが勝利した。出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金などをチェックしてみよう。