【セントウルステークス2022】結果・動画/メイケイエールがレコードタイムで快勝

セントウルステークス2022 メイケイエール

セントウルステークス2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年のセントウルSの着順は1着:メイケイエール、2着:ファストフォース、3着:サンライズオネストとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年のセントウルステークスはメイケイエールがレコードタイムで快勝

2022年9月11日(日) | 5回中京2日 | 15:35 発走
第36回 セントウルステークス(GII)芝・左 1200m
Centaur Stakes (G2)

スポンサーリンク

2022年・セントウルステークスの動画

関連記事
昨年のセントウルステークスはレシステンシアが制していた。
セントウルステークス2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のセントウルステークスの着順は1着:レシステンシア、2着:ピクシーナイト、3着:クリノガウディーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年・セントウルステークスの結果

スポンサーリンク

1着:メイケイエール
2着:ファストフォース(2-1/2馬身)
3着:サンライズオネスト(1-1/4馬身)
4着:ダディーズビビッド(クビ)
5着:ソングライン(1/2馬身)
6着:モントライゼ
7着:シャンデリアムーン
8着:タイセイアベニール
9着:ラヴィングアンサー
10着:ボンボヤージ
11着:メイショウケイメイ
12着:チェアリングソング
13着:ジャスパープリンス

勝ちタイム:1:06.2
優勝騎手:池添 謙一
馬場:良

関連記事
G1・スプリンターズステークスをにぎわす馬は?
スプリンターズステークスは2022年10月2日に中山競馬場で行われる電撃のスプリント戦。スプリンターズSは2022年で第56回を迎え、昨年はピクシーナイトが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

セントウルステークス2022 メイケイエール

1着 メイケイエール(池添謙一騎手)
「時計は気にして競馬に乗っていませんし、結果それがついてきただけだけだと思います。開幕週ですしね。折り合いについては勝負どころでせかすくらいでしたし、きょうは楽でした。結果を出してくれていい形で本番に向かえますし、あとはG1のタイトルだけだと思うので、しっかりと順調にいってくれれば」

2着 ファストフォース(団野大成騎手)
「やるなら、こういう極端な競馬をしようと。逃げ馬を置いて自分のペースで運べましたし、しまいも自分の競馬ができました。相手が悪かったです」

3着 サンライズオネスト(横山典弘騎手)
「良かったんじゃないか。放牧から帰ってきてガレていたと聞いていたし、本調子でなかったのかも。悪い馬じゃないし、面白い馬だよ」

4着 ダディーズビビッド(竹之下智昭騎手)
「休み明けに強いメンバーで良く頑張りました。休み明けという感じがしていましたから、使って良くなると思います。頑張って走ってくれますね」

5着 ソングライン(C.ルメール騎手)
「休み明けでしたし、距離が短くて忙しかったです。最後は来ていますが、1200メートルのリズムと1600メートルでは違いますしね。頑張ってくれました」

6着 モントライゼ(川田将雅騎手)
「勝ち馬の後ろでリズム良く競馬ができました。2戦続けて、いい兆しだったと思います」

7着 シャンデリアムーン(斎藤新騎手)
「自分の競馬はできました。理想を言えばもう少し離して後ろに脚を使わせる形ですが、重賞なのでなかなかそうもいきませんでした」

8着 タイセイアベニール(藤岡康太騎手)
「この馬の競馬で、終い勝負をしました。良く脚を使っていますが、時計が速すぎました」

10着 ボンボヤージ(川須栄彦騎手)
「開幕週の内枠。いいポジションで運ぼうと。思った通りにやりたい競馬はできて力は出し切ってくれましたが、前に並んでいけませんでした」

11着 メイショウケイメイ(古川吉洋騎手)
「内、内でうまく走れていたし、最近の中ではよかった」

12着 チェアリングソング(坂井瑠星騎手)
「この馬なりにしっかり脚を使って、よく頑張ってくれたと思います」

勝ち馬プロフィール

セントウルステークス2022 メイケイエール

メイケイエール(Meikei Yell)牝4/鹿毛 武 英智(栗東)
父:ミッキーアイル 母:シロインジャー 母父:ハービンジャー
馬名の由来:冠名+応援

関連記事
メイケイエールは前走、京王杯スプリングを制していた
京王杯スプリングカップ2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年の京王杯SCの着順は1着:メイケイエール、2着:スカイグルーヴ、3着:タイムトゥヘヴンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。