【アンタレスステークス2019】結果・動画/アナザートゥルースが抜け出し快勝

アンタレスステークス2019 アナザートゥルース

アンタレスステークス2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のアンタレスSの着順は1着:アナザートゥルース、2着:グリム、3着:ロンドンタウンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2019年のアンタレスステークスはアナザートゥルースが抜け出し快勝

2019年4月14日(日) | 2回阪神8日 | 15:30 発走
第24回 アンタレスステークス(GIII)ダート・右 1800m
Antares Stakes (G3)

2019年・アンタレスステークスの動画

関連記事
昨年のアンタレスステークスはグレイトパールが制していた。

アンタレスステークス 2018の動画・結果です。アンタレスステークスの結果は1着:グレイトパール、2着:ミツバ、3着:クインズサターン。「グレイトパール」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

2019年・アンタレスステークスの結果

1着:アナザートゥルース
2着:グリム(1/2馬身)
3着:ロンドンタウン(クビ)
4着:ウェスタールンド(2-1/2馬身)
5着:ナムラアラシ(2-1/2馬身)
6着:クロスケ
7着:ピオネロ
8着:ヒラボクラターシュ
9着:メイショウスミトモ
10着:マイネルオフィール
11着:リーゼントロック
12着:テーオーエナジー
13着:オルナ
14着:トラキチシャチョウ
15着:コパノチャーリー
16着:ドライヴナイト

勝ちタイム:1.50.8
優勝騎手:大野 拓弥
馬場:稍重

関連記事
アナザートゥルースは前走・名古屋大賞典で3着だった。

名古屋大賞典2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の名古屋大賞典の着順は1着:グリム、2着:ヒラボクラターシュ、3着:アナザートゥルースとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

レース後のコメント

1着 アナザートゥルース(大野拓弥騎手)
「ずっと乗せてもらっていた馬で、喜びは特別です。あまり切れる脚を使えるタイプではなく、(中団の)馬の後ろでしっかり脚をためられました。いつもコーナーでスムーズでなかったりするのですが、右側だけのブリンカーをつけて真っすぐ走ってくれました。そして反応も良かったです。サウンドトゥルーの弟で、オーナーにはお世話になっています。中央の重賞は久々なので、関係者に感謝しています。晩成の血統なので、これからもっと良くなると思います」

(高木登調教師)
「内にもたれる面がある馬ですが、右側だけのブリンカーの効果がありました。この血統はすごいですね」

2着 グリム(浜中俊騎手)
「控える形になったが、馬群で競馬はできた。勝ちたかったですけどね。中央の速い流れでも、違う形で競馬ができたのは収穫」

3着 ロンドンタウン(吉田隼人騎手)
「1歩目をモサッと出たが、イイ位置で運べた。(勝ち馬には)離されてしまった。」

4着 ウェスタールンド(北村友一騎手)
「ゆっくり加速したかったが、向正面でスイッチが入った。落鉄もあって走りづらそうだった。」

5着 ナムラアラシ(幸英明騎手)
「後ろから良く伸びているけど、もっとうまく立ち回れていれば…。」

6着 クロスケ(武藤雅騎手)
「勝負どころで反応がなかったが、もう一度しぶとく伸びてくれた。」

7着 ピオネロ(荻野極騎手)
「この馬にはパサパサ馬場の方が走りやすいと思う。」

8着 ヒラボクラターシュ(四位洋文騎手)
「流れに乗れたが3角で手応えが悪くなった。」

9着 メイショウスミトモ(小牧太騎手)
「スタートを出していく予定だったが出遅れたのが痛い。」

10着 マイネルオフィール(和田竜二騎手)
「ジリジリきたけどゴチャついて踏み遅れた。」

11着 リーゼントロック(坂井瑠星騎手)
「この馬のパターンで運べたが、時計が速かった。」

12着 テーオーエナジー(藤岡康太騎手)
「2番手から勝負所でプレッシャーを受けてから本来の走りにならなかった。」

13着 オルナ(酒井学騎手)
「3~4角でパッチンくらってはさまれた。」

勝ち馬プロフィール

アンタレスステークス2019 アナザートゥルース

アナザートゥルース(Another Truth)せん5/栗毛 高木 登(美浦)
父:アイルハヴアナザー 母:キョウエイトルース 母父:フジキセキ
馬名の由来:もう1つの真実。父名の一部+母と兄サウンドトゥルーより連想