【フローラステークス2016】動画・結果/チェッキーノが直線半ばで抜け出し圧勝

フローラステークス2016 チェッキーノ

フローラステークス2016の動画・結果です。2016年のフローラステークスの結果は1着:チェッキーノ、2着:パールコード、3着:アウェイクとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2016年のフローラステークスはチェッキーノが直線半ばで抜け出し圧勝

2016年4月24日(日) | 2回東京2日 | 15:45 発走
第51回 フローラステークス(GII)芝・左 2000m
Flora Stakes(Japanese Oaks Trial) (G2)

スポンサーリンク

2016年・フローラステークスの動画

関連記事
昨年のフローラステークスはシングウィズジョイが制していた。
「フローラステークス 2015」の動画・結果です。フローラステークスの結果は1着:シングウィズジョイ、2着:ディアマイダーリン、3着:マキシマムドパリ。「シングウィズジョイ」が勝利したフローラステークスの詳しい結果、動画をご覧ください。

2016年・フローラステークスの結果

スポンサーリンク

1着:チェッキーノ
2着:パールコード(3馬身)
3着:アウェイク(1/2馬身)
4着:フロンテアクイーン(アタマ)
5着:ビッシュ(1-1/2馬身)
6着:アグレアーブル
7着:クィーンズベスト
8着:ゲッカコウ
9着:トウカイシェーン
10着:ファイアクリスタル
11着:シャララ
12着:バレエダンサー
13着:エマノン
14着:クロコスミア
15着:ショコラーチ
16着:シークザフューチャ
17着:エルビッシュ
18着:ブルーオリエント

勝ちタイム:1.59.7
勝利騎手:C.ルメール
馬場:良

関連記事
G1・オークスをにぎわす馬は?
オークスは2021年5月23日に東京競馬場で行われる三歳牝馬には過酷な2400m戦。オークスは2021年で第82回を迎え、昨年はデアリングタクトが制した。オークスの出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

レース後のコメント

1着 チェッキーノ(C.ルメール騎手)
「強かったですね。4コーナーの反応はいまひとつでしたが、直線でペースを上げていき、最後まで速いペースを維持しました。今日はスタートもよく、リラックスして走っていました。スタミナがあります。今日は簡単に勝ちました。距離の適性はまだわかりませんが、だんだんよくなっていく馬なので楽しみです」

(藤沢和雄調教師)
「この母の産駒は一頭で走りたがる馬が多いのですが、この仔はとてもおだやかな馬です。次はオークスを目指します。鞍上はC.ルメール騎手で調整します」

2着 パールコード(川田将雅騎手)
「上手に競馬をしていました。直線もこの馬なりにしっかり伸びています。オークスへの権利と賞金を加算できてよかったです」

3着 アウェイク(吉田豊騎手)
「枠順もよかったですし、一瞬の脚を生かすような競馬をしました。まだ外へ出してからモタれたり、子どもっぽい面はありますが、いい馬です」

8着 ゲッカコウ(松岡正海騎手)
「ゲートの中でうるさくて、出遅れてしまいました。出遅れた分で負けた感じです」

9着 トウカイシェーン(田中勝春騎手)
「もう少しいいところにつけて行きたかったのですが、行けませんでした」

勝ち馬プロフィール

フローラステークス2016 チェッキーノ

チェッキーノ(Cecchino)牝3/栗毛 藤沢 和雄(美浦)
父:キングカメハメハ 母:ハッピーパス 母父:サンデーサイレンス
馬名の由来:射撃の達人(伊)