【青葉賞2021】出走予定馬・予想オッズ・騎手/新緑の季節に熾烈な戦い

青葉賞2020 オーソリティ

青葉賞は2021年5月1日に東京競馬場で行われるダービーへの切符を賭けた戦い。青葉賞は2021年で第28回を迎え、昨年はオーソリティが勝利した。出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

新緑の季節に熾烈な戦い
スポンサーリンク

2021年・青葉賞の出走予定馬をチェック

青葉賞の枠順決定!(4月30日)

青葉賞2021 枠順

2021年・青葉賞の枠順が発表されました。

人気が予想されるところではキングストンボーイが5枠10番、ワンダフルタウンは1枠2番、アオイショーは3枠6番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

2021年・青葉賞の追い切り・コメントをチェック!
青葉賞2021の追い切り・コメントの記事です。青葉賞の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
出走予定馬(4月25日)

2021年の青葉賞の出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは18頭となっています。

賞金上位馬
  • アオイショー(大野拓弥)
  • ヴェローチェオロ(未定)
  • キングストンボーイ(C.ルメール
  • タガノカイ(石川裕紀人)
  • ノースブリッジ(未定)
  • リーブルミノル(三浦皇成)
  • レインフロムヘヴン(石橋脩)
  • レッドヴェロシティ(M.デムーロ)
  • ワンダフルタウン(和田竜二)
  • ワンデイモア(田辺裕信)
抽選対象馬(12頭中8頭が出走可能)
  • アウスヴァール(古川吉洋)
  • アランデル(横山武史)
  • グレアリングアイ(内田博幸)
  • ゲヴィナー(戸崎圭太)
  • スワーヴエルメ(未定)
  • テンカハル(坂井瑠星)
  • テーオーロイヤル(未定)
  • トーホウバロン(未定)
  • バーボンハイボール(未定)
  • マテンロウエール(横山典弘)
  • モンテディオ(池添謙一)
  • レンツシュピッツェ(武藤雅)
青葉賞・注目馬ピックアップ

2021年・青葉賞の出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

ワンダフルタウン(Wonderful Town)

ワンダフルタウン・3歳牡馬
父:ルーラーシップ
母:シーオブラブ
母父:ディープインパクト
主な勝鞍:2020年・京都2歳ステークス
馬名の由来:曲名

爪の状態が思わしくなかったために皐月賞をパス。
青葉賞からダービーに向かうプランに矛先を変えた。
2歳時に重賞を制しており、状態が万全ならもちろん主役候補。

レッドヴェロシティ(Red Velocity)

レッドヴェロシティ・3歳牡馬
父:ワールドエース
母:トップモーション
母父:シンボリクリスエス
主な勝鞍:2021年・水仙賞
馬名の由来:冠名+速力。スピード溢れる走りを期待

距離を延ばして挑んだ水仙賞では2番手から抜け出す競馬で勝利をおさめ2勝目を獲得。
馬体の増減が大きいタイプなだけに当日の状態を気にしたい。

リーブルミノル(Libre Minoru)

リーブルミノル・3歳牡馬
父:キングカメハメハ
母:サルスエラ
母父:マンハッタンカフェ
主な勝鞍:2021年・アザレア賞
馬名の由来:自由な(仏)+冠名

キャリア10戦は他馬に比べて多い。
経験を武器に権利獲得を狙う。

ノースブリッジ(North Bridge)

ノースブリッジ・3歳牡馬
父:モーリス
母:アメージングムーン
母父:アドマイヤムーン
主な勝鞍:2020年・葉牡丹賞
馬名の由来:北+橋。人名より

2戦2勝のモーリス産駒。
ザ石のため共同通信杯を回避した影響はどれほど?

キングストンボーイ(Kingston Boy)

キングストンボーイ・3歳牡馬
父:ドゥラメンテ
母:ダイワパッション
母父:フォーティナイナー
主な勝鞍:2021年・ベゴニア賞
馬名の由来:ジャマイカの都市名+少年

半兄のエポカドーロ(父オルフェーヴル)は皐月賞馬でダービーも2着。
距離はこなせそう。

アオイショー(Aoi Sho)

アオイショー・3歳牡馬
父:ロードカナロア
母:スイチョウカ
母父:シンボリクリスエス
主な勝鞍:2021年・山吹賞
馬名の由来:冠名+翔

山吹賞では上がり34秒0の決め手を繰り出し直線大外一気で快勝した。
決め手は重賞クラスでも通用しそう。

アランデル(Arundel)

アランデル・3歳牡馬
父:ハービンジャー
母:ガラディナー
母父:サンデーサイレンス
主な勝鞍:2020年・2歳新馬
馬名の由来:イギリスにある城の名称

きさらぎ賞5着。

ワンデイモア(One Day More)

ワンデイモア・3歳牡馬
父:ドゥラメンテ
母:メジロバーミューズ
母父:アサティス
主な勝鞍:2021年・3歳1勝クラス
馬名の由来:楽曲名

重賞初挑戦となった弥生賞では0.9秒差の7着。
決め手を生かせる流れになれば。

青葉賞2021の予想オッズ

スポンサーリンク
予想オッズ

予想オッズ

2021年・青葉賞の予想オッズはこのように予想しています。
共同通信杯4着から巻き返しを誓うキングストンボーイが1番人気に支持されると予想します。
上位3頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. キングストンボーイ(2.5)
  2. ワンダフルタウン(3.5)
  3. スワーヴエルメ(9.0)
  4. アオイショー(10.5)
  5. レッドヴェロシティ(12.0)
  6. ノースブリッジ(20.0)
  7. モンテディオ(30.0)
  8. リーブルミノル(32.0)
  9. ゲヴィナー(37.0)
  10. レインフロムヘヴン(40.0)
  11. ヴェローチェオロ(☆)
  12. ワンデイモア(☆)
  13. グレアリングアイ(☆)
  14. テンカハル(☆)
  15. アランデル(☆)
  16. タガノカイ(☆)
  17. マテンロウエール(☆)
  18. テーオーロイヤル(☆)
  19. バーボンハイボール(☆)
  20. アウスヴァール(☆)
  21. レンツシュピッツェ(☆)
  22. トーホウバロン(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

青葉賞の日程・賞金

青葉賞2019 リオンリオン

2021年5月1日(土)東京競馬場
格:G2 1着本賞金:5,400万円
年齢:3歳 距離:2,400m(芝・左)

青葉賞は本番の日本ダービーと同じ舞台設定で行われる前哨戦。上位2頭までに優先出走権が与えられるが、青葉賞勝ち馬から日本ダービー馬は誕生しておらず、本番で苦戦するケースが目立つ。

日本ダービー
日本ダービーは2021年5月30日に東京競馬場で行われる三歳馬の頂点を決める競馬の祭典。日本ダービーは2021年で第88回を迎え、昨年はコントレイルが優勝した。日本ダービーの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

青葉賞・プレイバック

青葉賞 2017 アドミラブル

2017年の青葉賞を制したのは「アドミラブル(Admirable)」。抜群の末脚で抜け出すと後続に2馬身半の差をつけ圧勝。その後の日本ダービーでは青葉賞での勝ちっぷりが評価され1番人気になるものの、0.3秒差の3着で栄冠にはあと一歩手が届かなかった。

青葉賞(GII)

1着:アドミラブル
2着:ベストアプローチ(2-1/2馬身)
3着:アドマイヤウイナー(1-1/4馬身)
4着:ポポカテペトル(ハナ)
5着:サーレンブラント(1-3/4馬身)

勝ちタイム:2.23.6
勝利騎手:M.デムーロ
馬場:良

2017年・青葉賞の全着順、動画、コメントもチェック!
青葉賞2017の動画・結果です。2017年・青葉賞の結果は1着:アドミラブル、2着:ベストアプローチ、3着:アドマイヤウイナーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする