【有馬記念2022】結果・予想オッズ・枠順/年末の大一番は豪華絢爛

有馬記念2021 エフフォーリア

有馬記念は2022年12月25日に中山競馬場で行われる一年の締め括りの大一番。有馬記念は2022年で第67回を迎え、昨年はエフフォーリアが制した。有馬記念の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

年末の大一番は豪華絢爛
スポンサーリンク

2022年・有馬記念の結果は!?

有馬記念2022 イクイノックス

2022年の有馬記念を制したのは『イクイノックス(Equinox)』。1頭別格の手応えで抜け出すと後続を寄せ付けず圧勝。天皇賞秋に続くG1・2勝目を手に入れた。

有馬記念(G1)

1着:イクイノックス
2着:ボルドグフーシュ(2-1/2馬身)
3着:ジェラルディーナ(1-1/2馬身)
4着:イズジョーノキセキ(3/4馬身)
5着:エフフォーリア(クビ)

勝ちタイム:2:32.4
優勝騎手:C.ルメール
馬場:良

2022年・有馬記念の全着順、動画、コメントもチェック!
有馬記念2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年の有馬記念の着順は1着:イクイノックス、2着:ボルドグフーシュ、3着:ジェラルディーナとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年・有馬記念の出走予定馬をチェック

スポンサーリンク
有馬記念の枠順決定!(12月22日)

有馬記念2022 枠順

2022年・有馬記念の枠順が発表されました。

人気が予想されるところではイクイノックスが5枠9番、タイトルホルダーは7枠13番、ジェラルディーナは3枠5番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

有馬記念の前日最終オッズは?!(12月24日)

有馬記念2022 前日最終オッズ

12月24日にJRAから発表された有馬記念の前日最終オッズです。
1番人気はイクイノックスが2.9倍、2番人気はタイトルホルダーで3.5倍、ジェラルディーナが7.0倍で続いています。
馬券に絡むのは人気馬か、穴馬か。
あなたの決断は?

有馬記念2022・出走馬の調教後の馬体重(12月22日)

有馬記念2022 調教後の馬体重

2022年12月22日にJRAより発表された有馬記念に出走する馬の調教後に計測された馬体重一覧です。

輸送などでこの馬体重からさらに増減があることが予想されます。
当日の馬体重もしっかりチェックしてください。

2022年・有馬記念の追い切り・コメントをチェック!
有馬記念2022の追い切り・コメントの記事です。有馬記念の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
出走予定馬(12月22日)

2022年の有馬記念の出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは16頭となっています。

  • アカイイト(幸英明)
  • アリストテレス(武豊
  • イクイノックス(C.ルメール
  • イズジョーノキセキ(岩田康誠)
  • ウインマイティー(和田竜二)
  • ヴェラアズール(松山弘平)
  • エフフォーリア(横山武史
  • ジェラルディーナ(C.デムーロ)
  • ジャスティンパレス(T.マーカンド)
  • タイトルホルダー(横山和生)
  • ディープボンド(川田将雅
  • ブレークアップ(戸崎圭太)
  • ポタジェ(吉田隼人)
  • ボッケリーニ(浜中俊)
  • ボルドグフーシュ(福永祐一)
  • ラストドラフト(三浦皇成)
【参考レース】2022年 有馬記念|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2022年・有馬記念の出走馬参考レース動画です。
出走予定馬の過去のレースを振り返り、馬券の参考にしよう!

有馬記念・注目馬ピックアップ

2022年・有馬記念の出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

エフフォーリア(Efforia)

エフフォーリア・4歳牡馬
父:エピファネイア
母:ケイティーズハート
母父:ハーツクライ
主な勝鞍:2021年・有馬記念
馬名の由来:強い幸福感(ギリシャ語)。母名より連想

昨年の覇者で、2021年の年度代表馬。
今年はふがいないレースが続いているが、状態さえ戻ってこれば勝ち負けできるはず。
2002、2003年のシンボリクリスエス以来の連覇なるか。

タイトルホルダー(Titleholder)

タイトルホルダー・4歳牡馬
父:ドゥラメンテ
母:メーヴェ
母父:Motivator
主な勝鞍:2022年・宝塚記念
馬名の由来:選手権保持者。父、母父、二代母父がダービー馬なので

凱旋門賞は悔しい結果に終わったが、くよくよしている暇はない。
勝って年度代表馬の座を引き寄せたい。

イクイノックス(Equinox)

イクイノックス・3歳牡馬
父:キタサンブラック
母:シャトーブランシュ
母父:キングヘイロー
主な勝鞍:2022年・天皇賞秋
馬名の由来:昼と夜の長さがほぼ等しくなる時

3歳世代を代表するイクイノックスが参戦を表明。
天皇賞秋で見せた決め手は現役屈指。

ヴェラアズール(Vela Azul)

ヴェラアズール・5歳牡馬
父:エイシンフラッシュ
母:ヴェラブランカ
母父:クロフネ
主な勝鞍:2022年・ジャパンカップ
馬名の由来:青い帆(西)。母名より連想

ジャパンカップを制しG1馬の仲間入りを果たしたヴェラアズールも出走を決断。
有馬記念も制すようなら年度代表馬の座も見えてくる。

ディープボンド(Deep Bond)

ディープボンド・5歳牡馬
父:キズナ
母:ゼフィランサス
母父:キングヘイロー
主な勝鞍:2021年・フォワ賞
馬名の由来:深い絆

昨年の2着馬。
今年も帰国初戦となるがそろそろビッグタイトルが欲しいところ。

ジェラルディーナ(Geraldina)

ジェラルディーナ・4歳牝馬
父:モーリス
母:ジェンティルドンナ
母父:ディープインパクト
主な勝鞍:2022年・エリザベス女王杯
馬名の由来:女性名より

エリザベス女王杯を制し晴れてG1馬の仲間入りを果たしたジェラルディーナ。
オールカマーを制した中山コースでG1連勝を狙う。

ボルドグフーシュ(Boldog Hos)

ボルドグフーシュ・3歳牡馬
父:スクリーンヒーロー
母:ボルドグザグ
母父:Layman
主な勝鞍:2022年・一宮特別
馬名の由来:幸せな英雄(ハンガリー語)

菊花賞2着馬。
ここ6戦連続で上がり最速の脚を使い上位争いを演じ続けている。

ジャスティンパレス(Justin Palace)

ジャスティンパレス・3歳牡馬
父:ディープインパクト
母:パレスルーマー
母父:Royal Anthem
主な勝鞍:2022年・神戸新聞杯
馬名の由来:冠名+母名の一部

神戸新聞杯で重賞初制覇を果たし、菊花賞でも3着と健闘。
中山コースはホープフルステークスで2着の経験あり。

ポタジェ(Potager)

ポタジェ・5歳牡馬
父:ディープインパクト
母:ジンジャーパンチ
母父:Awesome Again
主な勝鞍:2022年・大阪杯
馬名の由来:家庭菜園(仏)

今年の大阪杯勝ち馬。
引き続き吉田隼人騎手とのコンビで2つ目のG1タイトルを狙う。

ブレークアップ(Breakup)

ブレークアップ・4歳牡馬
父:ノヴェリスト
母:リトルジュン
母父:クロフネ
主な勝鞍:2022年・アルゼンチン共和国杯
馬名の由来:空が破れたかのように見えるオーロラ

今年のアルゼンチン共和国杯勝ち馬。
芝2500m戦は【1-1-2-0】と常に馬券に絡んでいる。

ウインマイティー(Win Mighty)

ウインマイティー・5歳牝馬
父:ゴールドシップ
母:アオバコリン
母父:カコイーシーズ
主な勝鞍:2022年・マーメイドステークス
馬名の由来:冠名+強大な

今年マーメイドステークスを制し重賞初制覇。
父ゴールドシップも制した有馬記念で一世一代の走りを。

アリストテレス(Aristoteles)

アリストテレス・5歳牡馬
父:エピファネイア
母:ブルーダイアモンド
母父:ディープインパクト
主な勝鞍:2021年・AJCC
馬名の由来:人名より

今年の2戦はいずれも二桁着順。
昨年の6着以上の着順を狙って。

ボッケリーニ(Boccherini)

ボッケリーニ・6歳牡馬
父:キングカメハメハ
母:ポップコーンジャズ
母父:ダンスインザダーク
主な勝鞍:2022年・目黒記念
馬名の由来:人名より

今年の日経賞ではタイトルホルダーと0.1秒差の2着と接戦を演じている。
中山コースならチャンスがありそう。

スポンサーリンク

有馬記念2022の予想オッズ

予想オッズ

予想オッズ

2022年・有馬記念の予想オッズはこのように予想しています。
天皇賞秋を制した3歳馬イクイノックスが1番人気に支持されると予想します。
上位4頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. イクイノックス(2.5)
  2. タイトルホルダー(3.0)
  3. エフフォーリア(6.0)
  4. ジェラルディーナ(8.5)
  5. ヴェラアズール(12.0)
  6. ディープボンド(16.0)
  7. ボルドグフーシュ(20.0)
  8. ジャスティンパレス(28.5)
  9. ブレークアップ(40.5)
  10. ポタジェ(85.0)
  11. アリストテレス(☆)
  12. アカイイト(☆)
  13. ウインマイティー(☆)
  14. ボッケリーニ(☆)
  15. イズジョーノキセキ(☆)
  16. ラストドラフト(☆)

☆印は100倍以上と予想しています。

有馬記念の日程・賞金

第67回 有馬記念(Arima Kinen)

有馬記念2019 リスグラシュー

2022年12月25日(日)中山競馬場
格:G1 1着本賞金:4億円
年齢:3歳以上 距離:2,500m(芝・右)

春のグランプリ・宝塚記念はタイトルホルダーが制していた。

宝塚記念
宝塚記念は2022年6月26日に阪神競馬場で行われる春のグランプリホースを決める一戦。宝塚記念は2022年で第63回を迎え、昨年はクロノジェネシスが連覇を果たした。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

有馬記念・プレイバック

有馬記念2013 オルフェーヴル

2013年の有馬記念を制したのは『オルフェーヴル(Orfevre)』。直線ではライバルたちに影をも踏ませぬ圧倒的な強さを見せ圧勝。8馬身差で有終の美を飾った。

有馬記念(GI)

1着:オルフェーヴル
2着:ウインバリアシオン(8馬身)
3着:ゴールドシップ(1-1/2馬身)
4着:ラブイズブーシェ(2-1/2馬身)
5着:タマモベストプレイ(クビ)

勝ちタイム:2.32.3
勝利騎手:池添 謙一
馬場:良

2013年・有馬記念の全着順、動画、コメントもチェック!
有馬記念2013の結果・動画をまとめた記事です。2013年の有馬記念の着順は1着:オルフェーヴル、2着:ウインバリアシオン、3着:ゴールドシップとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする