【有馬記念2021】出走予定馬・結果・騎手/年末の大一番は豪華絢爛

有馬記念2020 クロノジェネシス

有馬記念は2021年12月26日に中山競馬場で行われる一年の締め括りの大一番。有馬記念は2021年で第66回を迎え、昨年はクロノジェネシスが制した。有馬記念の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

年末の大一番は豪華絢爛
スポンサーリンク

2021年・有馬記念の結果は!?

有馬記念2021 エフフォーリア

2021年の有馬記念を制したのは『エフフォーリア(Efforia)』。ファンの期待に応える走りでライバルたちを圧倒。見事な走りで3つ目のG1タイトルを手にした。

有馬記念(G1)

1着:エフフォーリア
2着:ディープボンド(3/4馬身)
3着:クロノジェネシス(1/2馬身)
4着:ステラヴェローチェ(1/2馬身)
5着:タイトルホルダー(1-1/2馬身)

勝ちタイム:2.32.0
優勝騎手:横山 武史
馬場:良

2021年・有馬記念の全着順、動画、コメントもチェック!
有馬記念2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の有馬記念の着順は1着:エフフォーリア、2着:ディープボンド、3着:クロノジェネシスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年・有馬記念の出走予定馬をチェック

スポンサーリンク
有馬記念の枠順決定!(12月23日)

有馬記念2021 枠順

2021年・有馬記念の枠順が発表されました。

人気が予想されるところではクロノジェネシスが4枠7番、エフフォーリアは5枠10番、タイトルホルダーは8枠16番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

有馬記念の前日最終オッズは?!(12月25日)

有馬記念2021 前日最終オッズ

12月25日にJRAから発表された有馬記念の前日最終オッズです。
1番人気はエフフォーリアで2.5倍、2番人気はクロノジェネシスが3.2倍、3番人気にはステラヴェローチェが8.6倍で続いています。
馬券に絡むのは人気馬か、穴馬か。
あなたの決断は?

有馬記念2021・出走馬の調教後の馬体重(12月23日)

有馬記念2021 調教後の馬体重

2021年12月23日にJRAより発表された有馬記念に出走する馬の調教後に計測された馬体重一覧です。

輸送などでこの馬体重からさらに増減があることが予想されます。
当日の馬体重もしっかりチェックしてください。

:ディープボンドは天皇賞春出走時と比べると+14kg、クロノジェネシスは宝塚記念出走時と比べると+10kgとなっている。

2021年・有馬記念の追い切り・コメントをチェック!
有馬記念2021の追い切り・コメントの記事です。有馬記念の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
出走予定馬(12月12日)

2021年の有馬記念の出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは16頭となっています。

ファン投票上位馬
  • アカイイト(幸英明)
  • アリストテレス(武豊
  • ウインキートス(丹内祐次)
  • エフフォーリア(横山武史)
  • キセキ(松山弘平)
  • クロノジェネシス(C.ルメール
  • ステラヴェローチェ(M.デムーロ)
  • タイトルホルダー(横山和生)
  • ディープボンド(和田竜二)
  • メロディーレーン(岩田望来)
賞金上位馬
  • モズベッロ(池添謙一)
  • ユーキャンスマイル(藤岡佑介)
  • ペルシアンナイト(C.デムーロ)
  • シャドウディーヴァ(横山典弘)
  • パンサラッサ(菱田裕二)
  • アサマノイタズラ(田辺裕信)
除外対象馬
  • エブリワンブラック(未定)
有馬記念・注目馬ピックアップ

2021年・有馬記念の出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

クロノジェネシス(Chrono Genesis)

クロノジェネシス・5歳牝馬
父:バゴ
母:クロノロジスト
母父:クロフネ
主な勝鞍:2021年・宝塚記念
馬名の由来:母名より+創世記

昨年の覇者。
有馬記念がラストランとなる予定。
再びルメール騎手とのコンビで有終の美を飾れるか。

エフフォーリア(Efforia)

エフフォーリア・3歳牡馬
父:エピファネイア
母:ケイティーズハート
母父:ハーツクライ
主な勝鞍:2021年・天皇賞秋
馬名の由来:強い幸福感(ギリシャ語)。母名より連想

春のクラシックでは皐月賞を制しダービーでも2着、秋初戦となった天皇賞秋では三強対決を制し19年ぶりとなる三歳での優勝を果たした。
有馬記念も勝てば年度代表馬の座をグッと手繰り寄せられる。
どこまで強くなるか楽しみが尽きない。

タイトルホルダー(Titleholder)

タイトルホルダー・3歳牡馬
父:ドゥラメンテ
母:メーヴェ
母父:Motivator
主な勝鞍:2021年・菊花賞
馬名の由来:選手権保持者。父、母父、二代母父がダービー馬なので

横山武史騎手とのコンビで菊花賞を制したタイトルホルダーも参戦を表明。
有馬記念では横山和生騎手とのコンビで参戦する。
変幻自在の脚質でグランプリを盛り上げる。

アカイイト(Akai Ito)

アカイイト・4歳牝馬
父:キズナ
母:ウアジェト
母父:シンボリクリスエス
主な勝鞍:2021年・エリザベス女王杯
馬名の由来:赤い糸。父名より連想

10番人気でエリザベス女王杯を制し波乱を演出した。
引き続き幸騎手とのコンビで一流牡馬に挑戦だ。

ステラヴェローチェ(Stella Veloce)

ステラヴェローチェ・3歳牡馬
父:バゴ
母:オーマイベイビー
母父:ディープインパクト
主な勝鞍:2021年・神戸新聞杯
馬名の由来:星(伊)+速い(伊)

クラシック皆勤賞も3着、3着、4着とあと一歩タイトルに手が届かなかった。
惜敗続きにピリオドを。

ディープボンド(Deep Bond)

ディープボンド・4歳牡馬
父:キズナ
母:ゼフィランサス
母父:キングヘイロー
主な勝鞍:2021年・フォワ賞
馬名の由来:深い絆

この秋、フランスでフォワ賞を制し凱旋門賞(14着)にも挑戦したディープボンドが有馬記念で帰国後の初戦を迎える。
和田竜二騎手との再コンビでG1初制覇を狙う。

アリストテレス(Aristoteles)

アリストテレス・4歳牡馬
父:エピファネイア
母:ブルーダイアモンド
母父:ディープインパクト
主な勝鞍:2021年・AJCC
馬名の由来:人名より

中山競馬場はAJCCで重賞初勝利したコース。
宝塚記念となる武豊騎手とのコンビで金星を狙う。

シャドウディーヴァ(Shadow Diva)

シャドウディーヴァ・5歳牝馬
父:ハーツクライ
母:ダイヤモンドディーバ
母父:Dansili
主な勝鞍:2021年・府中牝馬ステークス
馬名の由来:影+神がかり的(ラテン語)

左回りを求めて挑戦したジャパンカップでは11番人気ながら7着と健闘。
右回りも苦手というわけではないので軽視するのは危険か。

メロディーレーン(Melody Lane)

メロディーレーン・5歳牝馬
父:オルフェーヴル
母:メーヴェ
母父:Motivator
主な勝鞍:2021年・古都ステークス
馬名の由来:椿の品種の一つ

3勝クラスの古都ステークスではG1並みの声援を受け勝利。
ファンの後押しを受け年末の大一番へ。
鞍上には引き続き岩田望来騎手を予定。

ウインキートス(Win Kiitos)

ウインキートス・4歳牝馬
父:ゴールドシップ
母:イクスキューズ
母父:ボストンハーバー
主な勝鞍:2021年・目黒記念
馬名の由来:冠名+ありがとう(フィンランド語)

今年の目黒記念勝ち馬。
大舞台で父ゴールドシップの血が騒ぎ出す。

キセキ(Kiseki)

キセキ・7歳牡馬
父:ルーラーシップ
母:ブリッツフィナーレ
母父:ディープインパクト
主な勝鞍:2017年・菊花賞
馬名の由来:奇跡

有馬記念がラストラン。
菊花賞以来の白星なるか。

ユーキャンスマイル(You Can Smile)

ユーキャンスマイル・6歳牡馬
父:キングカメハメハ
母:ムードインディゴ
母父:ダンスインザダーク
主な勝鞍:2020年・阪神大賞典
馬名の由来:笑ってごらん

昨年の有馬記念は11着。
今年は阪神大賞典こそ2着に入ったものの、その後は結果が出ていない。

主な回避馬

コントレイル(Contrail)

コントレイル・4歳牡馬
父:ディープインパクト
母:ロードクロサイト
母父:Unbridled’s Song
主な勝鞍:2020年・日本ダービー
馬名の由来:飛行機雲

この秋は天皇賞秋、ジャパンカップ、有馬記念の3戦の予定だったがローテーション的に3戦はきついとのことで有馬記念は出走せず引退。

スポンサーリンク

有馬記念2021の予想オッズ

予想オッズ

予想オッズ

2021年・有馬記念の予想オッズはこのように予想しています。
今年の皐月賞、天皇賞秋を制しているエフフォーリアが1番人気に支持されると予想します。
上位3頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. エフフォーリア(2.0)
  2. クロノジェネシス(2.3)
  3. タイトルホルダー(8.0)
  4. ステラヴェローチェ(12.0)
  5. アカイイト(31.5)
  6. ディープボンド(39.0)
  7. アリストテレス(43.0)
  8. ウインキートス(48.5)
  9. パンサラッサ(☆)
  10. アサマノイタズラ(☆)
  11. キセキ(☆)
  12. メロディーレーン(☆)
  13. モズベッロ(☆)
  14. ペルシアンナイト(☆)
  15. シャドウディーヴァ(☆)
  16. ユーキャンスマイル(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

有馬記念の日程・賞金

第66回 有馬記念(Arima Kinen)

有馬記念2019 リスグラシュー

2021年12月26日(日)中山競馬場
格:G1 1着本賞金:3億円
年齢:3歳以上 距離:2,500m(芝・右)

春のグランプリ・宝塚記念はクロノジェネシスが制していた。

宝塚記念
宝塚記念2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の宝塚記念の着順は1着:クロノジェネシス、2着:キセキ、3着:モズベッロとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

有馬記念・プレイバック

有馬記念2013 オルフェーヴル

2013年の有馬記念を制したのは『オルフェーヴル(Orfevre)』。直線ではライバルたちに影をも踏ませぬ圧倒的な強さを見せ圧勝。8馬身差で有終の美を飾った。

有馬記念(GI)

1着:オルフェーヴル
2着:ウインバリアシオン(8馬身)
3着:ゴールドシップ(1-1/2馬身)
4着:ラブイズブーシェ(2-1/2馬身)
5着:タマモベストプレイ(クビ)

勝ちタイム:2.32.3
勝利騎手:池添 謙一
馬場:良

2013年・有馬記念の全着順、動画、コメントもチェック!
有馬記念2013の結果・動画をまとめた記事です。2013年の有馬記念の着順は1着:オルフェーヴル、2着:ウインバリアシオン、3着:ゴールドシップとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする