【有馬記念 2017】出走予定馬・日程・賞金/年末の大一番は豪華絢爛

「有馬記念」は2017年12月24日に中山競馬場で行われる1年の締め括りの大一番。有馬記念は2017年で第62回を迎える。昨年はサトノダイヤモンドが制した。有馬記念の出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

年末の大一番は豪華絢爛

動画・結果

2017年の有馬記念を制したのは「キタサンブラック(Kitasan Black)」。ラストランの一戦で完璧なパフォーマンスを見せ完勝。見るものすべてを魅了した。

2017年・有馬記念

有馬記念 2017 キタサンブラック

【有馬記念 2017】動画・結果/キタサンブラックがファンの期待に答え劇的Vで締める

「有馬記念 2017」の動画・結果です。有馬記念の結果は1着:キタサンブラック、2着:クイーンズリング、3着:シュヴァルグラン。「キタサンブラック」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

キタサンブラック お別れセレモニー

枠順

有馬記念 2017 枠順

有馬記念」の枠順が発表されました。
ラストランを迎える武豊騎手騎乗のキタサンブラックは1枠2番、前走ジャパンカップを制し悲願のG1初制覇を果たしたシュヴァルグランは5枠10番、M.デムーロ騎手が手綱を取り勢いある3歳世代を代表するスワーヴリチャードは7枠14番、春のグランプリを制したサトノクラウンは6枠12番に入った。
有馬記念は2017年12月24日(日)15時25分発走予定です。

データ・枠順

2017年・有馬記念のデータ・枠順に関する記事を公開しました。記事には枠順別や脚質別データなどさまざまなレースデータを書いております。

有馬記念 2017 枠順

【有馬記念 2017】データ・枠順/データから勝利の方程式を解く

「有馬記念 2017」のデータ・枠順の情報です。2017年・有馬記念のデータは枠順別や脚質別、種牡馬別や騎手別データなど多くの情報を掲載しています。さまざまな情報から有馬記念での激走馬を導き出す。予想の参考にどうぞ!

出走予定馬

出走予定馬・予想オッズ

2017年・有馬記念の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手に関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや参考レースも書いております。

サトノダイヤモンド

【有馬記念 2017】予想オッズ・出走予定馬/最高のフィナーレへ向けて

「有馬記念 2017」の予想オッズ・出走予定馬・想定騎手の情報です。有馬記念の出走登録は16頭。キタサンブラックやサトノクラウンなどが出走予定です。2017年の競馬を締めくくる名馬の祭典。どのようなフィナーレが待っているのか。

2017年・有馬記念の出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

・キタサンブラック(Kitasan Black)

天皇賞秋 2017 キタサンブラック2

キタサンブラック・5歳牡馬

父:ブラックタイド
母:シュガーハート
母父:サクラバクシンオー
主な勝鞍:2017年・天皇賞春秋
馬名の由来:冠名+父名の一部

歴史的名馬の仲間入りを果たしたといっても言い過ぎではない活躍を見せているキタサンブラック。
有馬記念を最後に引退を表明しており、この一戦は見逃せないラストランになる。
最後の花道を勝利で飾ることができるのか。

・スワーヴリチャード(Suave Richard)

アルゼンチン共和国杯 2017 スワーヴリチャード

スワーヴリチャード・3歳牡馬

父:ハーツクライ
母:ピラミマ
母父:Unbridled’s Song
主な勝鞍:2017年・アルゼンチン共和国杯
馬名の由来:冠名+人名より

日本ダービーで2着に入り、アルゼンチン共和国杯を快勝したスワーヴリチャードが満を持して有馬記念に挑む。
成長力のあるハーツクライ産駒で来年以降の活躍が楽しみだが、ここでも十分に勝ち負けが期待できる。
勝って世代交代を目指す。

・シュヴァルグラン(Cheval Grand)

ジャパンカップ 2017 シュヴァルグラン

シュヴァルグラン・5歳牡馬

父:ハーツクライ
母:ハルーワスウィート
母父:Machiavellian
主な勝鞍:2017年・ジャパンカップ
馬名の由来:偉大な馬(仏)

前走のジャパンカップで悲願のG1タイトルを手にした。
勢いそのままに今年の最終戦を制すことができるか。

・サトノクラウン(Satono Crown)

宝塚記念 2017 サトノクラウン

サトノクラウン・5歳牡馬

父:Marju
母:ジョコンダ2
母父:Rossini
主な勝鞍:2017年・宝塚記念
馬名の由来:冠名+王冠

春のグランプリホースのサトノクラウン。正式に出走を発表した。
ムーア騎手とのコンビで春秋グランプリ制覇を狙う。

・ミッキークイーン(Mikki Queen)

ミッキークイーン

ミッキークイーン・5歳牝馬

父:ディープインパクト
母:ミュージカルウェイ
母父:Gold Away
主な勝鞍:2015年・秋華賞
馬名の由来:冠名+女王

なかなか順調に使えないものの右回りの競馬場では結果を残している。
昨年の有馬記念は5着。叩き2走目で上昇気配だ。

・ルージュバック(Rouge Buck)

【毎日王冠 2016】動画・結果/ルージュバックが見ごたえある競り合いを制する

ルージュバック・5歳牝馬

父:マンハッタンカフェ
母:ジンジャーパンチ
母父:Awesome Again
主な勝鞍:2017年・オールカマー
馬名の由来:ブランデーをジンジャーエールで割ったカクテル名。母名より連想

今年のオールカマーを制し4つ目の重賞タイトルを手にしたルージュバック。なかなかG1タイトルを手にできずにいる。残り少ないチャンスをものにできるか。

・レインボーライン(Rainbow Line)

【アーリントンカップ 2016】動画・結果/レインボーラインが大接戦のゴール前を制する

レインボーライン・4歳牡馬

父:ステイゴールド
母:レーゲンボーゲン
母父:フレンチデピュティ
主な勝鞍:2016年・アーリントンカップ
馬名の由来:虹の道

この秋は天皇賞秋3着、ジャパンカップ6着と上位争いを演じている。
展開一つで上位進出も望める。

・クイーンズリング(Queens Ring)

エリザベス女王杯 2016 クイーンズリング

クイーンズリング・5歳牝馬

父:マンハッタンカフェ
母:アクアリング
母父:Anabaa
主な勝鞍:2016年・エリザベス女王杯
馬名の由来:マンハッタンの隣にある地名+母系より

今年は4戦して府中牝馬ステークスの4着が最高着順。
牡馬相手にどこまでやれるか。

・ヤマカツエース(Yamakatsu Ace)

金鯱賞 2017 ヤマカツエース

ヤマカツエース・5歳牡馬

父:キングカメハメハ
母:ヤマカツマリリン
母父:グラスワンダー
主な勝鞍:2017年・金鯱賞
馬名の由来:冠名+第一人者、最高、最高の存在

昨年の有馬記念では8番人気で4着と好走を見せた。
得意の中山コースで巻き返しを狙う。

・サトノクロニクル(Satono Chronicle)

チャレンジカップ 2017 サトノクロニクル

サトノクロニクル・3歳牡馬

父:ハーツクライ
母:トゥーピー
母父:Intikhab
主な勝鞍:2017年・チャレンジカップ
馬名の由来:冠名+年代記

前走のチャレンジカップで古馬を破り重賞初制覇を果たした。この馬も強い3歳世代。軽視するのは危険だぞ。

・ブレスジャーニー(Bless Journey)

【サウジアラビアロイヤルカップ 2016】動画・結果/ブレスジャーニーが外から鋭い決め手で差し切る

ブレスジャーニー・3歳牡馬

父:バトルプラン
母:エルフィンパーク
母父:タニノギムレット
主な勝鞍:2016年・東京スポーツ杯2歳S
馬名の由来:旅を祝福する

長期休養から有馬記念が叩き3走目となる。新コンビの三浦騎手と激走を誓う。

・シャケトラ(Sciacchetra)

シャケトラ

シャケトラ・4歳牡馬

父:マンハッタンカフェ
母:サマーハ
母父:シングスピール
主な勝鞍:2017年・日経賞
馬名の由来:イタリアの幻のデザートワイン

・サウンズオブアース(Sounds of Earth)

【日経賞 2016】動画・結果/ゴールドアクターがグランプリホースの貫禄を示す

サウンズオブアース・6歳牡馬

父:ネオユニヴァース
母:ファーストバイオリン
母父:Dixieland Band
主な勝鞍:2014年・はなみずき賞
馬名の由来:地球のサウンド

追い切り・コメント

2017年・有馬記念の追い切り・コメントに関する記事を公開しました。記事には追い切りタイムや追い切り後の関係者のコメントを書いております。

有馬記念 2017 追い切り

【有馬記念 2017】追い切り/抜群の動きを見せたのは

「有馬記念 2017」の追い切り・コメントの情報です。有馬記念に出走する有力馬中心に追い切りタイム・コメントをまとめてあります。状態の把握が馬券的中のカギとなる!

主な回避馬

・サトノダイヤモンド(Satono Diamond)

・有馬記念は無理せず回避。復帰は来年2月頃の中距離戦を予定。

サトノダイヤモンド 菊花賞

サトノダイヤモンド・4歳牡馬

父:ディープインパクト
母:マルペンサ
母父:Orpen
主な勝鞍:2016年・有馬記念
馬名の由来:冠名+宝石名。流星の形から連想

・レイデオロ(Rey de Oro)

年内休養を決める。

日本ダービー 2017 レイデオロ

レイデオロ・3歳牡馬

父:キングカメハメハ
母:ラドラーダ
母父:シンボリクリスエス
主な勝鞍:2017年・日本ダービー
馬名の由来:黄金の王(西)。父名、母名より連想

・ゴールドアクター(Gold Actor)

状態が上がらず回避の方向。来年も現役の予定。

ゴールドアクター 2

ゴールドアクター・5歳牡馬

父:スクリーンヒーロー
母:ヘイロンシン
母父:キョウワアリシバ
主な勝鞍:2015年・有馬記念
馬名の由来:冠名+男優

前哨戦

2017年9月24日(日)オールカマー(GII)

2017年10月29日(日)天皇賞秋(GI)

2017年11月5日(日)アルゼンチン共和国杯(GII)

2017年11月26日(日)ジャパンカップ(GI)

2017年12月2日(土)ステイヤーズステークス(GII)

2017年12月2日(土)チャレンジカップ(GIII)

日程・賞金

第62回 有馬記念(Arima Kinen)
2017年12月24日(日)中山競馬場
格:G1 1着本賞金:30,000万円
年齢:3歳以上 距離:2,500m(芝・右)

プレイバック

2016年の有馬記念を制したのは「サトノダイヤモンド(Satono Diamond)」。キタサンブラックと人気馬同士の見ごたえある接戦を制し、G1・2勝目を飾った。

2016年12月25日(日)有馬記念(GI)

1着:サトノダイヤモンド
2着:キタサンブラック(クビ)
3着:ゴールドアクター(1/2馬身)
4着:ヤマカツエース(1-1/4馬身)
5着:ミッキークイーン(クビ)

勝ちタイム:2.32.6
勝利騎手:C.ルメール
馬場:良

2016年・有馬記念

サトノダイヤモンド

【有馬記念 2016】動画・結果/サトノダイヤモンドがグランプリを制する

「有馬記念 2016」の動画・結果です。有馬記念の結果は1着:サトノダイヤモンド、2着:キタサンブラック、3着:ゴールドアクター。「サトノダイヤモンド」が勝利した2016年の有馬記念の詳しい結果、動画をご覧ください。

関連記事

・有馬記念の後にもまだまだ注目のレースは続く。

東京大賞典 2016 アポロケンタッキー

【東京大賞典 2017】出走予定馬・日程・賞金/今年の締めの大一番

「東京大賞典」は2017年12月29日に大井競馬場で行われるダートレースの総決算の一戦。東京大賞典は2017年で第63回を迎える。昨年は5番人気のアポロケンタッキーが制した。東京大賞典の出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

ホープフルステークス 2016 レイデオロ

【ホープフルステークス 2017】出走予定馬・賞金・日程/ひかり輝く希望の先に

「ホープフルステークス」は2017年12月28日に中山競馬場で行われる2歳の中距離G1戦。ホープフルステークスは2017年で34回目を迎える。昨年はレイデオロが制した。ホープフルSの出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。