【京都大賞典2021】出走予定馬・日程・賞金/秋の主役になるために

京都大賞典2020 グローリーヴェイズ

京都大賞典は2021年10月10日に阪神競馬場で行われる有力馬の秋の始動戦。京都大賞典は2021年で第56回を迎え、秋のG1戦線の中心となっていく馬が出走してくる。昨年はグローリーヴェイズが制した。出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

秋の主役になるために
スポンサーリンク

2021年・京都大賞典の出走予定馬をチェック

京都大賞典の出走予定馬・ピックアップ

2021年・京都大賞典の出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

ユニコーンライオン(Unicorn Lion)

ユニコーンライオン・5歳牡馬
父:No Nay Never
母:Muravka
母父:High Chaparral
主な勝鞍:2021年・鳴尾記念
馬名の由来:イギリス王家の象徴

今年の鳴尾記念勝ち馬で、宝塚記念では2着と大健闘した。
さらなる飛躍への足掛かりに。

キセキ(Kiseki)

キセキ・7歳牡馬
父:ルーラーシップ
母:ブリッツフィナーレ
母父:ディープインパクト
主な勝鞍:2017年・菊花賞
馬名の由来:奇跡

昨年の2着馬。
春も勝ち星こそなかったもののクイーンエリザベス2世カップ4着や宝塚記念5着などG1でも活躍した。
まだまだ勝利をあきらめない。
鞍上は初コンビとなる和田竜二騎手。

アリストテレス(Aristoteles)

アリストテレス・4歳牡馬
父:エピファネイア
母:ブルーダイアモンド
母父:ディープインパクト
主な勝鞍:2021年・アメリカジョッキークラブカップ
馬名の由来:人名より

アメリカジョッキークラブカップで重賞初制覇を果たすも、その後の3戦はあと一歩の競馬が続いている。
2020年9月の小牧特別(1着)以来のコンビとなるM.デムーロ騎手を背に2つ目の重賞タイトル取りへ。

ショウリュウイクゾ(Shoryu Ikuzo)

ショウリュウイクゾ・5歳牡馬
父:オルフェーヴル
母:ショウリュウムーン
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2021年・日経新春杯
馬名の由来:冠名+行くぞ

今年の日経新春杯勝ち馬。
さらなる飛躍のきっかけをつかみに行くぞ!

アイアンバローズ(Iron Barows)

アイアンバローズ・4歳牡馬
父:オルフェーヴル
母:パレスルーマー
母父:Royal Anthem
主な勝鞍:2021年・緑風ステークス
馬名の由来:鉄+冠名

連勝で条件クラスを突破。
3度目の重賞挑戦で結果が欲しいところ。

マカヒキ(Makahiki)

マカヒキ・8歳牡馬
父:ディープインパクト
母:ウィキウィキ
母父:フレンチデピュティ
主な勝鞍:2016年・日本ダービー
馬名の由来:ハワイの収穫祭

2016年の日本ダービー馬マカヒキが復活を信じ京都大賞典に参戦。
なんとかもう一花を。

ヒュミドール(Humidor)

ヒュミドール・5歳せん馬
父:オルフェーヴル
母:アヴェクトワ
母父:チチカステナンゴ
主な勝鞍:2020年・ノベンバーステークス
馬名の由来:葉巻を保管する為の箱

今年の小倉記念で2着。

京都大賞典の日程・賞金

スポンサーリンク
第56回 京都大賞典(Kyoto Daishoten)

京都大賞典 2018 サトノダイヤモンド

2021年10月10日(日)阪神競馬場
格:G2 1着本賞金:6,700万円
年齢:3歳以上 距離:2,400m(芝・右)

京都大賞典の1着馬には天皇賞秋への優先出走権が与えられる。

天皇賞秋
天皇賞秋は2021年10月31日に東京競馬場で行われる秋の中距離王決定戦。天皇賞秋は2021年で第164回を迎え、昨年はアーモンドアイが制した。天皇賞秋の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

京都大賞典・プレイバック

京都大賞典 2016 キタサンブラック

2016年の京都大賞典を制したのは『キタサンブラック(Kitasan Black)』。宝塚記念以来の実戦となったが2番手から危なげなく抜け出し1.8倍の支持に応え快勝。秋初戦を勝利で飾って見せた。
2着にはクビ差でアドマイヤデウス、さらに3/4馬身差の3着にはラブリーデイが入った。

2016年・京都大賞典(GII)

1着:キタサンブラック
2着:アドマイヤデウス(クビ)
3着:ラブリーデイ(3/4馬身)
4着:サウンズオブアース(3/4馬身)
5着:ヒットザターゲット(1馬身)

勝ちタイム:2.25.5
勝利騎手:武 豊
馬場:良

2016年・京都大賞典の全着順から動画、コメントをチェック!
京都大賞典2016の動画・結果です。2016年・京都大賞典の結果は1着:キタサンブラック、2着:アドマイヤデウス、3着:ラブリーデイとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする