【中山大障害2022】出走予定馬・賞金・日程/ハードルを越えたその先に

中山大障害2021 オジュウチョウサン

中山大障害は2022年12月24日に中山競馬場で行われる秋の障害ビッグレース。中山大障害は2022年で第145回を迎え、昨年はオジュウチョウサンが制した。中山大障害の出走予定馬・賞金・日程・過去の結果などをチェックしてみよう。

ハードルを越えたその先に
スポンサーリンク

2022年・中山大障害の出走予定馬をチェック

中山大障害・注目馬ピックアップ

2022年・中山大障害の出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

オジュウチョウサン(Oju Chosan)

オジュウチョウサン・11歳牡馬
父:ステイゴールド
母:シャドウシルエット
母父:シンボリクリスエス
主な勝鞍:2022年・中山グランドジャンプ
馬名の由来:家族名より+冠名

11歳になっても進化を続ける障害界の絶対王者。
4度目の中山大障害制覇を目指す。

メイショウダッサイ(Meisho Dassai)

メイショウダッサイ・9歳牡馬
父:スズカマンボ
母:スズカブルーム
母父:スキャターザゴールド
主な勝鞍:2021年・中山グランドジャンプ
馬名の由来:冠名+獺祭

虎視眈々と復活を目指す2020年の覇者。
オジュウチョウサンとの再戦が楽しみで仕方がない。

ブラゾンダムール(Blason d’Amour)

ブラゾンダムール・7歳牡馬
父:ディープインパクト
母:メダリアダムール
母父:Medaglia d’Oro
主な勝鞍:2021年・障害4歳以上未勝利
馬名の由来:愛の紋章(仏)

2021年の中山大障害、2022年の中山グランドジャンプで2着。
覇権交代を狙う。

ケンホファヴァルト(Ken Hovawart)

ケンホファヴァルト・9歳牡馬
父:マーベラスサンデー
母:エイシンパンジー
母父:トニービン
主な勝鞍:2021年・京都ジャンプステークス
馬名の由来:冠名+犬種の一つ

中山大障害の日程・賞金

スポンサーリンク
第145回 中山大障害(Nakayama Daishogai)

中山大障害2020 メイショウダッサイ

2022年12月24日(土)中山競馬場
格:J・G1 1着本賞金:6,600万円
年齢:3歳以上 距離:4,100m(芝・右)

障害G1は年に2回行われており、もうひとつは春に中山グランドジャンプが開催されている
中山グランドジャンプは2022年4月16日に中山競馬場で行われる春の障害ビッグレース。中山GJは2022年で第24回を迎え、昨年はメイショウダッサイが制した。中山グランドジャンプの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

中山大障害・プレイバック

中山大障害2021 オジュウチョウサン

2021年の中山大障害を制したのは『オジュウチョウサン(Oju Chosan)』。近走の不振を振り払うような雄大な走りで他馬を圧倒。2017年以来となる中山大障害制覇を果たした。
2着には1-3/4馬身差でケンホファヴァルト、さらにクビ差の3着にはタガノエスプレッソが入った。

中山大障害(J・GI)

1着:オジュウチョウサン
2着:ブラゾンダムール(3馬身)
3着:レオビヨンド(5馬身)
4着:ラヴアンドポップ(1-1/2馬身)
5着:ビレッジイーグル(1/2馬身)

勝ちタイム:4.46.6
優勝騎手:石神 深一
馬場:稍重

2021年・中山大障害の全着順・レース後のコメントもチェック!
中山大障害2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の中山大障害の着順は1着:オジュウチョウサン、2着:ブラゾンダムール、3着:レオビヨンドとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする