【中山大障害2019】出走予定馬・日程・賞金/ハードルを越えたその先に

【中山大障害 2016】動画・結果/オジュウチョウサンが圧勝で春秋制覇達成

中山大障害は2019年12月21日に中山競馬場で行われる秋の障害ビッグレース。中山大障害は2019年で第142回を迎え、昨年はニホンピロバロンが制した。中山大障害の出走予定馬・賞金・日程・昨年の結果などをチェックしてみよう。

ハードルを越えたその先に
スポンサーリンク

2019年・中山大障害の結果は!?

中山大障害2019 シングンマイケル

2019年の中山大障害を制したのは『シングンマイケル(Shingun Michael)』。前半は中団で脚をため、3コーナー手前から一気に仕掛けて優勝。人馬ともにうれしいJ・G1初制覇を果たした。
2着には2馬身差でブライトクォーツ、さらに2-1/2馬身差の3着にはメイショウダッサイが入った。

中山大障害(J・GI)

1着:シングンマイケル
2着:ブライトクォーツ(2馬身)
3着:メイショウダッサイ(2-1/2馬身)
4着:シンキングダンサー(ハナ)
5着:ルペールノエル(1-1/2馬身)

勝ちタイム:4.38.9
優勝騎手:金子 光希
馬場:良

2019年・中山大障害の全着順・レース後のコメントもチェック!
中山大障害2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の中山大障害の着順は1着:シングンマイケル、2着:ブライトクォーツ、3着:メイショウダッサイとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2019年・中山大障害の出走予定馬をチェック

スポンサーリンク
出走予定馬(12月15日)

2019年の中山大障害の出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは16頭となっています。

  • サウスオブボーダー(平沢健治)
  • シゲルロウニンアジ(植野貴也)
  • シュンクルーズ(蓑島靖典)
  • シンキングダンサー(石神深一)
  • シングンマイケル(金子光希)
  • スリーコーズライン(伊藤工真)
  • セガールフォンテン(江田勇亮)
  • ディライトフル(白浜雄造)
  • トラキアンコード(五十嵐雄祐)
  • トーヨーピース(草野太郎)
  • ブライトクォーツ(熊沢重文)
  • メイショウダッサイ(森一馬)
  • メドウラーク(北沢伸也)
  • ヨカグラ(西谷誠)
  • ルペールノエル(高田潤)
中山大障害・注目馬ピックアップ

2019年・中山大障害の出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

ディライトフル(Delightful)

ディライトフル・8歳せん馬
父:フジキセキ
母:ラスティックフレイム
母父:Danehill Dancer
主な勝鞍:2019年・京都ジャンプステークス
馬名の由来:満足のいく喜び

障害転向後5戦4勝・3着1回と素質開花。
底知れぬ走りは魅力。

シングンマイケル(Shingun Michael)

シングンマイケル・5歳せん馬
父:シングンオペラ
母:ジェヴォーナ
母父:トウカイテイオー
主な勝鞍:2019年・東京ハイジャンプ
馬名の由来:冠名+人名より

今年に入り障害重賞連勝と本格気配。

ルペールノエル(Le Pere Noel)

ルペールノエル・9歳牡馬
父:アドマイヤムーン
母:サンタママ
母父:Lear Fan
主な勝鞍:2017年・障害4歳上オープン
馬名の由来:サンタクロース(仏)。母名より連想

京都ジャンプステークスで2着に入るなど、まだまだ元気。

メドウラーク(Meadowlark)

メドウラーク・8歳牡馬
父:タニノギムレット
母:アゲヒバリ
母父:クロフネ
主な勝鞍:2019年・阪神ジャンプステークス
馬名の由来:マキバドリ

阪神ジャンプステークスを制し平地&障害重賞制覇の偉業達成。

シンキングダンサー(Thinking Dancer)

シンキングダンサー・6歳牡馬
父:コンデュイット
母:スプリングボード
母父:アサティス
主な勝鞍:2019年・秋陽ジャンプステークス
馬名の由来:冠名+踊り手

春の中山グランドジャンプでは2着と健闘。
力をつけた今なら。

ヨカグラ(Yokagura)

ヨカグラ・6歳せん馬
父:ハービンジャー
母:ダンスオールナイト
母父:エルコンドルパサー
主な勝鞍:2018年・小倉サマージャンプ
馬名の由来:夜神楽

イルミネーションジャンプステークスで2着に入り復活をアピールした。

主な回避馬

オジュウチョウサン(Oju Chosan)

オジュウチョウサン・8歳牡馬
父:ステイゴールド
母:シャドウシルエット
母父:シンボリクリスエス
主な勝鞍:2019年・中山グランドジャンプ
馬名の由来:家族名より+冠名

ステイヤーズステークスで見せ場を作るなど平地競争で頑張ったオジュウチョウサンは中山大障害を回避。
今後は放牧に出され来年の阪神スプリングジャンプを視野に調整されるとのこと。

中山大障害2019の予想オッズ

予想オッズ

2019年・中山大障害の予想オッズはこのように予想しています。
春の大一番・中山グランドジャンプで2着に入ったシンキングダンサーが1番人気に支持されると予想します。
上位4頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

予想オッズ
  1. シンキングダンサー(2.0)
  2. メイショウダッサイ(4.0)
  3. メドウラーク(5.5)
  4. シングンマイケル(6.0)
  5. ディライトフル(18.0)
  6. ルペールノエル(23.0)
  7. ヨカグラ(38.0)
  8. トラキアンコード(45.0)
  9. ブライトクォーツ(☆)
  10. シゲルロウニンアジ(☆)
  11. トーヨーピース(☆)
  12. スリーコーズライン(☆)
  13. シュンクルーズ(☆)
  14. サウスオブボーダー(☆)
  15. セガールフォンテン(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

中山大障害の日程・賞金

中山大障害 2017 オジュウチョウサン

第142回 中山大障害(Nakayama Daishogai)

2019年12月21日(土)中山競馬場
格:J・G1 1着本賞金:6,600万円
年齢:3歳以上 距離:4,100m(芝・右)

春の障害G1・中山グランドジャンプでは王者オジュウチョウサンが同一重賞4連覇の大達成を達成している。
中山グランドジャンプは2020年4月18日に中山競馬場で行われる春の障害ビッグレース。中山グランドジャンプは2020年で第22回を迎え、昨年はオジュウチョウサンが勝利し四連覇を達成した。中山GJの出走予定馬・予想オッズ・賞金・日程・昨年の結果などをチェックしてみよう。

中山大障害・プレイバック

中山大障害 2018 ニホンピロバロン

2018年の中山大障害を制したのは「ニホンピロバロン(Nihonpiro Baron)」。ハナ差の接戦を制し見事J・G1初制覇を果たした。

中山大障害(J・GI)

1着:ニホンピロバロン
2着:タイセイドリーム(ハナ)
3着:マイネルプロンプト(2馬身)
4着:シンキングダンサー(2-1/2馬身)
5着:ミヤジタイガ(2-1/2馬身)

勝ちタイム:4.40.8
優勝騎手:石神 深一
馬場:良

2018年・中山大障害
中山大障害2018の結果・動画をまとめた記事です。今年の中山大障害の着順は1着:ニホンピロバロン、2着:タイセイドリーム、3着:マイネルプロンプトとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする