【ドバイターフ2018】出走予定馬・日程・賞金/日本馬三連覇なるか

【ドバイターフ 2017】動画・結果/ヴィブロスが優勝し日本馬の連覇達成

ドバイターフは2018年3月31日にドバイ・メイダン競馬場で行われる中距離G1戦。ドバイターフは2018年で第23回を迎え、海外の強豪が集う。昨年はヴィブロスが制した。ドバイターフの出走予定馬・オッズ・日程・賞金などをチェックしてみよう。

日本馬三連覇なるか

出走予定馬

2018年・ドバイターフの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

日本馬

・ヴィブロス(Vivlos)

ドバイターフ 2017 ヴィブロス

ヴィブロス・5歳牝馬

父:ディープインパクト
母:ハルーワスウィート
母父:Machiavellian
主な勝鞍:2017年・ドバイターフ
馬名の由来:ギリシャの地名より

連覇を狙うのは日本を代表する牝馬・ヴィブロス。
昨年は日本での馬券でも5番人気と決して高い評価を受けていなかったものの世界の強豪を蹴散らし歓喜に酔いしれた。

今年はマークが厳しくなるだろう。
それでもヴィブロスならやってくれるはずだ。

・リアルスティール(Real Steel)

リアルスティール

リアルスティール・6歳牡馬

父:ディープインパクト
母:ラヴズオンリーミー
母父:Storm Cat
主な勝鞍:2016年・ドバイターフ
馬名の由来:アメリカのSFアクション映画名

昨年のドバイターフは鼻出血のため無念の回避。
無理をしなかったことが功を制し秋には毎日王冠を制し、天皇賞秋でも不良馬場の中4着に入った。
2016年のドバイターフ覇者が思い出の場所で再び勝利の美酒を。

外国馬

・ベンバトル(Benbatl)

ベンバトル

ベンバトル・4歳牡馬

父:Dubawi
母:Nahrain
母父:Selkirk

主な勝鞍:アルラシディヤ

ドバイターフの前哨戦・アルラシディヤを制したベンバトル。
英国ダービーやキングジョージでも5着に入るなど欧州でも活躍した。
日本馬の強力なライバルになりそうな一頭だ。

・エシェム(Heshem)

エシェム

エシェム・5歳牡馬

父:Footstepsinthesand
母:Doohulla
母父:Stravinsky

主な勝鞍:ユージンアダム賞

昨年のドバイターフではヴィブロスの2着。
今年も日本馬の前に立ちはだかる。

・ドーヴィル(Deauville)

ドーヴィル

ドーヴィル・5歳牡馬

父:Galileo
母:Walklikeanegyptian
母父:Danehill

主な勝鞍:ベルモントダービー招待S

昨年のドバイターフでは7着と惨敗。
G1・アーリントンミリオンでは2年連続3着など実力はある。
遠征慣れしている強さを生かして。

テレビ放送・馬券

スポンサーリンク

下のリンクの記事は2017年・ドバイターフの枠順・テレビ放送・馬券に関する記事です。
今年も日本馬が参戦すればテレビ放送、馬券の発売はあると考えられます。
JRAから詳細が発表され次第更新させていただきます。

【ドバイターフ 2017】枠順・テレビ放送・馬券/ヴィブロスに日本馬連覇を託す

主な前哨戦

2018年2月1日・アルラシディヤ(G2)
勝ち馬:ベンバトル
Race 2 Al Rashidiya sponsored by Jebel Ali Port

オッズ

  • Benbatl(3.25)
  • Vivlos(5.0)
  • Real Steel(11.0)
  • Championship(13.0)
  • Heshem(21.0)
  • Wild Tempest(21.0)
  • Dream Castle(21.0)
  • Los Barbados(21.0)
  • D’bai(26.0)

(2018年2月13日現在・Bet365参照)

日程・賞金

【ドバイターフ 2016】動画・結果/リアルスティールが勝利しドバイの地でG1初制覇

第23回 ドバイターフ(Dubai Turf)
2018年3月31日(土)ドバイ・メイダン競馬場
格:G1 1着本賞金:3,600,000米ドル(約4億円)
年齢:北半球産馬4歳以上・南半球産馬3歳以上 距離:1,800m(芝・左)

プレイバック

2017年のドバイターフを制したのは「ヴィブロス(Vivlos)」。「マジックマン」の異名を持つモレイラ騎手に導かれ見事ドバイの地でG1制覇を果たした。

2017年3月25日 ドバイターフ(Dubai Turf)

1着:Vivlos(ヴィブロス)
2着:Heshem(1/2馬身)
3着:Ribchester(1/2馬身)
4着:Zarak(1-1/4馬身)
5着:Mutakayyef(3馬身)

勝ちタイム:1.50.20
勝利騎手:Joao Moreira

レース後のコメント
1着 ヴィブロス(J.モレイラ騎手)
「大変うれしく、興奮しています。向正面では風がとても強く、他の馬の後ろにつけることを心がけました。直線は内側から上がろうとしたら、馬が内ラチを嫌がったので、外に出しました。最後はすごくよく伸びてくれました」

(友道康夫調教師)
「ドバイに来てからすごく落ち着いていました。1回後ろに下がってヒヤッとしましたが、そこから伸びてくれました。雨がずっと降っていましたが、日本馬向きの硬めの馬場だったと思います」

(佐々木主浩オーナー)
「本当にうれしく、興奮しました。去年GI を勝った後、秋は休ませてこのレースを目標にしました。野球より緊張しましたが、うれしいです」

2017年・ドバイターフ

ドバイターフ 2017 ヴィブロス

【ドバイターフ 2017】動画・結果/ヴィブロスが優勝し日本馬の連覇達成

「ドバイターフ 2017」の動画・結果です。ドバイで行われたドバイターフの結果は1着:Vivlos(ヴィブロス)、2着:Heshem、3着:Ribchester。「ヴィブロス」が勝利した2017年のドバイターフの動画・詳細をご覧ください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする