【ドバイターフ2018】出走予定馬・オッズ・賞金/日本馬三連覇なるか

【ドバイターフ 2017】動画・結果/ヴィブロスが優勝し日本馬の連覇達成

ドバイターフは2018年3月31日にドバイ・メイダン競馬場で行われる中距離G1戦。ドバイターフは2018年で第23回を迎え、海外の強豪が集う。昨年はヴィブロスが制した。ドバイターフの出走予定馬・オッズ・日程・賞金などをチェックしてみよう。

日本馬三連覇なるか

枠順

ドバイターフ 2018 枠順

ドバイターフ」の枠順が発表されました。
日本から参戦するのは5頭。ネオリアリズムは2番ゲート、ヴィブロスは7番ゲート、リアルスティールは8番ゲート、クロコスミアは11番ゲート、ディアドラは13番ゲートから出走する。
ドバイターフ日本時間2018年4月1日(日)0時35分発走予定です。

出走予定馬

2018年・ドバイターフの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

日本馬
・ヴィブロス(Vivlos)

ドバイターフ 2017 ヴィブロス

ヴィブロス・5歳牝馬
父:ディープインパクト
母:ハルーワスウィート
母父:Machiavellian
主な勝鞍:2017年・ドバイターフ
馬名の由来:ギリシャの地名より

連覇を狙うのは日本を代表する牝馬・ヴィブロス。
昨年は日本での馬券でも5番人気と決して高い評価を受けていなかったものの世界の強豪を蹴散らし歓喜に酔いしれた。

今年はマークが厳しくなるだろう。
それでもヴィブロスならやってくれるはずだ。

現地での最終追い切り
芝 単走 しまい重点 5F 70.8-11.9
友道調教師のコメント
「しまいだけやるのは予定通り。動きを見ても、具合は良さそうですね。輸送で減った体重は戻っているし、去年と同じように凄く落ち着いていますよ」
関連記事
・リアルスティール(Real Steel)

リアルスティール

リアルスティール・6歳牡馬
父:ディープインパクト
母:ラヴズオンリーミー
母父:Storm Cat
主な勝鞍:2016年・ドバイターフ
馬名の由来:アメリカのSFアクション映画名

昨年のドバイターフは鼻出血のため無念の回避。
無理をしなかったことが功を制し秋には毎日王冠を制し、天皇賞秋でも不良馬場の中4着に入った。
2016年のドバイターフ覇者が思い出の場所で再び勝利の美酒を。
鞍上はデットーリ騎手が乗れなくなったのでバルザローナ騎手が騎乗するとのこと。

現地での最終追い切り
ダート 単走 馬なり 4F 53.8-12.1
矢作調教師のコメント
「気合は入れるけど伸ばさないで、エネルギーをため込むイメージ。瑠星(坂井)は“腕がちぎれそう”と言っていたけどね。手前の替え方も、息の入りも全て良かったですよ」
関連記事
・ディアドラ(Deirdre)

秋華賞 2017 ディアドラ

ディアドラ・4歳牝馬
父:ハービンジャー
母:ライツェント
母父:スペシャルウィーク
主な勝鞍:2017年・秋華賞
馬名の由来:ケルト神話に登場する女性名

昨年の秋華賞馬・ディアドラもドバイの地へ出陣する。
ここ2走はらしくない競馬が続いているが、ハマれば一発ありそうな気配。

現地での最終追い切り
ダート 単走 馬なり 5F 70.1-11.8
込山助手のコメント
「今日の追い切りは反応も良く、いい動きだったと思います。枠順は内過ぎなければ良いと思います。」
関連記事
・ネオリアリズム(Neorealism)

クイーンエリザベス2世カップ 2017 ネオリアリズム

ネオリアリズム・7歳牡馬
父:ネオユニヴァース
母:トキオリアリティー
母父:Meadowlake
主な勝鞍:2017年・クイーンエリザベス2世カップ
馬名の由来:新現実主義。父、母名より連想

昨年香港で行われたクイーンエリザベス2世カップで待望のG1タイトルを手にしたネオリアリズム。
海外遠征は慣れたもの。
2つ目の勲章を狙いに行く。

関連記事
・クロコスミア(Crocosmia)

府中牝馬ステークス 2017 クロコスミア

クロコスミア・5歳牝馬
父:ステイゴールド
母:デヴェロッペ
母父:ボストンハーバー
主な勝鞍:2017年・府中牝馬ステークス
馬名の由来:花の名。花言葉は気品ある精神

昨年府中牝馬ステークスを制し、エリザベス女王杯でも僅差の2着に入ったクロコスミア。
世界初挑戦で悲願のG1タイトル獲得を狙う。

北添調教助手のコメント
「良いリズムで走れたので、順調に競馬に向かって良い調整が出来ていると思います。半マイルから流す程度でしたが、馬の良いリズムで運べたので良い内容でした。レースが楽しみです。芝コースの馬場は少し硬いかなと感じるところはありますが、この馬には向いていると思います。」
関連記事
外国馬
・ベンバトル(Benbatl)

ベンバトル

ベンバトル・4歳牡馬
父:Dubawi
母:Nahrain
母父:Selkirk
主な勝鞍:アルラシディヤ

ドバイターフの前哨戦の1つアルラシディヤを制したベンバトル。
英国ダービーやキングジョージでも5着に入るなど欧州でも活躍した。
日本馬の強力なライバルになりそうな一頭だ。

関連記事
Race 2 Al Rashidiya sponsored by Jebel Ali Port Race Replay(2018年・アルラシディヤ)
・ブレアハウス(Blair House)

ジェベルハッタ 2018 ブレアハウス

ブレアハウス・5歳せん馬
父:Pivotal
母:Patroness
母父:Dubawi
主な勝鞍:ジェベルハッタ

ドバイターフの最重要ステップレース・ジェベルハッタの勝ち馬・ブレアハウス。
上でも挙げたベンバトルとの接戦を制している。

関連記事
・ランカスターボンバー(Lancaster Bomber)

ランカスターボンバー

ランカスターボンバー・4歳牡馬
父:War Front
母:Sun Shower
母父:Indian Ridge
主な勝鞍:2017年・ブリーダーズカップマイル(2着)

ビッグレースでの勝ち鞍はないがブリーダーズカップマイルやウッドバインマイルで2着などあと一歩のところまで来ている。
前走は香港マイルで5着だった。

関連記事

テレビ放送・馬券

・テレビ放送について

ドバイターフは下記のテレビ局で放送されます。

グリーンチャンネル 「2018ドバイワールドカップデー中継」

放送日時

3月31日(土曜) 23時00分から26時30分(予定)【無料放送】
ドバイゴールデンシャヒーン(G1)、ドバイターフ(G1)、ドバイシーマクラシック(G1)、ドバイワールドカップ(G1)を生中継

スタジオ進行:坂田博昭、田中歩
スタジオ解説:合田直弘、木村拓人
現地実況:小塚歩

フジテレビ系列26局ネット 「スポーツLIFE HERO’S」

放送日時

3月31日(土曜) 24時35分から25時25分(予定)
ドバイターフ(G1)、ドバイシーマクラシック(G1)を生中継

フジテレビ系列(一部地域を除く)「ドバイワールドカップ2018中継特番」

放送日時

3月31日(土曜) 25時25分から26時15分(予定)
ドバイワールドカップ(G1)を生中継、ドバイゴールデンシャヒーン(G1)等を録画放送予定

・馬券について

今年のドバイターフはJRAから発売されることが発表されています。
インターネット投票に限定して発売され、詳細は下記のとおりです。

発売時間

発売開始時刻:3月31日(土曜)7:00
発売締切時刻:発走予定時刻の4分前まで

注記:17時30分から19時30分は計算機のメンテナンスを行うため、発売を一時中断いたします。

発売式別

単勝、複勝、馬連、ワイド、馬単、3連複、3連単
※枠連、WIN5の発売はありません。

発売単位:100円

発売方式:JRA独立プール(日本国内のみで発売)
※独立プール方式での発売のため、日本国内独自のオッズとなります。

詳しい馬券の発売のルールに関してはJRAの特設ページをご覧ください。

関連記事

オッズ

下記のオッズはブックメーカーの「Bet365」が発表しているオッズです。

日本で発売される馬券のオッズとは倍率が違いますのでご注意ください。
海外の競馬関係者が想定する馬の力量を知ることができるので、馬券の参考にもなるはずです。

  • Benbatl(4.0)
  • Vivlos(6.5)
  • Neorealism(7.0)
  • Real Steel(10.0)
  • Trais Fluors(11.0)
  • Lancaster Bomber(11.0)
  • Championship(13.0)
  • Monarchs Glen(13.0)
  • Blair House(15.0)
  • Crocosmia(17.0)
  • Janoobi(21.0)
  • Deirdre(21.0)
  • Leshlaa(21.0)
  • Promising Run(34.0)
  • War Decree(34.0)

(2018年3月28日現在・Bet365参照)

1番人気は前哨戦を制したベンバトル。
日本馬の中でもっとも人気があるのは昨年の覇者ヴィブロス。
その後はネオリアリズムやリアルスティールが続いている。

日程・賞金

【ドバイターフ 2016】動画・結果/リアルスティールが勝利しドバイの地でG1初制覇

第23回 ドバイターフ(Dubai Turf)
2018年3月31日(土)ドバイ・メイダン競馬場
格:G1 1着本賞金:3,600,000米ドル(約4億円)
年齢:北半球産馬4歳以上・南半球産馬3歳以上 距離:1,800m(芝・左)

プレイバック

2017年のドバイターフを制したのは「ヴィブロス(Vivlos)」。「マジックマン」の異名を持つモレイラ騎手に導かれ見事ドバイの地でG1制覇を果たした。

2017年3月25日 ドバイターフ(Dubai Turf)

1着:Vivlos(ヴィブロス)
2着:Heshem(1/2馬身)
3着:Ribchester(1/2馬身)
4着:Zarak(1-1/4馬身)
5着:Mutakayyef(3馬身)

勝ちタイム:1.50.20
勝利騎手:Joao Moreira

レース後のコメント
1着 ヴィブロス(J.モレイラ騎手)
「大変うれしく、興奮しています。向正面では風がとても強く、他の馬の後ろにつけることを心がけました。直線は内側から上がろうとしたら、馬が内ラチを嫌がったので、外に出しました。最後はすごくよく伸びてくれました」

(友道康夫調教師)
「ドバイに来てからすごく落ち着いていました。1回後ろに下がってヒヤッとしましたが、そこから伸びてくれました。雨がずっと降っていましたが、日本馬向きの硬めの馬場だったと思います」

(佐々木主浩オーナー)
「本当にうれしく、興奮しました。去年GI を勝った後、秋は休ませてこのレースを目標にしました。野球より緊張しましたが、うれしいです」

2017年・ドバイターフ

【ドバイターフ 2017】動画・結果/ヴィブロスが優勝し日本馬の連覇達成

【ドバイターフ 2017】動画・結果/ヴィブロスが優勝し日本馬の連覇達成

「ドバイターフ 2017」の動画・結果です。ドバイで行われたドバイターフの結果は1着:Vivlos(ヴィブロス)、2着:Heshem、3着:Ribchester。「ヴィブロス」が勝利した2017年のドバイターフの動画・詳細をご覧ください。

シェアする