【ドバイターフ2021】出走予定馬・オッズ・賞金/今年も日本馬制覇なるか

ドバイターフ2019 アーモンドアイ

ドバイターフは2021年3月27日にドバイ・メイダン競馬場で行われる中距離G1戦。2021年で第26回を迎え、海外の強豪が集う。昨年は新型コロナウイルスの影響で中止となった。ドバイターフの出走予定馬・オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

今年も日本馬制覇なるか
スポンサーリンク

2021年・ドバイターフの出走予定馬をチェック

2021年・ドバイターフの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

ドバイターフ・注目馬ピックアップ
日本馬
ヴァンドギャルド(Vin de Garde)

ヴァンドギャルド・5歳牡馬
父:ディープインパクト
母:スキア
母父:Motivator
主な勝鞍:2020年・富士ステークス
馬名の由来:長期熟成しておいしくなるワイン(仏)

重賞2勝馬のヴァンドギャルドがドバイの地でG1初制覇を狙う。
鞍上にはM.バルザローナ騎手を迎えると発表された。

外国馬
ロードグリッターズ(Lord Glitters)

ロードグリッターズ・8歳せん馬
父:Whipper
母:Lady Glitters
母父:Homme De Loi
主な成績:2021年・ジェベルハッタ(1着)

前哨戦のジェベルハッタを勝利。
アーモンドアイが制した2019年のドバイターフで3着に入っていた。

ロードノース(Lord North)

ロードノース・5歳せん馬
父:Dubawi
母:Najoum
母父:Giants Causeway
主な成績:2020年・プリンスオブウェールズステークス(1着)

昨年プリンスオブウェールズステークスを制しG1初制覇。
前走、ブリーダーズカップターフでは4着に敗れている。

リーガルリアリティ(Regal Reality)

リーガルリアリティ・6歳せん馬
父:Intello
母:Regal Realm
母父:Medicean
主な成績:2019年・エクリプスステークス(3着)

G1では2019年のエクリプスステークスでの3着が最高着順。
これまで重賞はG3を3つ勝っている。

ドバイワールドカップデーのテレビ放送・馬券について

スポンサーリンク
テレビ放送について

ドバイワールドカップデーはグリーンチャンネルで放送されます。

2021ドバイワールドカップデー中継
放送日時

2021年3月27日(土曜)23時00分から26時30分(予定)【無料放送】

進行:大澤 幹朗、田中 歩
解説:合田 直弘、木村 拓人
実況:大関 隼

馬券について

2021年のドバイターフはJRAから発売されることが発表されています。
インターネット投票とUMACA投票(キャッシュレス)にて発売されます。

インターネット投票

「即PAT会員」および「A-PAT会員」が対象となります。
発売開始時刻:3月27日(土曜)7時00分
発売締切時刻:各レースの発走予定時刻の2分前まで

注記:17時30分から19時30分は計算機のメンテナンスを行うため、発売を一時中断します。

UMACA投票(キャッシュレス)

当日に中央競馬の発売を行う競馬場・ウインズ等の「UMACA投票機」において発売します。

発売時刻:3月27日(土曜)各事業所の発売開始時刻から各事業所の営業終了時刻まで

注記:UMACA投票のご利用には会員登録が必要です。ご登録に際しては、生年月日を確認できる身分証のご提示が必要となります。

注記:UMACA投票の発売事業所や会員登録方法などの詳細はJRAホームページをご確認ください。

詳しい馬券の発売のルールに関してはJRAの特設ページをご覧ください。

ドバイターフ2021のオッズは?

予想オッズ

下記のオッズはブックメーカーの「William Hill」が発表しているドバイターフのオッズです。

日本で発売される馬券のオッズとは倍率が違いますのでご注意ください。
海外の競馬関係者が想定する馬の力量を知ることができるので、馬券の参考にもなるはずです。

  • Lord North(3.5)
  • Lord Glitters(5.0)
  • Al Suhail(5.0)
  • Regal Reality(7.0)
  • Vin De Garde・ヴァンドギャルド(13.0)
  • Eqtiraan(13.0)
  • Art Du Val(15.0)
  • Land Of Legends(15.0)
  • Felix(21.0)
  • Court House(26.0)
  • First Contact(34.0)
  • Zainhom(34.0)
  • Glen Force(51.0)

(2021年3月20日現在・William Hill参照)

1番人気はロードノース。

ドバイターフの日程・賞金

第26回 ドバイターフ(Dubai Turf)

ドバイターフ 2018 ベンバトル

2021年3月27日(土)ドバイ・メイダン競馬場
格:G1 1着本賞金:2,320,000米ドル(約2億4,000万円)
年齢:北半球産馬4歳以上・南半球産馬3歳以上 距離:1,800m(芝・左)

ドバイターフ・プレイバック

ドバイターフ2019 アーモンドアイ

2019年のドバイターフを制したのは「アーモンドアイ(Almond Eye)」。海外レース初戦ながら危なげない走りで他馬を圧倒。日本が誇る最強牝馬が世界の競馬ファンに強さを示した。

ドバイターフ(Dubai Turf)

1着:Almond Eye・アーモンドアイ
2着:Vivlos・ヴィブロス(1-1/4馬身)
3着:Lord Glitters(1/2馬身)
4着:Deirdre・ディアドラ(4-1/4馬身)
5着:Without Parole(アタマ)

勝ちタイム:1.46.78
勝利騎手:Christophe-Patrice Lemaire
馬場:Good

2019年・ドバイターフの動画・全着順をチェック!
ドバイで行われたドバイターフ2019の結果・動画です。ドバイターフの着順は1着:Almond Eye(アーモンドアイ)、2着:Vivlos(ヴィブロス)、3着:Lord Glittersとなりました。レースの詳しい結果、動画をご覧ください。
レース後のコメント

1着 アーモンドアイ(C.ルメール騎手)
「もちろん勝てると思っていたし、勝つつもりで乗っていた。自分がやるべきことは分かっていた。これから先、シーズンが長いし、もっと大きな戦いに出て行かないといけない。ただ、今日勝ててうれしい。今後が楽しみになった。ゲートの出が良く、いいポジションを取れた。リラックスして走れたし、パーフェクトなストライドで伸びてくれた。こんなにたくさんの日本人の競馬ファンが来てくれてありがたい。日本人は大きなサポーター。そして、これから大きな舞台に一緒に行くことになると思う。自分が乗ったなかの最強馬の1頭です」

シェアする