【ドバイターフ2019】結果・動画/アーモンドアイが世界デビュー戦を制す

ドバイターフ2019 アーモンドアイ

ドバイで行われたドバイターフ2019の結果・動画です。ドバイターフの着順は1着:Almond Eye(アーモンドアイ)、2着:Vivlos(ヴィブロス)、3着:Lord Glittersとなりました。レースの詳しい結果、動画をご覧ください。

世界が見惚れる彼女の強さ!2019年のドバイターフはアーモンドアイが世界デビュー戦を制す

ドバイターフ(Dubai Turf)
2019年3月30日、ドバイ・メイダン競馬場
芝1800m、G1、13頭

スポンサーリンク

2019年・ドバイターフの動画

関連記事
昨年のドバイターフはベンバトルが優勝していた。

ドバイターフ 2018の動画・結果です。ドバイで行われたドバイターフの結果は1着:Benbatl(ベンバトル)、2着:Vivlos、3着同着:Real Steel、3着同着:Deirdre。ベンバトルが勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

2019年・ドバイターフの結果

1着:Almond Eye・アーモンドアイ
2着:Vivlos・ヴィブロス(1-1/4馬身)
3着:Lord Glitters(1/2馬身)
4着:Deirdre・ディアドラ(4-1/4馬身)
5着:Without Parole(アタマ)
6着:Southern Legend
7着:Century Dream
8着:Majestic Mambo
9着:Wootton
10着:Yulong Prince
11着:I Can Fly
12着:Mountain Hunter
13着:Dream Castle

勝ちタイム:1.46.78
勝利騎手:Christophe-Patrice Lemaire
馬場:Good

関連記事
アーモンドアイはジャパンカップや牝馬三冠を制すなど日本が誇る最強牝馬。これからの活躍にも注目だ!

ジャパンカップ2018の結果・動画をまとめた記事です。今年のジャパンカップの着順は1着:アーモンドアイ、2着:キセキ、3着:スワーヴリチャードとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

レース後のコメント

ドバイターフ2019 アーモンドアイ

1着 アーモンドアイ(C.ルメール騎手)
「もちろん勝てると思っていたし、勝つつもりで乗っていた。自分がやるべきことは分かっていた。これから先、シーズンが長いし、もっと大きな戦いに出て行かないといけない。ただ、今日勝ててうれしい。今後が楽しみになった。ゲートの出が良く、いいポジションを取れた。リラックスして走れたし、パーフェクトなストライドで伸びてくれた。こんなにたくさんの日本人の競馬ファンが来てくれてありがたい。日本人は大きなサポーター。そして、これから大きな舞台に一緒に行くことになると思う。自分が乗ったなかの最強馬の1頭です」

(国枝栄調教師)
「道中は楽な手応えでした。コーナーで外に出したところで包まれる心配がなくなり、安心して見ていられました。もう少しスッと行くかと思いましたが、ヴィブロスはすごい馬だなと思いました。どれくらいのパフォーマンスを見せられるかと思っていましたが、90点と言えるパフォーマンスだったと思います。」

2着 ヴィブロス(M.バルザローナ騎手)
「完璧なレースでした。最初は行きたがっていましたが、上手くなだめて良いポジションを取ることが出来ました。アーモンドアイの後ろで脚をためて、最後は素晴らしい末脚を見せてくれました。」

(友道康夫調教師)
「本当によく走ってくれて、馬とドバイの人々に感謝です。これで引退するので、次はヴィブロスの子でドバイを勝ちたいです。レースは完璧でした。作戦通りに乗ってくれました。勝った馬は日本を代表して勝ってくれて、うちは2着ですけど、本当によく走ってくれました」

4着 ディアドラ(J.モレイラ騎手)
「レース前も落ち着いていました。スタートも良く出て、最後も良い脚を使っているのですが、前の馬が止まりませんでした。距離は2000mの方が合っていると思います。」

(橋田満調教師)
「内枠で辛抱して、外に出すまで時間がかかってしまいました。そこから、よく伸びてくれたんですが。この後は予定通り、香港(クイーンエリザベス2世C・G1=4月28日、シャティン競馬場)へ向かいます」

勝ち馬プロフィール

ドバイターフ2019 アーモンドアイ

アーモンドアイ(Almond Eye)牝4/鹿毛 国枝 栄(美浦)
父:ロードカナロア 母:フサイチパンドラ 母父:サンデーサイレンス
馬名の由来:美人とされる顔の目の形