サウンドトゥルー

2017年12月3日に中京競馬場で行われる秋の中距離ダート王を決める一戦「チャンピオンズカップ」。チャンピオンズカップは2017年で第18回を迎える。昨年はサウンドトゥルーが制した。チャンピオンズカップの出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

戦国ダート界を制すのはどの馬だ?

データ・枠順

チャンピオンズカップ 2017 枠順

チャンピオンズカップ」の枠順が発表されました。
連覇を狙うサウンドトゥルーは7枠14番、前哨戦のみやこステークスを快勝したテイエムジンソクは7枠13番、昨年2着のリベンジに燃える武豊騎手が騎乗するアウォーディーは6枠11番に入った。
チャンピオンズカップの発走は12月3日(日)の15時30分となっています。

データ・枠順

2017年・チャンピオンズカップのデータ・枠順に関する記事を公開しました。記事には枠順別や脚質別データなどさまざまなレースデータを書いております。

チャンピオンズカップ 2017 枠順

【チャンピオンズカップ 2017】データ・枠順/データから勝利の方程式を解く

「チャンピオンズカップ 2017」のデータ・枠順の情報です。2017年・チャンピオンズカップのデータは枠順別や脚質別、種牡馬別や騎手別データなど多くの情報を掲載しています。さまざまな情報からチャンピオンズCでの激走馬を導き出す。予想の参考にどうぞ!

出走予定馬

出走予定馬・予想オッズ

2017年・チャンピオンズカップの出走予定馬・予想オッズ・想定騎手に関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや参考レースも書いております。

チャンピオンズカップ 2016 サウンドトゥルー 2

【チャンピオンズカップ 2017】出走予定馬・予想オッズ/群雄割拠の時代に突入

「チャンピオンズカップ 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。チャンピオンズカップの出走登録は23頭。テイエムジンソクやサウンドトゥルーなどが出走予定です。各世代のダートの強者が集結。混戦を抜け出すのは。

2017年のチャンピオンズカップ候補をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

・サウンドトゥルー(Sound True)

JBCクラシック 2017 サウンドトゥルー

サウンドトゥルー・7歳せん馬

父:フレンチデピュティ
母:キョウエイトルース
母父:フジキセキ
主な勝鞍:2017年・JBCクラシック
馬名の由来:本当らしい、本物らしい

昨年のチャンピオンズカップ覇者のサウンドトゥルーが3年連続の出走となる。
7歳になったがまだまだ進化中。前走のJBCクラシックでは鋭い末脚で他馬を差し切り3つ目のG1タイトルを手にした。
ハマった時の破壊力は抜群。連覇なるか。

・アウォーディー(Awardee)

アウォーディー

アウォーディー・7歳牡馬

父:ジャングルポケット
母:ヘヴンリーロマンス
母父:サンデーサイレンス
主な勝鞍:2016年・JBCクラシック
馬名の由来:受賞者

昨年のチャンピオンズカップでは1番人気に支持されたアウォーディー。
ゴール前で差されたものの2着を死守。意地を見せた。
今年はここまで3戦未勝利。そろそろ走りごろだぞ。

・コパノリッキー(Copano Rickey)

かしわ記念 2017 コパノリッキー 2

コパノリッキー・7歳牡馬

父:ゴールドアリュール
母:コパノニキータ
母父:ティンバーカントリー
主な勝鞍:2017年・かしわ記念
馬名の由来:冠名+人名より

ここまでG1を10勝するなど歴史的名馬といっていい成績を残すコパノリッキー。
今年の東京大賞典を最後に引退を発表している。
G1最多勝の11勝を目指し、最後まで走り切る。

・ケイティブレイブ(K T Brave)

帝王賞 2017 ケイティブレイブ

ケイティブレイブ・4歳牡馬

父:アドマイヤマックス
母:ケイティローレル
母父:サクラローレル
主な勝鞍:2017年・帝王賞
馬名の由来:冠名+勇士

今年の帝王賞でアッと驚く末脚を見せG1初制覇を果たしたケイティブレイブ。
その後も勝ちきれていないものの着実に力をつけてきている。
中央競馬ではまだ重賞勝ちがない。タイトルが欲しいところだ。

・アポロケンタッキー(Apollo Kentucky)

東京大賞典 2016 アポロケンタッキー

アポロケンタッキー・5歳牡馬

父:Langfuhr
母:Dixiana Delight
母父:Gone West
主な勝鞍:2016年・東京大賞典
馬名の由来:冠名+アメリカの州名

ムラ駆けでなかなか狙いづらいものの力は十分に持ち合わせている。
今回は走る順番か?

・テイエムジンソク(T M Jinsoku)

テイエムジンソク

テイエムジンソク・5歳牡馬

父:クロフネ
母:マイディスカバリー
母父:フォーティナイナー
主な勝鞍:2017年・みやこステークス
馬名の由来:冠名+迅速

みやこステークスの勝ち方が衝撃的だった。
早め先頭から一気に押し切り後続を寄せ付けない圧勝だった。
底知れない走りを見せており、世代交代を狙う。

・ロンドンタウン(London Town)

エルムステークス 2017 ロンドンタウン

ロンドンタウン・4歳牡馬

父:カネヒキリ
母:フェアリーバニヤン
母父:Honour and Glory
主な勝鞍:2017年・コリアカップ
馬名の由来:曲名

異国の地・韓国でG1馬になったロンドンタウン。
2走前のエルムステークスではテイエムジンソクに競り勝っており確実に成長している。
帰国初戦となるが状態さえ整っていればこのメンバーでも十分にやれる。

・ノンコノユメ(Nonkono Yume)

武蔵野ステークス2015 ノンコノユメ 動画・結果

ノンコノユメ・5歳せん馬

父:トワイニング
母:ノンコ
母父:アグネスタキオン
主な勝鞍:2015年・ジャパンダートダービー
馬名の由来:ノンコの夢。母名より連想

なかなか調子が上がってこないノンコノユメ。
大崩れはしないものの昔ほどの破壊力は戻っていない。きっかけをつかめるか。

・アスカノロマン(Asukano Roman)

【平安ステークス 2016】動画・結果/人気のアスカノロマンが5馬身差圧勝

アスカノロマン・6歳牡馬

父:アグネスデジタル
母:アスカノヒミコ
母父:タバスコキャット
主な勝鞍:2016年・東海ステークス
馬名の由来:冠名+ロマン

・カフジテイク(Kafuji Take)

【グリーンチャンネルカップ 2016】動画・結果/カフジテイクが大外一気を決め快勝

カフジテイク・5歳牡馬

父:プリサイスエンド
母:テイクザケイク
母父:スキャン
主な勝鞍:2017年・根岸ステークス
馬名の由来:冠名+母名の一部

追い切り・コメント

2017年・チャンピオンズカップの追い切り・コメントに関する記事を公開しました。記事には追い切りタイムや追い切り後の関係者のコメントを書いております。

チャンピオンズカップ 2017 追い切り

【チャンピオンズカップ 2017】追い切り・コメント/抜群の動きを見せたのは

「チャンピオンズカップ 2017」の追い切り・コメントの情報です。チャンピオンズカップに出走する有力馬中心に追い切りタイム・コメントをまとめてあります。状態の把握が馬券的中のカギとなる!

日程・賞金

第18回 チャンピオンズカップ(Champions Cup)
2017年12月3日(日)中京競馬場
格:G1 1着本賞金:9,700万円
年齢:3歳以上 距離:1,800m(ダート・左)

チャンピオンズカップ・プレイバック

2016年のチャンピオンズカップを制したのは「サウンドトゥルー(Sound True)」。素晴らしい末脚で差し切り前年の3着の雪辱を果たした。

2016年12月4日(日)チャンピオンズカップ(GI)

1着:サウンドトゥルー
2着:アウォーディー(クビ)
3着:アスカノロマン(1/2馬身)
4着:カフジテイク(クビ)
5着:アポロケンタッキー(1-1/4馬身)

勝ちタイム:1.50.1
勝利騎手:大野 拓弥
馬場:良

2016年・チャンピオンズカップ

チャンピオンズカップ 2016 サウンドトゥルー 2

【チャンピオンズカップ 2016】動画・結果/サウンドトゥルーが外から鋭く差しきる

「チャンピオンズカップ 2016」の動画・結果です。チャンピオンズカップの結果は1着:サウンドトゥルー、2着:アウォーディー、3着:アスカノロマン。「サウンドトゥルー」が勝利したチャンピオンズCの詳しい結果、動画をご覧ください。