【スワンステークス2019】出走予定馬・日程・賞金/淀のスピード比べ

スワンステークス 2018 ロードクエスト

スワンステークスは2019年10月26日に京都競馬場で行われるマイルG1へつながる一戦。スワンステークスは2019年で第62回を迎え、昨年はロードクエストが優勝した。出走予定馬・賞金・日程などをチェックしてみよう。

淀のスピード比べ
スポンサーリンク

2019年・スワンステークスの出走予定馬たち

スワンステークスの出走予定馬をチェック!(10月18日)

2019年のスワンステークスの出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは18頭となっています。

  • アマルフィコースト(坂井瑠星)
  • イエローマリンバ(北村友一)
  • カルヴァリオ(黛弘人)
  • キャナルストリート(浜中俊)
  • グァンチャーレ(松岡正海)
  • スマートオーディン(武豊
  • セイウンコウセイ(幸英明)
  • ダイアトニック(C.スミヨン)
  • タイムトリップ()
  • デアレガーロ(藤岡康太)
  • トゥザクラウン(福永祐一)
  • ノーワン(松山弘平)
  • マイスタイル(田中勝春)
  • マルターズアポジー(松若風馬)
  • ムーンクエイク(藤岡佑介)
  • モズアスコット(岩田康誠)
  • モーニン(和田竜二)
  • ロードクエスト(A.シュタルケ)
スワンステークスの注目馬をピックアップ!

2019年・スワンステークスの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

グァンチャーレ(Guanciale)

グァンチャーレ・7歳牡馬
父:スクリーンヒーロー
母:チュウオーサーヤ
母父:ディアブロ
主な勝鞍:2015年・シンザン記念
馬名の由来:豚のほほ肉の塩漬け

7歳になった今年もマイラーズカップ2着や安田記念4着など衰えしらず。
2015年のシンザン記念以来の重賞制覇なるか。

ダイアトニック(Diatonic)

ダイアトニック・4歳牡馬
父:ロードカナロア
母:トゥハーモニー
母父:サンデーサイレンス
主な勝鞍:2019年・安土城ステークス
馬名の由来:7音構成の音階。母名より連想

今年5月の安土城ステークス以来の実戦を迎える。
鞍上にスミヨン騎手を確保した当たりに陣営の本気度がうかがえる。

セイウンコウセイ(Seiun Kosei)

セイウンコウセイ・6歳牡馬
父:アドマイヤムーン
母:オブザーヴァント
母父:Capote
主な勝鞍:2017年・高松宮記念
馬名の由来:冠名+恒星

今年の高松宮記念では12番人気で2着に入るなどハマった時の強さは健在。

スマートオーディン(Smart Odin)

スマートオーディン・6歳牡馬
父:ダノンシャンティ
母:レディアップステージ
母父:Alzao
主な勝鞍:2019年・阪急杯
馬名の由来:冠名+北欧神話の主神

今年の阪急杯では11番人気で勝利。
決め手勝負になればチャンスあり。

ロードクエスト(Lord Quest)

ロードクエスト・6歳牡馬
父:マツリダゴッホ
母:マツリダワルツ
母父:チーフベアハート
主な勝鞍:2018年・スワンステークス
馬名の由来:冠名+探求

前年の覇者。
そこから丸1年勝利から遠ざかっており、衰えが見え隠れしている。

モズアスコット(Mozu Ascot)

モズアスコット・5歳牡馬
父:Frankel
母:India
母父:ヘネシー
主な勝鞍:2018年・安田記念
馬名の由来:冠名+イギリスの競馬場の名前

前走の毎日王冠では距離不安の中でも6着と復調気配。
叩き良化型なだけに使った効果は望めるはずだ。

アマルフィコースト(Amalfi Coast)

アマルフィコースト・4歳牝馬
父:ダイワメジャー
母:ジプシーハイウェイ
母父:High Chaparral
主な勝鞍:2017年・中京2歳ステークス
馬名の由来:イタリアのアマルフィ海岸の道

春には阪神牝馬ステークス2着や京都牝馬ステークス3着など重賞路線で活躍した。
牡馬相手にどこまでやれるか。

トゥザクラウン(To the Crown)

トゥザクラウン・5歳牡馬
父:キングカメハメハ
母:トゥザヴィクトリー
母父:サンデーサイレンス
主な勝鞍:2019年・大阪ーハンブルクカップ
馬名の由来:栄冠に向かって。タイトルの獲得を願って

1400m得意も京都コースは未勝利。

スワンステークスの日程・賞金

スワンステークス 2017 サングレーザー

第62回 スワンステークス(Swan Stakes)

2019年10月26日(土)京都競馬場
格:G2 1着本賞金:5,900万円
年齢:3歳以上 距離:1,400m(芝・右)

スワンステークスはG1・マイルチャンピオンシップの前哨戦として行われている。
マイルチャンピオンシップは2019年11月17日に京都競馬場で行われる秋のマイル王決定戦。マイルCSは2019年で第36回を迎え、昨年はステルヴィオが勝利した。出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

スワンステークス・プレイバック

スワンステークス 2018 ロードクエスト

2018年のスワンステークスを制したのは「ロードクエスト(Lord Quest)」。外から鋭い脚で他馬を差し切り2年ぶりの勝利を挙げた。

2018年・スワンステークス(GII)

1着:ロードクエスト
2着:モズアスコット(ハナ)
3着:グァンチャーレ(1/2馬身)
4着:ベステンダンク(クビ)
5着:コウエイタケル(3-1/2馬身)

勝ちタイム:1.21.5
優勝騎手:M.デムーロ
馬場:良

2018年・スワンステークス
スワンステークス2018の結果・動画をまとめた記事です。今年の着順は1着:ロードクエスト、2着:モズアスコット、3着:グァンチャーレとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする