【コリアカップ2020】日程・賞金/来年に延期が決定

コリアカップ 2018 ロンドンタウン

コリアカップは2020年9月13日に韓国・ソウル競馬場で行われる国際重賞。コリアカップは2020年で第5回を迎え、昨年は日本馬が参戦できず地元のムーンハックチーフが制した。コリアカップの日程・賞金などをチェックしてみよう。

2021年に延期が決定
スポンサーリンク

2020年・コリアカップは新型コロナウイルスの影響で中止に

2020年のコリアカップは、新型コロナウイルスの影響と韓国政府による外国からの訪問者に対する強制検疫措置のため開催を断念することが発表された。ちなみに同会国際競馬部によると外国馬の登録はなかったとのこと。

2020年で第5回の開催予定だったが、第1回から第3回までは日本馬が三連覇(2016年クリソライト、2017年&2018年ロンドンタウン)。
2019年の第4回は日韓関係の悪化の余波を受け日本馬の招待を中止。それにより韓国馬のムーンハックチーフがコリアカップ初制覇を果たしたが勝ちタイムは1分53秒3。2018年にロンドンタウンが刻んだ1分50秒6のレコードタイムと比べると、2秒7も遅いものだった。
日本馬を招待しなかった影響でレースレーティングが低下。国際格付けが取り消されることになってしまった。

コリアカップの日程・賞金

スポンサーリンク
第5回 コリアカップ(Korea Cup)

コリアカップ 2017 ロンドンタウン

2020年9月13日(日)韓国・ソウル競馬場
格:韓国G1 1着賞金:570,000,000ウォン(約5,700万円)
年齢:3歳以上 距離:1,800m(ダート・左)

コリアカップ・プレイバック

コリアカップ 2018 ロンドンタウン

2018年のコリアカップを制したのは「ロンドンタウン(London Town)」。レースレコードタイムで他馬を圧倒。後続に15馬身差をつける圧勝で日本馬のレベルの高さを韓国の競馬ファンに見せつけた。

1着:London Town・ロンドンタウン
2着:Dolkong(15馬身)
3着:Clean Up Joy(2-1/2馬身)
4着:Cheongdam Dokki(2-1/2馬身)
5着:Forest Ranger(2-1/2馬身)

勝ちタイム:1.50.60
勝利騎手:Yasunari Iwata
馬場:Standard

2018年のコリアカップ全着順、動画、コメントなどをチェック!
韓国で行われたコリアカップ2018の結果・動画です。着順は1着:London Town(ロンドンタウン)、2着:Dolkong、3着:Clean Up Joyとなりました。レースの詳しい結果、動画をご覧ください。

シェアする