【コリアカップ2018】出走予定馬・日程・賞金/日本馬の3連覇がかかる戦い

コリアカップ 2017 ロンドンタウン

コリアカップは2018年9月9日に韓国・ソウル競馬場で行われる国際重賞。コリアカップは2018年で第3回を迎える。昨年はロンドンタウン&クリソライトがワンツーフィニッシュを飾った。コリアカップの出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

日本馬の3連覇がかかる戦い
スポンサーリンク

動画・結果

2018年のコリアカップを制したのは「ロンドンタウン(London Town)」。直線ではライバルたちが見えなくなるほどの大差をつけ、見事連覇達成。日本馬はこれで3年連続の優勝となった。

動画・結果

コリアカップ 2018 ロンドンタウン

【コリアカップ2018】結果・動画/ロンドンタウンが圧勝で連覇達成

韓国で行われたコリアカップ2018の結果・動画です。着順は1着:London Town(ロンドンタウン)、2着:Dolkong、3着:Clean Up Joyとなりました。レースの詳しい結果、動画をご覧ください。

出走予定馬

2018年・コリアカップの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

ロンドンタウン(London Town)※招待受諾

【内房ステークス 2016】動画・結果/ロンドンタウンが鋭い決め手で差し切る

ロンドンタウン・5歳牡馬
父:カネヒキリ
母:フェアリーバニヤン
母父:Honour and Glory
主な勝鞍:2017年・コリアカップ
馬名の由来:曲名

昨年のコリアカップ覇者が韓国からの招待を受諾した。
鞍上には昨年と同じ岩田騎手が跨る予定。
連覇に向け視界良好!

主な回避馬

ケイティブレイブ(K T Brave)

川崎記念 2018 ケイティブレイブ

ケイティブレイブ・5歳牡馬
父:アドマイヤマックス
母:ケイティローレル
母父:サクラローレル
主な勝鞍:2018年・川崎記念
馬名の由来:冠名+勇士

挑戦を表明していたが、招待が届かず無念の回避。
今後は日本テレビ盃に進む予定。

オールブラッシュ(All Blush)

川崎記念 2017 オールブラッシュ

オールブラッシュ・6歳牡馬
父:ウォーエンブレム
母:ブラッシングプリンセス
母父:Crafty Prospector
主な勝鞍:2017年・川崎記念
馬名の由来:皆が赤面する。他馬が降参するような馬になるように

こちらも選出されず回避。
次走は南部杯を視野に入れている。

日程・賞金

【コリアカップ 2016】動画・結果/クリソライトが圧勝・日本馬2頭が他馬を圧倒

第3回 コリアカップ(Korea Cup)
2018年9月9日(日)韓国・ソウル競馬場
格:韓国G1 1着賞金:570,000,000ウォン(約5,700万円)
発走時刻:日本時間 9月9日(日)16時35分 発走予定
年齢:3歳以上 距離:1,800m(ダート・左)

プレイバック

現在コリアカップは日本馬連覇中。栄光の軌跡を振り返ろう。

2016年・コリアカップ

2016年のコリアカップを制したのは「クリソライト(Chrysolite)」。2着にもクリノスターオーが入り、ワンツーフィニッシュを達成。3着には大きな差をつけており、日本馬の強さが際立ちました。

2016年9月11日 コリアカップ(Korea Cup)

1着:Chrysolite(クリソライト)
2着:Kurino Star O(クリノスターオー)(6馬身)
3着:Triple Nine(10馬身)
4着:Power Blade(4馬身)
5着:Famous Mark(3馬身)

勝ちタイム:1.52.3
勝利騎手:FUJII KANICHIRO

2016年・コリアカップ

コリアカップ 2016 クリソライト

【コリアカップ 2016】動画・結果/クリソライトが圧勝・日本馬2頭が他馬を圧倒

「コリアカップ 2016」の動画・結果です。韓国で行われたコリアカップの結果は1着:Chrysolite(クリソライト)、2着:Kurino Star O、3着:Triple Nine。「クリソライト」が勝利した2016年のコリアカップの詳細をご覧ください。

2017年・コリアカップ

2017年のコリアカップを制したのは「ロンドンタウン(London Town)」。先手を奪ってそのまま押し切り優勝した。連覇を狙ったクリソライトは2着。今年も日本馬のワンツーフィニッシュとなった。

2017年9月10日 コリアカップ(Korea Cup)

1着:London Town・ロンドンタウン
2着:Chrysolite・クリソライト(4馬身)
3着:Papa Shot(17馬身)
4着:Triple Nine(3/4馬身)
5着:Champ Line(5馬身)

勝ちタイム:1.50.7
勝利騎手:岩田 康誠

2017年・コリアカップ

コリアカップ 2017 ロンドンタウン

【コリアカップ 2017】動画・結果/ロンドンタウンが優勝・クリソライトは2着

「コリアカップ 2017」の動画・結果です。韓国で行われたコリアカップの結果は1着:London Town(ロンドンタウン)、2着:Chrysolite(クリソライト)、3着:Papa Shot。「ロンドンタウン」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

シェアする