【ターコイズステークス2022】追い切り/動きを見極め勝利に近づけ

ターコイズステークス2022 追い切り

ターコイズステークス2022の追い切り・コメントの記事です。ターコイズSの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

動きを見極め勝利に近づけ

2022年12月17日(土) | 5回中山5日 | 15:25 発走
第8回 ターコイズステークス(GIII)芝・右・外 1600m
Turquoise Stakes (G3)

関連記事
今週は他にも朝日杯フューチュリティステークスが開催される。
朝日杯フューチュリティステークスは2022年12月18日に阪神競馬場で行われる二歳マイル王者を決める一戦。朝日杯FSは2022年で第74回を迎え、昨年はドウデュースが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

ターコイズステークス2022の追い切りをチェック!

ターコイズステークス2022 追い切り

ターコイズステークスに出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
朝日杯フューチュリティステークス2022の追い切り・コメントの記事です。朝日杯FSの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
アナザーリリック

最終追い切り
美浦・南W・稍重(津村)
5F 68.6-52.8-37.4-11.5(直強め)
ローズボウル(一杯)の内0.7秒追走・0.6秒先着

林調教師
「いい動きで使って良くなった。雨が降って外差し馬場になれば」
アブレイズ

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 54.9-40.1-25.8-12.6(馬なり)

池江調教師
「前走は中1週であまり乗り込めなかったし、今回の方が状態は上」
ウインシャーロット

最終追い切り
美浦・南W・稍重(助手)
5F 70.1-53.7-38.6-12.1(馬なり)

和田正調教師
「負荷をかけすぎないように調整。先週はややテンションが高かったが、今週は余裕が出た。息の入りもいい」
エリカヴィータ

最終追い切り
美浦・南W・稍重(助手)
5F 65.9-50.9-36.7-11.7(強め)
エリカコレクト(馬なり)の内0.3秒追走・同入

国枝調教師
「動きはいいし体はしっかりとできている。中山マイルで新味を期待」
サブライムアンセム

最終追い切り
栗東・CW・良(岩田望)
4F 50.6-35.7-11.1(馬なり)

田代助手
「前走後は短期放牧に出しました。春よりもどっしりして、落ち着きがあります」
シャドウディーヴァ

最終追い切り
美浦・坂路・稍重(助手)
800m 55.1-40.6-26.0-12.4(強め)
モントブレッチア(馬なり)を1.3秒追走・同入

相田助手
「稽古の動きはいいし、今回は中山のマイル戦になるが、対応してくれると思う」
シャーレイポピー

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 54.1-38.6-24.6-12.1(馬なり)

石坂調教師
「ここを目標にじっくりやって、いい状態に仕上がっています」
スカイグルーヴ

最終追い切り
美浦・南W・稍重(助手)
5F 69.4-53.6-39.2-12.2(馬なり)
ラレイナ(強め)の内0.3秒追走・同入

木村調教師
「若い頃より馬自身はタフになっている。実力はある馬なので、当日の気配が重要」
「前走は輸送減りで、当日に見た感じでも筋肉が落ちていた。ホーム(中山)で戦えるのはプラス」
フィアスプライド

最終追い切り
美浦・南W・稍重(助手)
6F 82.5-65.5-50.5-36.2-11.4(一杯)
オールザタイム(馬なり)の内0.5秒追走・0.2秒先着

国枝調教師
「稽古の動きは良かったよ。体も以前よりもずいぶんとしっかりしてきた」
「馬がしっかりして、気持ちの面でもどっしりしてきた。前走の脚を使えれば重賞でも」
フェルミスフィア

最終追い切り
美浦・南W・稍重(杉原)
6F 86.5-69.6-54.5-39.7-12.0(馬なり)
アルメリア(馬なり)の内0.4秒追走・0.1秒遅れ

木村調教師
「だいぶ体がしっかりしてきて、ここ半年はすごく安定している。中山コースが鍵」
フラーズダルム

最終追い切り
栗東・CW・良(助手)
3F 40.3-12.1(馬なり)

松永昌調教師
「先週ビッシリとやっていい時計も出たので今日はサラッと。今は具合がいい」
ママコチャ

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 54.1-39.7-25.6-12.3(馬なり)

池江調教師
「良かったですね。クラスが上がった方が折り合えて競馬はしやすい。フィジカルでもメンタル面でも成長。スケールアップしています。中山の千六に悪いイメージはない。こなせると思う」
ミスニューヨーク

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 53.8-38.8-25.0-12.0(馬なり)

杉山晴調教師
「順調に来ています。状態の変動があまりない馬ですが、動きはいつもよりも良かった。昨年は稍重だったし、緩い馬場になってほしい」
ライティア

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 53.7-38.7-24.7-12.2(馬なり)

池添学調教師
「追い切りは、ちょうどいい時計。変わりなく順調です」
レイハリア

最終追い切り
美浦・坂路・稍重(松岡)
800m 54.7-39.2-25.4-12.2(馬なり)
ヤマニンバンタジオ(強め)を0.4秒追走・0.2秒先着

田島調教師
「先週いい時計を出した。距離延長で目先を変える」
ローザノワール

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 53.7-38.2-24.6-12.2(一杯)

西園正調教師
「上がり重点の内容。今回がラストラン。自分の競馬に徹するだけ」

2022年・ターコイズステークスの調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2022年 ターコイズステークス|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2022年・ターコイズステークスの調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手は朝日杯フューチュリティステークスでフロムダスクに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(2/4・2/5)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
有馬記念は2022年12月25日に中山競馬場で行われる一年の締め括りの大一番。有馬記念は2022年で第67回を迎え、昨年はエフフォーリアが制した。有馬記念の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
ホープフルステークスは2022年12月28日に中山競馬場で行われる二歳の中距離G1戦。ホープフルステークスは2022年で39回目を迎え、昨年はキラーアビリティが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。