【チューリップ賞2020】結果・動画/マルターズディオサが接戦を制する

【チューリップ賞2020】結果・動画/マルターズディオサが接戦を制する

チューリップ賞2020 マルターズディオサ

チューリップ賞2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のチューリップ賞の着順は1着:マルターズディオサ、2着:クラヴァシュドール、3着:レシステンシアとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年のチューリップ賞はマルターズディオサが接戦を制する

2020年3月7日(土) | 1回阪神3日 | 15:35 発走
第27回 チューリップ賞(GII)芝・右・外 1600m
Tulip Sho(Japanese 1000 Guineas Trial) (G2)

スポンサーリンク

2020年・チューリップ賞の動画

関連記事

昨年のチューリップ賞はダノンファンタジーが制していた。

チューリップ賞2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のチューリップ賞の着順は1着:ダノンファンタジー、2着:シゲルピンクダイヤ、3着:ノーブルスコアとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年・チューリップ賞の結果

スポンサーリンク

1着:マルターズディオサ
2着:クラヴァシュドール(ハナ)
3着:レシステンシア(1-1/4馬身)
4着:イズジョーノキセキ(1/2馬身)
5着:スマートリアン(クビ)
6着:ウーマンズハート
7着:スマイルカナ
8着:ピーエムピンコ
9着:チェーンオブラブ
10着:メデタシメデタシ
11着:ショウリュウハル
12着:フルートフルデイズ
13着:シャンドフルール
14着:モズアーントモー

勝ちタイム:1.33.3
優勝騎手:田辺 裕信
馬場:良

関連記事
G1・桜花賞をにぎわす馬は?
桜花賞は2020年4月12日に阪神競馬場で行われる3歳牝馬クラシックの1戦目。2020年で第80回を迎え、今年も桜の女王の栄冠を求め乙女が熾烈なバトルを繰り広げる。昨年はグランアレグリアが制した。桜花賞の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・昨年の結果などをチェックしてみよう。

レース後のコメント

1着 マルターズディオサ(田辺裕信騎手)
「(1番人気で3着のレシステンシアは)暮れのG1で負けた相手なので、甘くないと思っていました。いい意味でびっくり。桜花賞へ向けてどういう競馬をしようか、お互いに思っていたと思います。阪神JFでは(レシステンシアに)追いつけなかったけど、きょうは手応えに余裕がありました。2着(クラヴァシュドール)も走る馬だと思っていましたが、最後、よくしのいでくれました。力をつけていると思います。見た目じゃ分からない成長を感じます。桜花賞は皆さんに見ていただいて、お客さんが入って開催できればと思っています。僕らはやれることを、これからもやっていきたいです」

2着 クラヴァシュドール(M.デムーロ騎手)
「初めて乗ったけど、スタートも良くて、一番いい位置を取れました。最後は内でふわっとしたけど、頑張ってくれた。桜花賞が楽しみ」

3着 レシステンシア(北村友一騎手)
「休み明けの方が、ゲート裏でピリついていた。最後は加速しているけど、もうひと押しが利かなかった。トライアルで自分のレースはできたし、次はさらに良くなると思う」

4着 イズジョーノキセキ(岩田康誠騎手)
「前半、リラックスして走ってくれて、すごくいい脚を使ってくれた。力はありますよ」

5着 スマートリアン(幸英明騎手)
「ゲートをうまく出せず、位置が悪くなってしまいました。最後は来ているだけにもったいなかった」

6着 ウーマンズハート(藤岡康太騎手)
「レース前はテンションが高いところがありましたが、我慢してくれていました。今回はためを利かせて控えようというオーダーで、折り合いを重視しました。道中はリズムよく運べましたし、追い出してから反応はしているんですが…。何か月ぶりかの実戦でしたし、次は良くなると思います」

8着 ピーエムピンコ(和田竜二騎手)
「スピードの勝ったいい馬。行きっぷりも良かったです。最後もよく差を詰めてくれました」

9着 チェーンオブラブ(石橋脩騎手)
「返し馬の感じは変わらず、状態は良さそうでした。少しためて運んで、前も開いたんですが、伸びませんでした」

10着 メデタシメデタシ(坂井瑠星騎手)
「もう少しペースが流れてほしかったです。じわじわと脚は使ってくれているんですが」

11着 ショウリュウハル(松若風馬騎手)
「道中に何度も手前を替えて、加速できなかった」

13着 シャンドフルール(武豊騎手)
「いい位置で流れに乗ることができたけど、4コーナーで手応えがなくなった。全く走れなかった」

14着 モズアーントモー(松山弘平騎手)
「距離がちょっと長いかもしれません。イレ込みも激しく、厳しかったです」

勝ち馬プロフィール

チューリップ賞2020 マルターズディオサ

マルターズディオサ(Maltese Diosa)牝3/青鹿毛 手塚 貴久(美浦)
父:キズナ 母:トップオブドーラ 母父:Grand Slam
馬名の由来:冠名+女神(西)

関連記事
マルターズディオサは前走の阪神ジュベナイルフィリーズでは2着に敗れていた。
阪神ジュベナイルフィリーズ2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の阪神ジュベナイルフィリーズの着順は1着:レシステンシア、2着:マルターズディオサ、3着:クラヴァシュドールとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。