【東海ステークス2022】結果・動画/スワーヴアラミスが鮮やかに差し切りV

東海ステークス2022 スワーヴアラミス

東海ステークス2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年の東海ステークスの着順は1着:スワーヴアラミス、2着:オーヴェルニュ、3着:ブルベアイリーデとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年の東海ステークスはスワーヴアラミスが鮮やかに差し切りV

2022年1月23日(日) | 1回中京8日 | 15:35 発走
第39回 東海ステークス(GII)ダート・左 1800m
Tokai Stakes (G2)

スポンサーリンク

2022年・東海ステークスの動画

関連記事
昨年の東海ステークスはオーヴェルニュが制していた。
東海ステークス2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の東海ステークスの着順は1着:オーヴェルニュ、2着:アナザートゥルース、3着:メモリーコウとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年・東海ステークスの結果

スポンサーリンク

1着:スワーヴアラミス
2着:オーヴェルニュ(1/2馬身)
3着:ブルベアイリーデ(1-1/4馬身)
4着:サンライズホープ(アタマ)
5着:カデナ(1馬身)
6着:プリティーチャンス
7着:ゲンパチルシファー
8着:ケンシンコウ
9着:デュードヴァン
10着:グレートタイム
11着:ミヤジコクオウ
12着:スマッシャー
13着:アイオライト
14着:ハヤヤッコ
15着:イッツクール
16着:シャイニービーム

勝ちタイム:1.51.7
優勝騎手:松田 大作
馬場:良

関連記事
G1・フェブラリーステークスをにぎわす馬は?
フェブラリーステークスは2022年2月20日に東京競馬場で行われるダートマイルG1。フェブラリーステークスは2022年で第39回を迎え、昨年はカフェファラオが制した。フェブラリーSの出走予定馬・結果・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

東海ステークス2022 スワーヴアラミス

1着 スワーヴアラミス(松田大作騎手)
「去年の夏から一戦ごとに成長しています。(自身)初めてのG2勝利を、この馬と一緒に達成できてすごくうれしいです。ホントは前に行きたかったんですが、行けませんでした。砂をかぶると進んで行きにくかった馬ですが、前走から砂をかぶっても平気になって幅が出ましたね。最後は『頼む、伸びてくれ』と必死に追いました。こういう形で勝てて収穫ですし、馬がホントに成長しています」

2着 オーヴェルニュ(団野大成騎手)
「勝ったと思ったんですが…。考えていた展開と違いましたが、スムーズに運べて、直線でも内がぽっかり開きました。最後は勝ち馬の勢いがすごくて抵抗できませんでしたが、力は示してくれたと思います」

3着 ブルベアイリーデ(M.デムーロ騎手)
「馬の具合も良かったし、流れも合っていたが、人気馬が前で楽をしていたので早めに脚を使った。直線は手前を替えず、最後はばててしまった」

4着 サンライズホープ(幸英明騎手)
「惜しい競馬でした。前走のようにやめることなく走ってくれました。(今後も)真面目に集中できるかだと思います」

5着 カデナ(和田竜二騎手)
「返し馬の乗り味は良かったです。道中は後ろになったけど、リズム良く、余裕を持って追走できました。これからが楽しみです」

6着 プリティーチャンス(柴山雄一騎手)
「リズム重視で運んで、最後は脚を使ってくれました。左回りでもたれる面も制御できないほどではありませんでした。かみ合えば、重賞でもチャンスがある馬です」

7着 ゲンパチルシファー(川島信二騎手)
「いつも通りの良い位置で運べました。オープンで戦って力をつけてくれれば良いですね」

9着 デュードヴァン(松山弘平騎手)
「すごくスタートが良くて、いいポジションで競馬できたんですが…」

10着 グレートタイム(岩田望来騎手)
「中途半端な競馬になりました。馬は良くなっていますし、もう少し長い距離なら結果も出してくれると思います」

11着 ミヤジコクオウ(武豊騎手)
「いいポジションだと思ったけど、直線はいっぱいになった」

12着 スマッシャー(坂井瑠星騎手)
「3コーナーの不利が痛かったです。状態は良かったと思うので、スムーズな競馬でどこまでやれるか見てみたかったんですが」

13着 アイオライト(菱田裕二騎手)
「今日は前回ほどゆったり逃げることが出来ませんでした。力は十分あるので、次に期待です」

14着 ハヤヤッコ(池添謙一騎手)
「追走が忙しい感じでした。4コーナーで一瞬伸びそうでしたが、じりじりでした。もっと距離があった方がいいのかも知れません」

15着 イッツクール(酒井学騎手)
「かぶされない形を意識しました。3コーナーで反応がありましたが、かわされて(手応えが)なくなりました」

16着 シャイニービーム(加藤祥太騎手)
「10歳ですが元気いっぱいです。長期休養明けを使って、次は良くなると思います」

勝ち馬プロフィール

東海ステークス2022 スワーヴアラミス

スワーヴアラミス(Suave Aramis)牡7/鹿毛 須貝 尚介(栗東)
父:ハーツクライ 母:ベイトゥベイ 母父:Sligo Bay
馬名の由来:冠名+物語の登場人物名より

関連記事
スワーヴアラミスは昨年のエルムステークス勝ち馬
エルムステークス2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のエルムステークスの着順は1着:スワーヴアラミス、2着:オメガレインボー、3着:ロードブレスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。