【宝塚記念2020】追い切り/抜群の動きを見せたのは

宝塚記念2020 追い切り

宝塚記念2020の追い切り・コメントの記事です。宝塚記念の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

抜群の動きを見せたのは

2020年6月28日(日) | 3回阪神8日 | 15:40 発走
第61回 宝塚記念(GI)芝・右 2200m
Takarazuka Kinen (G1)

出走予定馬・予想オッズ
2020年・宝塚記念の出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
宝塚記念は2020年6月28日に阪神競馬場で行われる春のグランプリホースを決める一戦。宝塚記念は2020年で第61回を迎え、昨年はリスグラシューが制した。出走予定馬・予想オッズ・賞金・日程・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

宝塚記念2020の追い切りをチェック!

宝塚記念2020 追い切り

宝塚記念に出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

アドマイヤアルバ

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 80.4-63.8-48.6-36.1-12.5(仕掛)
内・ミラードムーン(馬也)を6Fで1秒1追走・1F併せで0秒5先着

須貝調教師
「以前は気が悪かったけど、去勢して解消しています。使いつつ調子は上がっています」

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 84.0-67.1-52.1-38.5-12.0(仕掛)
外・レッドミダス(一杯)を6Fで0秒4追走・1F併せで0秒2先着

西村淳騎手
「近走は集中して走れていない感じだが、調教の雰囲気は良かった。(G1初騎乗については)オーナーや須貝先生、厩舎関係者に感謝している。アドマイヤアルバの能力を発揮できるように頑張りたい」
アフリカンゴールド

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 81.2-66.4-51.4-38.2-12.3(一杯)

西園調教師
「コースでいっぱいにやりました。輸送もあるので来週はサラッとやる予定。前走はラストで止まったし、距離の壁があった。距離短縮はいいと思う」

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 80.9-65.4-51.4-38.1-12.4(一杯)

西園調教師
「今回はハナでもいいと思っている。とにかく気持ち良く走らせたい。出来は凄くいい。条件こそ違うけど(中京の)2200メートルではぶっちぎって勝ったこともあるからね」
カデナ

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 51.6-37.7-25.0-12.9(一杯)

中竹調教師
「あそこまで時計を出すつもりはなかったけど、出てしまいました。充実しています」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 53.1-38.1-24.9-12.6(一杯)

中竹調教師
「いい動きだった。体調は良さそう。距離が延びるのも問題ない」
キセキ

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 81.4-64.5-49.4-36.6-11.9(仕掛)

武豊騎手
「1週前なのでしっかりやりました。変わらず動きますね。道悪になってもこなせるし、今回の方が距離もいい」

小滝助手
「折り合いはついていて、1週前としては良かった。急仕上げ気味だった前回より良くて、落ち着きがあります」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 51.1-37.4-24.8-12.7(一杯)

角居調教師
「いい状態をキープ。中間は人間の指示を上手に聞けるように調整。前走(天皇賞・春6着)は最後まで辛抱していたが、距離が長いかなと感じた」
クロノジェネシス

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 80.7-65.5-51.7-37.6-11.7(馬也)
中・レッドエーデル(馬也)を6Fで1秒5追走・1F併せで0秒3先着
外・ラズルダズル(馬也)を6Fで3秒1追走・1F併せで1秒1先着

北村友騎手
「ゆとりをもってリフレッシュされた感じがあって、いい雰囲気」

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 82.1-66.2-51.3-37.6-11.8(馬也)
中・ステラリア(馬也)を6Fで1秒追走・1F併せで0秒1遅れ
外・ヒンドゥタイムズ(強め)を6Fで1秒6追走・1F併せで併入

斉藤崇調教師
「1週前にそこそこ速いところをやったので、硬さがないか、反応はどうかを確かめた。どちらもいい感じだ。大阪杯から間隔を空けたことで変にカッカすることなく、スムーズに乗り込めた。(ライバルとの)差が詰まってきたのが成長の証し。どんな条件でも一生懸命に走るし雨も大丈夫」

和田助手
「前走(大阪杯=2着)時よりも馬体が10キロくらい増えそうで、トモがパンとして見た感じも良くなっている。中間も落ち着きがあっていい雰囲気。立ち回りが上手で馬場、コースは不問。相手はさらに強くなるけど、前回は枠順の差もあったので条件さえかみ合えば」

グローリーヴェイズ

1週前追い切り
美浦・南W・良
5F 65.5-50.4-37.2-12.3(直強め)
内・ミトロジー(強め)を5Fで1秒3追走・1F併せで併入

尾関調教師
「思った以上に折り合いがついて前と離れてしまったぶん、思ったほど抜けられなかった。それでも外を回ってこれだけの時計で動けていれば」

最終追い切り
美浦・南W・良
5F 65.7-51.2-38.0-12.5(馬也)
内・シャリオヴァルト(馬也)を5Fで0秒8追走・1F併せで併入
外・ミトロジー(馬也)を5Fで1秒2追走・1F併せで0秒2先着

レーン騎手
「とてもフィーリングが良かった。休み明けはやってみないと分からないところもあるが、調教師は馬のことをよく分かっているし、調教で乗った感じでは仕上がりも良さそうだった」

尾関調教師
「内を回った分、時計こそ速かったが、今日は気持ちを上げることを優先。体に余裕はあるが、余力十分に動いていたし、輸送もあるから」

サートゥルナーリア

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 79.9-64.6-50.5-37.2-11.3(馬也)

ルメール騎手
「楽に動けていましたね。ずっとリラックスして、少しずつペースアップ。反応も良かったです。乗っていて気持ちよかった」

小滝助手
「馬のリズムに合わせて競馬をしてくれるので、馬もリラックスして走れています。追い切りもラスト1Fは凄かった」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 51.3-36.8-23.9-12.2(強め)

角居調教師
「いい時計で走っていました。入退厩を繰り返すごとに成長しています。どっしりとして古馬らしくなり、(父の)ロードカナロアが出てきたのか、筋肉質で幅が出てきました」

滝川助手
「帰厩してから、1カ月以上かけてじっくり調整してきた。これまでで一番の状態と言っていいか。実績のある右回りだし、馬場は渋ってもこなせる。普通にスタートを切れれば結果は出ると思う」

スティッフェリオ

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 84.6-67.6-52.6-38.9-11.9(仕掛)
外・デルマラッキーガイ(一杯)を6Fで0秒4追走・1F併せで併入

幸騎手
「しまいを伸ばしてほしいという指示。反応は良かった。操作性が良さそう」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 52.0-38.0-25.1-13.0(一杯)
外・ダンビュライト(馬也)と併せで0秒5遅れ

音無調教師
「ケイコはダンビュライトの方が良かったけれど、馬自体は良くなっている。充実期にあるし、しまいを生かすレースをしてほしい」
ダンビュライト

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 52.9-38.6-25.5-12.9(G強め)
外・アメリカズカップ(一杯)と併せで0秒3先着

松若騎手
「先週より雰囲気は良くなっています。馬場は少し悪かったけど、しっかり動けていたと思います」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 51.4-37.4-24.5-12.5(馬也)
内・スティッフェリオ(一杯)と併せで0秒5先着

松若騎手
「思っていた以上に時計が出た。いい動き。距離が短くなるのはプラスだし、馬場が悪くなるのも大歓迎」
トーセンカンビーナ

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 83.9-67.6-52.6-38.8-11.8(馬也)
外・ショパン(馬也)を6Fで0秒4追走・1F併せで0秒1先着

浜中騎手
「反応を見てという指示で、この馬なりに良かったですね。どういうふうに走ればいいかつかんでいる。利口だなと思いました」

小滝助手
「体調はすこぶるいいですね。短期間でメキメキと力をつけてくれています」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 52.8-38.1-24.3-12.1(仕掛)
内・エアウィンザー(馬也)と併せで0秒1先着

角居調教師
「先週はまだ反応がいまひとつだったので、反応できるように動かしていきました。今週の方がよく動けていました」
トーセンスーリヤ

1週前追い切り
美浦・南W・良
5F 64.1-50.1-37.1-12.6(直一杯)

小野調教師
「動きは良かったし、順調。ここにきて成長しているし、阪神の馬場も合うと思う」

最終追い切り
美浦・南W・良
5F 65.0-50.1-37.4-12.5(仕掛)

横山和騎手
「状態に関しては前回と同じぐらい。以前よりも馬に迫力が出て、競馬にいくと優等生。スーリヤと一緒にこの(宝塚記念の)舞台に立てるのがうれしい」
ブラストワンピース

1週前追い切り
美浦・南W・良
6F 80.0-64.7-51.0-37.1-12.1(直一杯)
外・ヒラボクハーツ(強め)を6Fで1秒追走・1F併せで0秒4先着

大竹調教師
「1週前なのでジョッキーに乗ってもらって、しっかり追った。水曜(17日)の計量で馬体重は565キロ。まだ絞れる余地はあるけど反応はいい」

最終追い切り
美浦・南W・良
5F 68.3-52.2-37.7-12.3(馬也)
外・ハルサカエ(馬也)を5Fで0秒4追走・1F併せで併入

大竹調教師
「ある程度先週で出来上がっていたので、今日は息を整える程度と思いました。その通りの追い切りができたし、反応も素早かったです。前走よりトモの状態も良くなっています。前走は前に行った馬同士の決着となり、スタートで勝負が付いた感じ。前走からの距離延長は位置取りの面ではプラスになると思います。今回はある程度のポジションを取りたい。スタミナ勝負ならチャンスがあると思います。前回は不完全燃焼だったので、相手というよりもブラスト自身の競馬ができればと思います」
ペルシアンナイト

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 83.1-66.6-51.2-38.0-11.5(一杯)
外・トゥザクラウン(一杯)を6Fで0秒9追走・1F併せで0秒5先着

池江調教師
「いい動きで、状態は良さそう。反応も良かった。上積みはありそうですね」
メイショウテンゲン

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 84.5-68.3-52.9-39.2-12.3(馬也)
内・ショウナンタイガ(馬也)に6Fで0秒8先行・1F併せで併入

松山騎手
「動きは良かったし、変わらず順調。エンジンのかかりが遅い馬なので、馬場は重い方がいい」

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 82.2-66.7-52.1-38.9-11.8(仕掛)

松山騎手
「2週続けて乗せてもらって、動きは良かったです。競馬はジリっぽいところがありますが、調教ではシュッと動けています」
モズベッロ

1週前追い切り
栗東・坂路・良
800m 52.9-37.9-24.6-12.5(一杯)
外・ダイメイコリーダ(G強め)と併せで0秒1先着

森田調教師
「順調やね。前走は引っ掛かっていた。距離が短くなるのはいいと思う」

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 54.5-38.5-24.1-12.1(一杯)
外・ラブスピール(G強め)と併せで併入

森田調教師
「先週は少し、前さばきが硬くて、ケアしてやっている。先週よりはましだけど、まだ硬さはある」
ラッキーライラック

1週前追い切り
栗東・CW・良
6F 79.3-63.3-49.7-37.1-12.1(一杯)

松永幹調教師
「先週よりいい動きでしたよ。順調にこられました。うまく流れに乗って競馬をしてほしい」

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 82.8-66.9-52.1-38.3-11.4(馬也)

松永幹調教師
「先週しっかり負荷をかけているので、最後を伸ばす感じで。単走の予定だったけど、前に馬がいて、うまく目標にできましたね。(馬が)完成してきました。馬体はもちろん、前に馬がいても躊躇せず、馬群を割れるように精神面でも成長した。(スタートを決めて)いい位置で競馬ができれば。たくさんの票をいただいたし、結果で応えたい」
レッドジェニアル

1週前追い切り
栗東・CW・良
5F 66.0-50.9-37.1-11.9(馬也)
外・ワンダフルタウン(強め)に5Fで0秒5先行・4F併せで併入

中塚助手
「(前走は)出遅れましたが、よく差を詰めてくれました。上がりのかかる競馬になったのが良かったです。前回からさらに具合は上がっています。阪神はいいので」

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 80.9-65.8-51.6-38.3-11.9(一杯)
外・バルンストック(一杯)を6Fで0秒3追走・1F併せで併入

中塚助手
「いつもより活気があった。使って良くなっている。(レース展開としては)11秒フラットの脚を使える馬じゃないからスタミナ比べになってほしい」
ワグネリアン

1週前追い切り
栗東・CW・良
5F 63.9-49.5-36.5-11.8(馬也)
外・アンコールプリュ(仕掛)を5Fで0秒9追走・1F併せで併入

大江助手
「息遣いが、やるごとに良化しています。腹回りにゆとりが出て、たくましくなってきました」

最終追い切り
栗東・芝・稍重
5F 66.6-50.7-36.7-11.8(馬也)

福永騎手
「動きは悪くないし、予定通りの追い切りができた。スタートしてどれだけいい位置を取れるか。今回は1コーナーまで距離があるし好位で運びたい」
関連記事
武豊騎手はキセキに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(7/11・7/12)の想定・騎乗予定など、すべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
エクリプスステークスは2020年7月5日にイギリス・サンダウン競馬場で行われる一戦。エクリプスステークスは2020年で123回を迎え、今年は日本からディアドラが参戦する。レースの出走予定馬・オッズ・日程・賞金などをチェックしてみよう。
札幌記念は2020年8月23日に札幌競馬場で行われる夏のビッグレース。札幌記念は2020年で第56回を迎え、昨年はブラストワンピースが制した。札幌記念の出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。