【高松宮記念2020】結果・動画/モズスーパーフレアが繰り上がりで優勝

【高松宮記念2020】結果・動画/モズスーパーフレアが繰り上がりで優勝

高松宮記念2020 モズスーパーフレア

高松宮記念2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の高松宮記念の着順は1着:モズスーパーフレア、2着:グランアレグリア、3着:ダイアトニックとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年の高松宮記念はモズスーパーフレアが繰り上がりで優勝

2020年3月29日(日) | 1回中京8日 | 15:40 発走
第50回 高松宮記念(GI)芝・左 1200m
Takamatsunomiya Kinen (G1)

スポンサーリンク

2020年・高松宮記念の動画

パトロールビデオ

裁決レポート
 第1位に入線した11番クリノガウディーは、最後の直線コースで内側に斜行し、3番ダイアトニック(4位入線)および16番モズスーパーフレア(2位入線)の走行を妨害しました。
 このことについて、その走行妨害がなければ、3番ダイアトニックおよび16番モズスーパーフレアは11番クリノガウディーより先に入線したと認めたため、11番クリノガウディーを第4着に降着としました。
 この件について、11番クリノガウディーの騎手和田竜二を2020年4月11日(土)から2020年4月19日(日)まで9日間の騎乗停止としました。
関連記事

昨年の高松宮記念はミスターメロディが制していた。

高松宮記念2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の高松宮記念の着順は1着:ミスターメロディ、2着:セイウンコウセイ、3着:ショウナンアンセムとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年・高松宮記念の結果

スポンサーリンク

1着:モズスーパーフレア
2着:グランアレグリア(ハナ)
3着:ダイアトニック(アタマ)
4着:クリノガウディー(1着降着)
5着:シヴァージ(2馬身)
6着:グルーヴィット
7着:セイウンコウセイ
8着:ティーハーフ
9着:ステルヴィオ
10着:ダノンスマッシュ
11着:アウィルアウェイ
12着:タワーオブロンドン
13着:モズアスコット
14着:ナックビーナス
15着:ノームコア
16着:ラブカンプー
17着:ダイメイプリンセス
18着:アイラブテーラー

勝ちタイム:1.08.7
優勝騎手:松若 風馬
馬場:重

関連記事
昨年秋に行われたG1・スプリンターズステークスはタワーオブロンドンが制していた。
スプリンターズステークス2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のスプリンターズステークスの着順は1着:タワーオブロンドン、2着:モズスーパーフレア、3着:ダノンスマッシュとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

レース後のコメント

高松宮記念2020 モズスーパーフレア

1着 モズスーパーフレア(松若風馬騎手)
「スタートだけしっかり大切に出そうと思っていた。自分のペースでいいリズムでいけた。(馬場は)そこまで悪くなってほしくないなと思っていて、馬場も回復していたのでそれもよかったと思います。(ゴール前は)本当に必死で無我夢中で追ってました。もっともっと、技術がないんですけど、上を目指して頑張っていきたいと思います。お客様方がいないのはさみしいもので、僕たちが競馬できてるってのは、ありがたいこと。コロナの影響で大変ですけど、お客様も今はテレビの前ですけど、早く元に戻ってほしいと思います」

(音無秀孝調教師)
「いつもの競馬で後ろを離して逃げるレースをさせました。繰り上がりの1着ですが、不利もありましたし、スッキリとはしませんが勝ちは勝ちです。4コーナーで後ろを離していましたが、直線の長いコースですから不安でした。今日は一旦離されてからしぶとかったですね。成長を感じました」

2着 グランアレグリア(池添謙一騎手)
「直線で外に出すとすごい伸び脚でした。初めての1200mでうまくレースができませんでした。結果を出すことができず残念です」

(藤沢和雄調教師)
「落ち着いていて良かった。しまいはよく伸びている」

3着 ダイアトニック(北村友一騎手)
「前回降着となったのにまた騎乗依頼を頂けて有難かったです。今日は結果を残したかったのですが、不利もあって結果が残せませんでした」

(安田隆行調教師)
「突き抜ける感じだったけど…。仕方ない。運がないです」

4着降着(1位入線) クリノガウディー(和田竜二騎手)
「スタート良く、前が速くならず、良い感じで行けました。しかし、気を付けていましたが、左にもたれてしまいました。もたれるのを直すだけでは進まないので追いましたが、結局迷惑をかけてしまいました。申し訳ないです。能力はあり、1200mにも対応してくれました。それだけにもったいなかったです。今後も左に行くのが課題になります」

5着 シヴァージ(藤岡佑介騎手)
「出負けする形になりましたから脚をためるレースをしました。最後は良い脚を使いました。初めてのGIで内容のあるレースだったと思います」

6着 グルーヴィット(岩田康誠騎手)
「ラストを伸ばす感じのレースをしました。良い脚を使ってくれました」

7着 セイウンコウセイ(幸英明騎手)
「良い形でレースはできていたと思います。馬の具合も良かったのですが、終いの伸びが今一つでした」

8着 ティーハーフ(国分優作騎手)
「しっかり脚を使いました。最後こそ少し疲れましたが、10歳でもよく頑張りました」

9着 ステルヴィオ(丸山元気騎手)
「1番枠でこの競馬しかないと。雰囲気は良かったが馬場が緩すぎた」

10着 ダノンスマッシュ(安田隆行調教師)
「ゲートでつまずいてしまいました。運が無かったです。改めて仕切り直しです」

11着 アウィルアウェイ(松山弘平騎手)
「枠の関係でいい位置で競馬ができなかった。うまく流れに乗せていければ良かったが…」

12着 タワーオブロンドン(福永祐一騎手)
「4コーナーではバッチリといった感じでしたが、追い出してからはトモが流れてしまい、手応えほど伸びがありませんでした」

13着 モズアスコット(M.デムーロ騎手)
「スタートを出てくれませんでした。その後も忙しい感じでした。走りも今一つでした。馬場が合いませんでした」

14着 ナックビーナス(田辺裕信騎手)
「考えていたポジションだったが直線で反応がなかった。馬場が影響したのかな」

15着 ノームコア(横山典弘騎手)
「1200メートルでもついていけました。もう少しやれると思ったけどね」

16着 ラブカンプー(酒井学騎手)
「好位からの指示。非力で、こういう馬場はかわいそう」

17着 ダイメイプリンセス(秋山真一郎騎手)
「4コーナーからずっとのめっていました」

18着 アイラブテーラー(武豊騎手)
「走りが全然、本当じゃなかった。左回りも良くないと思う」

勝ち馬プロフィール

高松宮記念2020 モズスーパーフレア

モズスーパーフレア(Mozu Superflare)牝5/栗毛 音無 秀孝(栗東)
父:Speightstown 母:Christies Treasure 母父:Belong to Me
馬名の由来:冠名+恒星の表面で起こるエネルギーの大爆発

関連記事
モズスーパーフレアにとって今回の勝利はオーシャンステークス以来の重賞制覇となった。
オーシャンステークス2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のオーシャンステークスの着順は1着:モズスーパーフレア、2着:ナックビーナス、3着:ダイメイフジとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。