【スプリングステークス2021】結果・動画/ヴィクティファルスが差し切りV

スプリングステークス2021 ヴィクティファルス

スプリングステークス2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のスプリングステークスの着順は1着:ヴィクティファルス、2着:アサマノイタズラ、3着:ボーデンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年のスプリングステークスはヴィクティファルスが差し切りV

2021年3月21日(日) | 2回中山8日 | 15:45 発走
第70回 スプリングステークス(GII)芝・右 1800m
Spring Stakes(Japanese 2000 Guineas Trial) (G2)

スポンサーリンク

2021年・スプリングステークスの動画

関連記事
昨年のスプリングステークスはガロアクリークが制していた。
スプリングステークス2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のスプリングステークスの着順は1着:ガロアクリーク、2着:ヴェルトライゼンデ、3着:サクセッションとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年・スプリングステークスの結果

スポンサーリンク

1着:ヴィクティファルス
2着:アサマノイタズラ(アタマ)
3着:ボーデン(1-3/4馬身)
4着:イルーシヴパンサー(1-1/4馬身)
5着:ヴェイルネビュラ(3/4馬身)
6着:ワールドリバイバル
7着:ランドオブリバティ
8着:ロードトゥフェイム
9着:セルジュ
10着:アールバロン
11着:ビゾンテノブファロ
12着:オンザライン
13着:レインフロムヘヴン
14着:ニシノオイカゼ
15着:ヴィゴーレ

勝ちタイム:1.52.0
優勝騎手:池添 謙一
馬場:重

関連記事
G1・皐月賞をにぎわす馬は?
皐月賞は2021年4月18日に中山競馬場で行われる3歳クラシックの第一戦。皐月賞は2021年で第81回を迎え、昨年はコントレイルが制した。皐月賞の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

レース後のコメント

スプリングステークス2021 ヴィクティファルス

1着 ヴィクティファルス(池添謙一騎手)
「良いスタートを切ってくれて、あとは折り合いを少し大事にしていきたいと返し馬で感じていたので、そこを頭に入れて進めていったんですが、いい形で馬の後ろを取ることができて、その後は悪い馬場でもリズムよく走ってくれたと思います。直線は追い出してからしっかり反応してくれましたし、こういう馬場でしたけど、よく踏ん張って伸びてくれたと思います。まだまだ成長してほしい部分はありますが、持っているポテンシャルは高いものがあると思うし、これからもっと頑張って強くなっていってくれると思います。(兄弟重賞Vは)すごくうれしいですし、もっと一緒に勝ちたいと思います。この後はクラシックに向かっていくと思いますが、素質のある馬だし頑張ってくれると思うので次また楽しみにしたいです」

(池添学調教師)
「勝負強く差し切ってくれた。兄弟で重賞勝ちは初めてなので嬉しい。謙一騎手に3週追い切りに乗ってもらい感触を掴んでくれた。馬は一歩ずつ勉強してくれている。奥のある馬。悪い状態では使いたくないので、次走は馬の様子を見てから考えます」

2着 アサマノイタズラ(嶋田純次騎手)
「もう一度オーナーと先生が乗せてくださって、厩舎スタッフの方々もしっかりと仕上げてくれて、前回よりも状態は良かったです。馬場はこなせると思っていましたし、終いまでしっかり走ってくれました。先生からは強気に乗って、と言われていましたが、結果的にもう少し待ってても良かったかもしれません。乗せていただいたチャンスを生かしたかっただけに悔しいです」

3着 ボーデン(川田将雅騎手)
「この馬に向かない馬場でもここまで頑張ってくれて、能力の高さを示してくれました。今日はこの馬場が得意な馬に有利に働きました。良い走りをしてくれました」

4着 イルーシヴパンサー(久保田貴士調教師)
「最後にもう一回来ましたし、良いところは見せてくれました。上手に競馬をしてくれましたし、先々が楽しみです」

5着 ヴェイルネビュラ(戸崎圭太騎手)
「前走乗った時には少し若さを感じましたが、徐々に精神的にも良くなっていましたし、雰囲気はすごく良かったです。追い出すと馬場を探りつつという走りになっていたので、良い馬場の方が良さそうです」

6着 ワールドリバイバル(菱田裕二騎手)
「返し馬から具合の良さを感じたし、いいレースができた。この成長力なら、今後が楽しみ」

7着 ランドオブリバティ(三浦皇成騎手)
「ポジションは良かったのですが、1コーナーから2コーナーで結構コントロールが効かない感じになってしまいました。向正面では落ち着いてきましたし、4コーナーは外に壁があって良い形だったのですが、それまでにリズム良く走れませんでした。申し訳ないです」

8着 ロードトゥフェイム(木幡巧也騎手)
「この馬場は得意と思っていたし、運びは悪くなかったが、すっと上がって行けなかった」

9着 セルジュ(菅原明良騎手)
「いつもよりスタートが良かったし、向正面では自分からハミをとった。まだ未完成で、これから良くなりそう」

10着 アールバロン(北村宏司騎手)
「馬場や向かい風もあって、向正面で力んだし物見をしていた。これから、頑張ってくれると思う」

11着 ビゾンテノブファロ(原優介騎手)
「使って上向いていたし、折り合いが良化したのは収穫。距離は少し長いかも」

12着 オンザライン(横山武史騎手)
「芝のレースで自分が乗るのは初めてで比較はできないが、ダートのほうが良さそう」

13着 レインフロムヘヴン(石橋脩騎手)
「スタートでつまづき、下を気にして走っていた」

14着 ニシノオイカゼ(勝浦正樹騎手)
「馬場や強風の影響かもしれないし、何とも言えない」

15着 ヴィゴーレ(丸山元気騎手)
「素直で乗りやすい。小柄なので、この馬場はこたえましたね」

勝ち馬プロフィール

スプリングステークス2021 ヴィクティファルス

ヴィクティファルス(Victipharus)牡3/鹿毛 池添 学(栗東)
父:ハーツクライ 母:ヴィルジニア 母父:Galileo
馬名の由来:ガリレオ衛星に付けられた名前。母父名より連想

関連記事
ヴィクティファルスは前走挑んだ共同通信杯では2着に敗れていた。
共同通信杯2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の共同通信杯の着順は1着:エフフォーリア、2着:ヴィクティファルス、3着:シャフリヤールとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。