【皐月賞2022】結果・動画/ジオグリフが鮮やかに差し切る

皐月賞2022 ジオグリフ

皐月賞2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年の皐月賞の着順は1着:ジオグリフ、2着:イクイノックス、3着:ドウデュースとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年の皐月賞はジオグリフが鮮やかに差し切る

2022年4月17日(日) | 3回中山8日 | 15:40 発走
第82回 皐月賞(GI)芝・右 2000m
Satsuki Sho(Japanese 2000 Guineas) (G1)

スポンサーリンク

2022年・皐月賞の動画

関連記事
昨年の皐月賞はエフフォーリアが制していた。
皐月賞2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の皐月賞の着順は1着:エフフォーリア、2着:タイトルホルダー、3着:ステラヴェローチェとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年・皐月賞の結果

スポンサーリンク

1着:ジオグリフ
2着:イクイノックス(1馬身)
3着:ドウデュース(1-1/4馬身)
4着:ダノンベルーガ(クビ)
5着:アスクビクターモア(クビ)
6着:オニャンコポン
7着:ジャスティンロック
8着:ラーグルフ
9着:ジャスティンパレス
10着:ダンテスヴュー
11着:ビーアストニッシド
12着:マテンロウレオ
13着:キラーアビリティ
14着:ボーンディスウェイ
15着:グランドライン
16着:デシエルト
17着:サトノヘリオス
18着:トーセンヴァンノ

勝ちタイム:1.59.7
優勝騎手:福永 祐一
馬場:良

関連記事
G1・日本ダービーをにぎわす馬は?
日本ダービーは2022年5月29日に東京競馬場で行われる三歳馬の頂点を決める競馬の祭典。日本ダービーは2022年で第89回を迎え、昨年はシャフリヤールが優勝した。日本ダービーの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

皐月賞2022 ジオグリフ

1着 ジオグリフ(福永祐一騎手)
「十分にチャンスがあると思っていたが、素晴らしいレースをしてくれました。取りたいポジションでレースができたし、前に同じ厩舎で長く脚を使えるイクイノックスがいたので、4コーナーで外に出してある程度エンジンをふかしながらいきました。自分がうまく誘導できれば勝てると思っていたので達成感がありますね。きょうはジョッキーとして、いい仕事ができました。ダービーは距離が課題になると思います」

2着 イクイノックス(C.ルメール騎手)
「休み明けでも、いい競馬をしてくれたが、残念です。僕の馬は前に馬を置いて、我慢ができなかった。勝った馬はそれができていたし、その差がでてしまった。ダービーはチャンスがあると思います」

3着 ドウデュース(武豊騎手)
「結果的にポジションが後ろすぎたのかも。大事に運んだが思ったよりペースが流れてくれなかった。勝ちたかったので残念。ダービーに向けて頑張りたい」

(友道康夫調教師)
「もう少しペースが流れればあそこからでも届いたかもしれないが。力は出して一番強い競馬はしてくれた。距離も問題なかったし、ダービーにつながる内容だった」

4着 ダノンベルーガ(川田将雅騎手)
「この枠(1番枠)でできる最大限の走りをしてくれました。これが必ずダービーにつながると思いますので、無事にダービーを迎えてくれたらと思います」

5着 アスクビクターモア(田辺裕信騎手)
「デシエルトを見ながらになると思っていたが、この馬のスタートがよかったし、相手も(出遅れて)いなかった。注文のつかないタイプなので、(ハナに)行かせました。弥生賞よりメンバーが上がったけど、強い相手でも、もう少しのところまできた。改めて能力を感じました。今日の競馬を次にいかせれば」

6着 オニャンコポン(菅原明良騎手)
「1コーナーで少しゴチャつくところがあって、そこをうまく乗れていれば…。大きいレースだからこそ小さなことが大きな差になってしまう。タメればいい脚を使ってくれたし、力があるのは分かった。今後はもっと上を目指して行きたい」

7着 ジャスティンロック(戸崎圭太騎手)
「追い切りの雰囲気は、すごくよかった。でも競馬で若さがある感じで、わがままなところを見せていた。最後まで頑張ってくれました」

8着 ラーグルフ(丸田恭介騎手)
「スタートはよかったし、最後もよく伸びています。競馬に向かうまでの雰囲気が、今までで一番良かった。しまいは本当にいい脚を使ってくれました」

9着 ジャスティンパレス(M.デムーロ騎手)
「勝つために早めに動いていきました。いい感じで上がっていけたけど、久々のぶんと、この馬場で脚を取られてしまった」

10着 ダンテスヴュー(吉田隼人騎手)
「いいレースはできた。今日は一線級の相手で、周りのレベルも上がっていた。3コーナーで1、2着馬を見ながらいけたが、そこからついていけなかった」

11着 ビーアストニッシド(和田竜二騎手)
「スタートを決めて、いいポジションでは運べたが、もう少しペースが流れてほしかった。あと1ハロンのところで止まってしまいました」

12着 マテンロウレオ(昆貢調教師)
「馬場がいい方がいいのか、1コーナーでノメっていた。勝ったレースは左回りだから、東京の方がいいのかもしれない。最後まで伸び続けていたし、そんなに悲観するような内容じゃない。この馬は距離が延びても問題ない」

13着 キラーアビリティ(横山武史騎手)
「ホープフルSの時からゲートが怪しかったので注意していたが、今日はゲートが全て。あれで台無しになってしまった」

14着 ボーンディスウェイ(石橋脩騎手)
「返し馬から雰囲気はよかったです。3、4コーナーでノメらないように走らせたいと運んで、この馬の立ち回りのうまさは生かせた。やりたいレースはできた」

15着 グランドライン(三浦皇成騎手)
「抽選を突破した馬で、よく頑張ってくれています。馬群の中で馬が集中して、4コーナーまでは手応え良くこられた。最後は走りがバラバラになってしまったが、自己条件ならと思います」

16着 デシエルト(岩田康誠騎手)
「スタートでつまずいて、あの位置での競馬になりました。折り合いはついていました。次の2400メートルを見据えて、内容は悪くなかった。今日の反省を次につなげていきたい」

17着 サトノヘリオス(岩田望来騎手)
「ポジション取りはうまくいったが、折り合いを欠いてしまった。それで伸びを欠いてしまった」

18着 トーセンヴァンノ(木幡巧也騎手)
「道中は息が入って、いい感じだった。3コーナーまでうまく運べたが、そこからペースが上がって、ついていけなかった」

勝ち馬プロフィール

皐月賞2022 ジオグリフ

ジオグリフ(Geoglyph)牡3/栗毛 木村 哲也(美浦)
父:ドレフォン 母:アロマティコ 母父:キングカメハメハ
馬名の由来:地上絵

関連記事
ジオグリフにとって札幌2歳ステークス以来の勝利がうれしいG1初勝利となった
札幌2歳ステークス2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の札幌2歳ステークスの着順は1着:ジオグリフ、2着:アスクワイルドモア、3着:トーセンヴァンノとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。