【エリザベス女王杯2021】結果・動画/アカイイトが大金星を挙げる

エリザベス女王杯2021 アカイイト

エリザベス女王杯2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のエリザベス女王杯の着順は1着:アカイイト、2着:ステラリア、3着:クラヴェルとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年のエリザベス女王杯はアカイイトが大金星を挙げる

2021年11月14日(日) | 5回阪神4日 | 15:40 発走
第46回 エリザベス女王杯(GI)芝・右 2200m
Queen Elizabeth II Cup (G1)

スポンサーリンク

2021年・エリザベス女王杯の動画

関連記事
昨年のエリザベス女王杯はラッキーライラックが制していた。
エリザベス女王杯2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のエリザベス女王杯の着順は1着:ラッキーライラック、2着:サラキア、3着:ラヴズオンリーユーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年・エリザベス女王杯の結果

スポンサーリンク

1着:アカイイト
2着:ステラリア(2馬身)
3着:クラヴェル(クビ)
4着:ソフトフルート(クビ)
5着:イズジョーノキセキ(ハナ)
6着:レイパパレ
7着:アカイトリノムスメ
8着:デゼル
9着:ランブリングアレー
10着:ウインキートス
11着:テルツェット
12着:ムジカ
13着:コトブキテティス
14着:リュヌルージュ
15着:シャムロックヒル
16着:ウインマリリン
17着:ロザムール

勝ちタイム:2.12.1
優勝騎手:幸 英明
馬場:良

関連記事
G1・有馬記念をにぎわす馬は?
有馬記念は2021年12月26日に中山競馬場で行われる一年の締め括りの大一番。有馬記念は2021年で第66回を迎え、昨年はクロノジェネシスが制した。有馬記念の出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

エリザベス女王杯2021 アカイイト

1着 アカイイト(幸英明騎手)
「調教に乗せてもらったときに馬がムキになりやすかったので折り合いを気を付けて乗りました。ゲートをうまく出せなかったのですが、向こう正面ではイメージ通りの位置にいられました。最後は絶対に伸びてくれると信じていたので、早めに長い脚を使わせたかったです。直線では思ったよりも早く抜け出して一頭だけになったので、必死に追いました。必死すぎて着差もわからなかったです。今日GIを勝てたことで、この後も頑張ってくれると思うのでこれからが楽しみです」

2着 ステラリア(松山弘平騎手)
「スタートも良くてリズムよく脚をためられた。4コーナーで狭くなるところはあったけど、そこから伸び返してくれた。最後もいい脚で伸びてくれています」

3着 クラヴェル(横山典弘騎手)
「今までで最高の仕上がりだった。いい仕事ができたと思う。特殊な馬だけど、厩舎スタッフがよくつくってくれた」

4着 ソフトフルート(岩田望来騎手)
「ペースが速かったので雰囲気良く走れました。4コーナーからもスムーズでした。この馬の走りはできました。一回使った効果もあったと思います。また来年チャレンジできたら」

5着 イズジョーノキセキ(和田竜二騎手)
「ゲートを上手に出て理想的にポジションを取ることができた。ただ、4コーナーでごちゃついたときに踏み遅れた。距離は大丈夫で力のある馬。来年が楽しみ」

6着 レイパパレ(C.ルメール騎手)
「ずっと引っ掛かった。冷静に走ってくれなかった。早く動いたけど最後はストライドが止まってしまった。距離も長かったし、コントロールが難しかったね」

7着 アカイトリノムスメ(戸崎圭太騎手)
「結果的に前に行った馬にとって苦しい形になってしまいしたね。レイパパレをマークしてリズム良く走れていたが、道中のプレッシャーもきつかったんですかね。外から来られたときには反応できませんでした」

(国枝栄調教師)
「残念無念。馬ができすぎていたのかな。返し馬からちょっとね。展開も厳しかった。これから経験を積んでいけたらと思う」

8着 デゼル(武豊騎手)
「道中はいい感じで行けたけど、勝負どころでもたついてしまった。最後はジワジワ脚を使っているけどね」

9着 ランブリングアレー(吉田隼人騎手)
「狙たところでかからずスムーズに運べました。これならと思いましたが追って伸びなかったのは距離でしょうか」

10着 ウインキートス(丹内祐次騎手)
「直線で最後に伸びかけたけど、いつもの伸びがありませんでした」

11着 テルツェット(M.デムーロ騎手)
「いいところに行けて、距離ロスなく回ってくることができました。一瞬、伸びそうな感じはあったけど、最後の坂で苦しくなりました」

12着 ムジカ(秋山真一郎騎手)
「4コーナーでごちゃついたから。着順ほど差があるわけではない。もっとスムーズなら」

13着 コトブキテティス(柴田善臣騎手)
「ここまで頑張って、このメンバーと一緒に走ることができた。力不足は認めないと。状態は良くなっていた。これから一段階、二段階、良くなってくれると思う。一度、放牧に出してパワーアップしてほしい」

14着 リュヌルージュ(富田暁騎手)
「前走はうまく前に行けましたが、今回はG1ですから。スタートは良かったのですけど、外枠のぶん外を回りました。強いメンバーを相手によく頑張ってくれたと思います」

15着 シャムロックヒル(団野大成騎手)
「控える必要はないと思い、積極的な競馬をしました。スタートが一番良く、マイペースで運べていたけど、みんなついてきますから。頑張っていますが、まだ成長過程です。G1は相手も強かったです。自分の競馬をして収穫はありました」

16着 ウインマリリン(横山武史騎手)
「事前にコメントしていましたが、やっぱり状態が少し良くなかったです。きょう乗ったのはマリリンじゃなかったです。別の馬です。返し馬も、良く言えば落ち着いているのですが、元気がないというか。普段はかかるくらいの馬が、うるささがなかったです。きょうはマリリンじゃない。参考外です」

17着 ロザムール(池添謙一騎手)
「自分のスタイルで先行できませんでした。2頭で行く形になり、最後に苦しくなりました」

勝ち馬プロフィール

エリザベス女王杯2021 アカイイト

アカイイト(Akai Ito)牝4/青鹿毛 中竹 和也(栗東)
父:キズナ 母:ウアジェト 母父:シンボリクリスエス
馬名の由来:赤い糸。父名より連想

関連記事
アカイイトは府中牝馬ステークスで7着に敗れていた
府中牝馬ステークス2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の府中牝馬ステークスの着順は1着:シャドウディーヴァ、2着:アンドラステ、3着:マルターズディオサとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。