【クイーンエリザベスステークス2020】結果・動画/アデイブが優勝・ダノンプレミアムは3着

クイーンエリザベスステークス2020 アデイブ

クイーンエリザベスステークス2020の結果・動画です。オーストラリアで行われたクイーンエリザベスSの着順は1着:Addeybb(アデイブ)、2着:Verry Elleegant、3着:Danon Premium (ダノンプレミアム)となりました。レースの詳しい結果、動画をご覧ください。

2020年のクイーンエリザベスステークスはアデイブが優勝・日本から参戦したダノンプレミアムは3着

クイーンエリザベスステークス(Queen Elizabeth Stakes)
2020年4月11日、オーストラリア・ランドウィック競馬場
芝2000m、G1、12頭

スポンサーリンク

2020年・クイーンエリザベスステークスの動画

関連記事
昨年のクイーンエリザベスステークスはウィンクスが優勝していた。
オーストラリアで行われたクイーンエリザベスステークス2019の結果・動画です。クイーンエリザベスSの着順は1着:Winx(ウィンクス)、2着:Kluger(クルーガー)、3着:Hartnellとなりました。レースの詳しい結果、動画をご覧ください。

2020年・クイーンエリザベスステークスの結果

スポンサーリンク

1着:Addeybb・アデイブ
2着:Verry Elleegant(2-3/4馬身)
3着:Danon Premium・ダノンプレミアム(1/2馬身)
4着:Master Of Wine(1-1/2馬身)
5着:Te Akau Shark(アタマ)
6着:Melody Belle
7着:Happy Clapper
8着:Kolding
9着:Vow And Declare
10着:Imaging
11着:Kings Will Dream
12着:Gailo Chop
取消:Life Less Ordinary

勝ちタイム:2.06.92
勝利騎手:Tom Marquand
馬場:Soft

関連記事
昨年秋に行われたG1・コックスプレートは日本馬リスグラシューが優勝していた。
コックスプレート2019の結果・動画です。オーストラリアで行われたコックスプレートの着順は1着:Lys Gracieux(リスグラシュー)、2着:Castelvecchio、3着:Te Akau Sharkとなりました。レースの詳しい結果、動画をご覧ください。

レース後のコメント

3着 ダノンプレミアム(J.マクドナルド騎手)
「馬はリラックスしていて状態は非常に良かったです。ゲートをしっかり出て終始リズム良く走っていましたが、道中馬場を気にする場面がありました。直線を向いて手応えもありましたが、1ハロン位しか伸びませんでした。昨年、一昨年のこのレースの馬場状態であれば、結果は全然違っていたと思います。」

(猿橋照彦調教助手)
「日本で多少馬場が悪い状態でも結果を出してくれていたので、レース前は今日も対応してくれると考えていましたが、想像以上にタフな馬場が影響したのか走りづらそうな感じがしました。良い結果を出すつもりで挑戦させて頂き、日本からも多くの応援をいただいていたのに勝てなかったのは残念ですし、大変申し訳なく思っています。」

勝ち馬プロフィール

クイーンエリザベスステークス2020 アデイブ

勝ち馬:アデイブ(Addeybb)
父:Pivotal 母:Bush Cat 母父:Kingmambo