【マーチステークス2019】出走予定馬・予想オッズ/波乱の風が吹き荒れる

マーチステークス 2018 センチュリオン

マーチステークス2019の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2019年のマーチステークスの出走予定馬にはロンドンタウンやテーオーエナジーなどが名を連ねています。ハンデ戦らしく波乱決着が多いレース。今年も波乱の予感が。

波乱の風が吹き荒れる

2019年3月24日(日) | 3回中山2日 | 15:30 発走
第26回 マーチステークス(GIII)ダート・右 1800m
March Stakes (G3)

スポンサーリンク

2019年・マーチステークスの出走予定馬たち

コリアカップ 2018 ロンドンタウン

2019年のマーチステークスの出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは16頭となっています。
赤文字の馬・騎手は21日にJRAが発表した出走が確定した馬と騎手です。

出走予定馬
  • アスカノロマン(太宰啓介)
  • アルドーレ(古川吉洋)
  • エイシンセラード(津村明秀)
  • オルナ(未定)
  • グレンツェント(F.ミナリク)
  • クロスケ(三浦皇成)
  • コスモカナディアン(丹内祐次)
  • サトノティターン(石橋脩)
  • サンマルデューク(武士沢友治)
  • ジョーダンキング(蛯名正義)
  • ストライクイーグル(戸崎圭太)
  • センチュリオン(内田博幸)
  • タガノディグオ(未定)
  • テーオーエナジー(田辺裕信)
  • ハーベストムーン(三浦皇成)
  • ハイランドピーク(横山和生)
  • ヒラボクラターシュ(戸崎圭太)
  • ヒロブレイブ(未定)
  • マイネルオフィール(柴田大知)
  • リーゼントロック(松岡正海)
  • ローズプリンスダム(未定)
  • ロードゴラッソ(藤岡佑介)
  • ロンドンタウン(吉田隼人)
  • ワークアンドラブ(武藤雅)
関連記事
同週に行われる他の重賞もチェック!

高松宮記念2019の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2019年の高松宮記念の出走予定馬にはダノンスマッシュやモズスーパーフレアなどが名を連ねています。春のG1戦線の幕開けを告げる一戦で速さを見せつけるのは。
日経賞2019の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2019年の日経賞の出走予定馬にはエタリオウやメイショウテッコンなどが名を連ねています。1着馬に天皇賞春の優先出走権が贈られる重要なステップレース。独特なコースを攻略するのは。
毎日杯2019の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2019年の毎日杯の出走予定馬にはウーリリやランスオブプラーナなどが名を連ねています。数々の名馬がここをステップに羽ばたいていった登竜門といえるレース。今年もここから大舞台へ。

出走予定馬・ピックアップ

兵庫チャンピオンシップ 2018 テーオーエナジー

中山競馬場で行われるG3「マーチステークス」。
出走予定馬から注目したい馬をピックアップした。

ロンドンタウン(London Town)

ロンドンタウン・6歳牡馬
27戦8勝 [8-3-0-16]
父:カネヒキリ
母:フェアリーバニヤン
母父:Honour and Glory
馬名の由来:曲名
前走:コリアカップ・1着(1番人気)
(鞍上予定:吉田隼人)

久々に見たい日本での勝利「ロンドンタウン」

韓国で行われたコリアカップを連覇しているロンドンタウン。
後続に15馬身の差をつける圧勝で、日本馬の強さを見せつけてくれた。

そんなロンドンタウンも日本では2017年のエルムステークス以降勝利がない。
マーチステークスは3年連続の参戦で最高着順は2017年の4着。
ハンデ戦なだけに斤量を背負わされるだろうが、そこを克服し久々の勝利を。

ピックアップレース
韓国で行われたコリアカップ2018の結果・動画です。着順は1着:London Town(ロンドンタウン)、2着:Dolkong、3着:Clean Up Joyとなりました。レースの詳しい結果、動画をご覧ください。
テーオーエナジー(T O Energy)

テーオーエナジー・4歳牡馬
12戦5勝 [5-1-2-4]
父:カネヒキリ
母:シルキークラフト
母父:Crafty Prospector
馬名の由来:冠名+エネルギー、活力、力強さ
前走:佐賀記念・3着(1番人気)
(鞍上予定:田辺裕信)

この距離なら「テーオーエナジー」

連勝の勢いで挑んだ前走の佐賀記念では断然人気の支持を受けたものの、直線で早々に食らいつけなくなり3着。
2000mは少し長かったか。

今回は【4-1-1-0】と得意の1800m戦に戻る。
強豪ぞろいの4歳世代がここでも強さを見せるか。

ピックアップレース
佐賀記念2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の佐賀記念の着順は1着:ヒラボクラターシュ、2着:リーゼントロック、3着:テーオーエナジーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
ロードゴラッソ(Lord Golazo)

ロードゴラッソ・4歳牡馬
10戦4勝 [4-2-0-4]
父:ハーツクライ
母:サッカーマム
母父:Kingmambo
馬名の由来:冠名+素晴らしいゴール(西)
前走:伊丹ステークス・1着(4番人気)
(鞍上予定:藤岡佑介)

3連勝の勢いで重賞突破を「ロードゴラッソ」

芝ではなかなか500万下の壁を越えられずにいたが、ダート転向後成績が一変した。
中京で行われた3走前の500万下戦を3馬身差で快勝。
その後も1000万下、1600万下戦を連勝し、ダートでは無傷の3連勝を挙げている。

初の重賞戦となりメンバーが一気に強くなるが、馬名のように素晴らしいゴールを決めることができるか。

センチュリオン(Centurion)

センチュリオン・7歳牡馬
27戦8勝 [8-6-3-10]
父:キングカメハメハ
母:ハンドレッドスコア
母父:ホワイトマズル
馬名の由来:古代ローマ軍百人隊指揮官名より。母名より連想
前走:名古屋グランプリ・4着(4番人気)
(鞍上予定:内田博幸)

連覇を狙う古豪「センチュリオン」

昨年のマーチステークスは2番人気で優勝したセンチュリオン。
早めに先頭に立ち、後続を封じ込んで重賞初制覇を果たした。

昨年秋はG1でこそ通用しなかったものの、白山大賞典2着などG2・G3では上位争いを演じることが出来ている。
休み明けでどのような状態でレースに挑めるか。

ピックアップレース
マーチステークス 2018の動画・結果です。マーチステークスの結果は1着:センチュリオン、2着:クインズサターン、3着:ロワジャルダン。「センチュリオン」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

他にもマーチステークスには佐賀記念で2着に入ったリーゼントロックや条件戦連勝中のジョーダンキング、復活を目指す古豪アスカノロマンなども出走を予定しています。

マーチステークスは2019年3月24日(日)の15時30分発走予定です。

マーチステークス2019の予想オッズ

スポンサーリンク

予想オッズ

2019年・マーチステークスの予想オッズはこのように予想しています。
中山ダート1800m戦で2戦2勝のテーオーエナジーが1番人気に支持されると予想します。
上位4頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. テーオーエナジー(2.5)
  2. ハイランドピーク(4.5)
  3. ヒラボクラターシュ(5.5)
  4. センチュリオン(7.5)
  5. サトノティターン(14.0)
  6. ロードゴラッソ(16.0)
  7. グレンツェント(18.0)
  8. ジョーダンキング(22.0)
  9. ロンドンタウン(25.0)
  10. コスモカナディアン(33.0)
  11. アルドーレ(45.0)
  12. エイシンセラード(☆)
  13. リーゼントロック(☆)
  14. ローズプリンスダム(☆)
  15. クロスケ(☆)
  16. タガノディグオ(☆)
  17. アスカノロマン(☆)
  18. ハーベストムーン(☆)
  19. マイネルオフィール(☆)
  20. ヒロブレイブ(☆)
  21. ストライクイーグル(☆)
  22. オルナ(☆)
  23. サンマルデューク(☆)
  24. ワークアンドラブ(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

マーチステークス2019の日程・賞金

インカンテーション

マーチステークス

日程・発走予定時刻
2019年3月24日(日)15時30分発走予定

場所・距離
中山競馬場・ダート・1800m


G3

1着賞金
3,600万円

プレイバック

マーチステークス 2018 センチュリオン

2018年3月25日(日)マーチステークス(GIII)

1着:センチュリオン
2着:クインズサターン(ハナ)
3着:ロワジャルダン(3/4馬身)
4着:アルタイル(アタマ)
5着:コスモカナディアン(3/4馬身)

勝ちタイム:1.52.1
優勝騎手:幸 英明
馬場:良

マーチステークス
マーチステークス 2018の動画・結果です。マーチステークスの結果は1着:センチュリオン、2着:クインズサターン、3着:ロワジャルダン。「センチュリオン」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。
レース後のコメント
1着 センチュリオン(幸英明騎手)
「初騎乗でしたが、とても乗りやすかったです。ゲートもスッと出て、良いポジションを取れたし、追ってからもしっかりしていました。言うことないです。力をつけている途中だと思うので、これからどんどん強くなると思います」