【京都牝馬ステークス2020】結果・動画/サウンドキアラが得意の京都で重賞連勝

京都牝馬ステークス2020 サウンドキアラ

京都牝馬ステークス2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の京都牝馬ステークスの着順は1着:サウンドキアラ、2着:プールヴィル、3着:メイショウグロッケとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年の京都牝馬ステークスはサウンドキアラが得意の京都で重賞連勝

2020年2月22日(土) | 2回京都7日 | 15:35 発走
第55回 京都牝馬ステークス(GIII)芝・右 1400m
Kyoto Himba Stakes (G3)

スポンサーリンク

2020年・京都牝馬ステークスの動画

関連記事

昨年の京都牝馬ステークスはデアレガーロが制していた。

京都牝馬ステークス2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の京都牝馬ステークスの着順は1着:デアレガーロ、2着:リナーテ、3着:アマルフィコーストとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年・京都牝馬ステークスの結果

1着:サウンドキアラ
2着:プールヴィル(1-1/4馬身)
3着:メイショウグロッケ(1-1/4馬身)
4着:アマルフィコースト(ハナ)
5着:ビーチサンバ(1-1/4馬身)
6着:ディメンシオン
7着:シゲルピンクダイヤ
8着:リバティハイツ
9着:プリディカメント
10着:ディアンドル
11着:メイショウショウブ
12着:リナーテ
13着:ドナウデルタ
14着:メイショウケイメイ
15着:ノーワン
16着:モアナ
17着:アルーシャ

勝ちタイム:1.23.2
優勝騎手:松山 弘平
馬場:重

関連記事
G1・ヴィクトリアマイルをにぎわす馬は?
ヴィクトリアマイルは2020年5月17日に東京競馬場で行われる春のマイル女王を決める一戦。ヴィクトリアマイルは2020年で第15回を迎え、昨年はノームコアが制した。出走予定馬・賞金・日程・昨年の結果などをチェックしてみよう。

レース後のコメント

1着 サウンドキアラ(松山弘平騎手)
「重馬場もこなせると思っていたので、気にしていませんでした。京都も最終週なので外も伸びると思っていました。京都では相性はいいですが、馬も成長していると感じます。重賞を連勝して、今日も強い勝ち方。今後が楽しみです。(明日はG1に騎乗し)明日もいい結果を出せるように頑張ります」

(安達昭夫調教師)
「騎手がうまく乗ってくれました。重馬場も苦にしないからね。ヴィクトリアマイルが目標に一度放牧に出して、直行するか、1回使うか、馬の状態を見て考えます。今なら他の競馬場でも走ってほしい」

2着 プールヴィル(岩田康誠騎手)
「抜け出したと思ったんですが…。この馬場もこなして、いい競馬をしてくれましたが、悔しいです」

3着 メイショウグロッケ(大野拓弥騎手)
「距離短縮でしたが、リズム良く走れました。今日の馬場も苦にせず頑張ってくれました」

4着 アマルフィコースト(幸英明騎手)
「勝ち馬に先に行かれてすぐには反応できませんでしたが、その後もう一度伸びてくれました。馬場をこなしてくれましたし、馬の状態もよかったです」

5着 ビーチサンバ(福永祐一騎手)
「ゲートの駐立はおとなしかったけど、うまく出られなかった。腹をくくって乗り、最後は脚を使ってくれたんですが…」

6着 ディメンシオン(松田大作騎手)
「勝ち馬を見ながらいいポジションで運べましたし、よく頑張ってくれたと思います」

7着 シゲルピンクダイヤ(和田竜二騎手)
「ゲートは出た。ただ、内にもたれて、うまくさばけなかった。最後は来ているけど。馬場が悪いぶんもあった」

9着 プリディカメント(川島信二騎手)
「みんな外に出すことを意識していたので、自分も同じように進めました。最後はいい脚を使ってくれているんですが、馬場の影響もあったんでしょうか。良馬場ならもっと切れると思います」

10着 ディアンドル(藤岡佑介騎手)
「ハミを取れるポジションで、と思っていました。じりじり伸びていますし、ラストまでやめずに走れたのは収穫。次につながる内容でした」

11着 メイショウショウブ(四位洋文騎手)
「スタートが良かったので、ある程度行って、マイペースで。競られている感じはあったけど、力むでもなく、リラックスして走れていた。直線を向いて伸びかけてオッと思ったけど、のまれました。残念でした」

12着 リナーテ(武豊騎手)
「ポジションを取って行きましたが、最後は止まってしまいました」

13着 ドナウデルタ(北村友一騎手)
「スタートを伸び上がるように出てしまいました。一歩目で位置取りが悪くなって、リズムをつくることができませんでした」

14着 メイショウケイメイ(酒井学騎手)
「調教に乗って、無理せず自分のペースでじわっと乗った方がいいと思ったので、(南井)先生ともそんな作戦を練りました。馬場も気にせず、直線に向く時にはオッと思いました。ラストまで気持ちを切らさず走ってくれたし、きっかけひとつで走ってくる馬ですよ」

15着 ノーワン(坂井瑠星騎手)
「返し馬からのめっていて、レースでも馬場を気にしていました」

16着 モアナ(A.シュタルケ騎手)
「手応えが良く、いい競馬ができると思ったけど、直線に入ってからはやめるような感じになった」

17着 アルーシャ(C.ルメール騎手)
「スタートから動かなかった。3、4コーナーで自信が戻ってきた感じがあったけど、直線で反応できなかった。馬場のせいだと思う」

勝ち馬プロフィール

京都牝馬ステークス2020 サウンドキアラ

サウンドキアラ(Sound Chiara)牝5/鹿毛 安達 昭夫(栗東)
父:ディープインパクト 母:サウンドバリアー 母父:アグネスデジタル
馬名の由来:冠名+「輝く」の意味を持つ人名より

関連記事
サウンドキアラは前走・京都金杯で重賞初勝利を収めていた。
京都金杯2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の京都金杯の着順は1着:サウンドキアラ、2着:ダイアトニック、3着:ボンセルヴィーソとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。