【きさらぎ賞2020】追い切り/抜群の動きを見せたのは

きさらぎ賞2020 追い切り

きさらぎ賞2020の追い切り・コメントの記事です。きさらぎ賞の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

抜群の動きを見せたのは

2020年2月9日(日) | 2回京都4日 | 15:35 発走
第60回 きさらぎ賞(GIII)芝・右 1800m
Kisaragi Sho (G3)

出走予定馬・予想オッズ

2020年・きさらぎ賞の出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。

きさらぎ賞2020の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2020年のきさらぎ賞の出走予定馬にはアルジャンナやグランレイなどが名を連ねています。小頭数になることが多い重賞ながら毎年クラシックを見据えた素質馬が集う。先を見据えた競馬を。
関連記事

今週は他にも東京新聞杯が開催される。

東京新聞杯2020の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2020年の東京新聞杯の出走予定馬にはレイエンダやレッドヴェイロンなどが名を連ねています。今年のマイル界をにぎわしそうな馬たちが集結。賞金を加算し、いざG1の舞台へ。
スポンサーリンク

きさらぎ賞2020の追い切りをチェック!

きさらぎ賞2020 追い切り

きさらぎ賞に出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り

今週行われる他のレースの追い切り記事です。

東京新聞杯2020の追い切り・コメントの記事です。東京新聞杯の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
アルジャンナ

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 53.9-39.2-25.3-12.4(仕掛)
外・ウォルフライエ(一杯)と併せで0秒1先着

池江調教師
「動きは良かった。十分に仕上がっている。今の京都の馬場が合わないかもしれないが、なんとか勝ちたい」

兼武助手
「先週しっかり動いたし調整程度で十分。状態は良く、体も少し増えた感じだ。前走はこの馬自身もレコードで走っている。きっちり結果を残したい」

岩崎助手
「いつも通り折り合い重視でしたが、しまいの反応も良く、状態の良さを感じましたね。行きたがる面も解消されてきたし、道中リラックスして運べれば、しまいは脚を使える馬。仕上がり上々なので楽しみです」

ギベルティ

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 54.7-39.8-25.8-12.5(馬也)
外・アウトライアーズ(馬也)と併せで0秒6先着

武豊騎手
「息を整える程度だったが、いい動きで息遣いも良かった。センスがあってスタミナもある。今の馬場も合う」
クリノプレミアム

最終追い切り
美浦・南W・良
5F 71.3-56.4-42.4-13.6(馬也)
外・クリノクーニング(馬也)を5Fで0秒4追走・1F併せで0秒4先着

グランレイ

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 52.5-38.0-24.5-12.1(G強)

池添学調教師
「中間はテンションを上げすぎないように調整。実戦でもう少し首を使えるようになればいいね。素質と能力は高い」
「もともと仕上げには手間取らないタイプ。課題を残す中でも、これだけ走ってくれていますし、千八の距離にうまく対応してくれれば」
コルテジア

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 83.7-67.7-52.5-38.5-12.3(仕掛)
外・ラーラクロリ(仕掛)と6F併せで0秒2先着

鈴木孝調教師
「ここに照準を合わせ順調に乗り込めた。ハナに行くかどうかは(松山)ジョッキーに任せるが、9Fに延びればポジションは取れそうだ」
サイモンルモンド

最終追い切り
栗東・ポリ・良
6F 82.0-67.0-51.9-38.2-12.2(強め)
内・ラレーヌデュバル(一杯)に6Fで1秒1先行・4F併せで0秒2先着

松田調教師
「相手も動く馬だけど、最後までしっかり伸びていたね。以前は腹回りがさみしかったけど、馬体にボリュームが出ました」
サトノゴールド

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 83.6-66.3-51.3-37.4-12.0(一杯)
外・スワーヴアラミス(一杯)と6F併せで併入

須貝調教師
「前走時と体重は同じくらいだけど、稽古の反応が良くなってきたね」
ストーンリッジ

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 54.2-38.5-24.2-12.0(一杯)
外・エポカドーロ(一杯)と併せで0秒5先着

藤原英調教師
「これからの馬でまだ子供っぽいけど、乗りやすいしセンスがある。2戦目というキャリアの浅さがどう出るかだが、現状の力でどこまでやれるか」
デアリングタクト

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 53.9-39.3-25.5-12.5(強め)

トゥルーヴィル

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 82.7-67.2-52.6-38.4-12.0(一杯)
外・ラズルダズル(一杯)を6Fで0秒6追走・1F併せで0秒3先着

北村友騎手
「チップが荒れていて走りづらそうだったけど、アクションに反応しようとする気持ちが出ていました。道中はリラックスして走れていました」

斉藤崇調教師
「攻めの動きは良く、力強くなっている。まだ成長途上の段階で相手も強くなるが、この重賞でどれだけやれるか楽しみもある」

関連記事
武豊騎手はギベルティに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(2/28・2/29)の想定・騎乗予定など、すべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
京都記念は2020年2月16日に京都競馬場で行われる強豪が多く集う注目のG2戦。京都記念は2020年で第113回を迎え、昨年はダンビュライトが制した。京都記念の出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。
フェブラリーステークスは2020年2月23日に東京競馬場で行われるダートマイルG1。フェブラリーステークスは2020年で第37回を迎え、昨年はインティが制した。フェブラリーステークスの出走予定馬・予想オッズ・賞金・日程などをチェックしてみよう。